fbpx
アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

アンディ・ウォーホル

アンディ・ウォーホル(ANDY WARHOL) 絵画販売

マリリンモンローやキャンベルスープなど、人気のシルクスクリーン版画を販売しております。

販売サイト掲載の作品は画廊でご覧いただけます。価格はお問い合わせください。

ご購入には、額装費・送料無料、30日以内の返品保証、10回分割手数料無料など販売特典をご用意しております。

アンディ・ウォーホルの作品一覧

アンディ・ウォーホル

Flash-November 2…

シルクスクリーン

53.3X53.5cm

アンディ・ウォーホル

電気椅子(ピンク、シルバー)

シルクスクリーン

90.2X121.9cm

アンディ・ウォーホル

神話:スター

シルクスクリーン

96.5x96.5cm

アンディ・ウォーホル

キャンベル・スープ ペッパーポッ…

シルクスクリーン

89x58.5cm

アンディ・ウォーホル

キャンベル・スープ グリーンピー…

シルクスクリーン

89x58.5cm

アンディ・ウォーホル

キャンベル・スープ ブラックビー…

シルクスクリーン

89x58.5cm

アンディ・ウォーホル

キャンベル・スープ オニオン(サ…

シルクスクリーン

89x58.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 29(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 28(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 27(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

電気椅子(オレンジ、シルバー)

シルクスクリーン

90.2X121.9cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 25(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 24(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

Flash-November 2…

シルクスクリーン

53.3X53.5cm

アンディ・ウォーホル

キク

シルクスクリーン

50x66cm

アンディ・ウォーホル

The New Spirit(D…

シルクスクリーン

96.5x96.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン(アナウンスメント)

オフセットリトグラフ

30.2x30.2cm

アンディ・ウォーホル

キャンベル・スープ コンソメ(サ…

シルクスクリーン

89x58.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 26(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

アンディ・ウォーホル

マリリン・モンロー 23(サンデ…

シルクスクリーン

91.5x91.5cm

27件中

1-20件

アンディ・ウォーホルの魅力

POPアートの王様

アンディ・ウォーホル

ANDY WARHOL

年〜

今、世界が注目するアンディ・ウォーホルのシルクスクリーン、リトグラフのオリジナル作品を販売しております。

シルクスクリーン作品《ショット・セージブルー・マリリン》が253億円で落札されるなど、今後の相場動向にも目が離せません


アメリカの現代アートを代表するアンディ・ウォーホル。
ポップアートの旗手としてピカソやデュシャンなどと同様、美術の定義そのものを変えたアーティストの1人です。
「ウォーホルを知らなくても作品は見たことがある」という方も多いのではないでしょうか?

世界のアートのトレンドが現代美術へと移行する中で、2022年5月9日、クリスティーズのオークションで、アンディ・ウォーホルによるシルクスクリーン作品《ショット・セージブルー・マリリン》が、手数料込み1億9500万ドル(約253億円)で落札されました。
絵画オークションの落札価格としてはダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》に次ぐ歴代2位で、18世紀以降のアート作品ではピカソを抜いて過去最高額になりました。

オークションのたびに価格が右肩上がりで更新されていくアンディ・ウォーホルの作品相場ですが、これからも堅調に推移していくことが期待できます。

アンディ・ウォーホル作品販売サイトでは、オリジナル版画を中心に幅広く作品を取り揃え販売しております。
絵画販売サイトに掲載している絵画は、販売店舗へご来廊いただければ現品をご覧いただけます。

アンディ・ウォーホルが誕生するまで

小学3年生にして精神疾患を煩い、家から出ることができなくなったウォーホル。家の中では、ラジオや好きな映画スターの写真を集めたり、絵を書いたりし過ごしていました。この時期が、ウォーホルのアイデンティティの基盤になったとされています。
1945年にはカーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)へ入学し、商業美術」の魅せられたウォーホル。大学卒業後はニューヨークへ移り『ヴォーグ』や『ハーパース・バザー』など雑誌の広告やイラストを手がけます。その間、独自の滲みを生かした「ブロッテド・ライン・スタイル」という技法を発明し、自動車、靴といった商業的な対象物を大量印刷に向いたこの手法で制作しました。1952年には新聞広告美術の部門で「アート・ディレクターズ・クラブ賞」を受賞し、商業デザイナー・イラストレーターとして成功を収めました。
トルーマン・カポーティーの小説を題材としたドローイング15点を出品した時、初めてアンディ・ウォーホルと名乗り、美術家「アンディ・ウォーホル」が誕生しました。

ポップアートの開花

キャンベル・スープ ペッパーポット(サンデー・B・モーニング版)
1962年、アンディウォーホルは32点のキャンベルスープ缶描いたキャンバスを一堂に反復して展示した初の個展を開催し、ポップ・アーティストとしてのデビューを果たします。
誰にとっても身近な存在であったキャンベル・スープ・カンパニーが販売していた32種類のスープ缶が被写体となり、展示されたこの空間は、機械的で商業的なイメージを醸し出しており、大きな反響を呼びました。
翌年からはシルクスクリーン技法を用い、より作品を量産するようになります。大衆的で、話題に富んだモチーフを選ぶようになり、ニューヨークで初の個展では「狙撃されたマリリン」「100個のスープ缶」「100本のコーラ・ボトル」「100ドル紙幣」などが展示されました。
この時製作された代表作「狙撃されたマリリン」をはじめ、「死と惨禍」シリーズなど、災害や惨事をテーマにした作品。これは、肥大化したイメージが大衆の中で一人歩きすることを作品の中で表現していました。記号化されていく様を象徴したウォーホルの作品は、「ポップ・アートの旗手」として、時代を牽引することとなりました。

『ファクトリー』での制作活動


1964年、ウォーホル36歳の時より、ニューヨークに「ファクトリー」と呼ばれるスタジオを構えます。ファクトリーは、内装全体アルミホイルと銀色の絵の具で埋め尽くされ、工場で大量生産することを連想させるような空間をイメージして造られたため、「ザ・シルバーファクトリー」とも呼ばれました。
”アートワーカー”と呼ばれる芸術労働者を雇い、シルクスクリーンプリント、靴、映画などの作品を次々と制作していったウォーホル。
ファクトリーにて制作されたシルクスクリーン作品は、その名の通り一見すると工場にて機械でつくられたように見え、当時の大量消費社会を反映していました。
また、ファクトリーは作品を制作するだけでなく、人気のハリウッドスターやミュージシャン、作家といったアーティストをはじめ、放浪者までもの幅広い層の人々を招き入れ、交流の場としても話題の場所となりました。ウォーホルはそんな自身を取り巻く独創的な人々を、自らの作品に落とし込んでいきました。

15分で誰でも有名人になれるだろう (In 15 minutes everybody will be famous)

(ファーストアルバムのジャケット)
1965年(37歳)には、まだ駆け出しのロックバンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」に魅せられ、彼らのデビューアルバムのプロデュースを行います。彼らのデビュー作『The Velvet Underground & Nico』でウォーホルが手がけた「バナナ」のジャケットデザインは、いまではあまりにも有名なウォーホルの作品の一つとなっています。
このジャケットのバナナの絵には、「Peel Slowly and See(ゆっくりはがして、見ろ)」と添えられており、バナナのステッカーを剥がすと果肉が現れる仕組みをつけるなど、大量消費を描く中にも、遊び心を忘れないアーティストとしての姿勢がありました。
この頃より、アートの世界だけでなく、一般的なメディアがウォーホルに注目しており、著名人や、名声などに対するインタビューでは、度々「15分で誰でも有名人になれるだろう (In 15 minutes everybody will be famous.)」と話し、ウォーホルを象徴する言葉として構成にも語り継がれています。自身の作品について聞かれたときも、「すべてを知りたければ表面だけを見ればいい。」と語り、見るものがすべてだと自己をプロデュースすることも徹底していました。

ポップアートの終焉

1970年代、全米を震撼させたウォーホル狙撃事件などがあり、ファクトリーの閉鎖を余儀なくされたウォーホルは、商業的な大量生産を主題にした作品から、富裕層のパトロン向けの作品制作に時間を費やすようになります。
イラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーや、イギリスのロックバンド「ローリング・ストーンズ」メンバーであるミック・ジャガーなど、多様な世界での依頼が殺到します。
中でも、最高傑作として名高いのは、1972年のニクソンの訪中にあわせ、制作した毛沢東のポートレイトです。壁にかかっていた本作をみたデニス・ホッパーが銃弾を2発を撃ち込んで穴を開け、それを見たウォーホルも面白がり二人の共同制作として知られました。
本作は2011年にクリスティーズで競売にかけられ30万2500ドルで落札された後、2017年には中国の香港でオークションにて、1270万ドルで落札されました。これは日本円では約14億1000万円にあたり、ウォーホルの死後も高く評価され続けていることが伺えます。

高まる評価

死後も極めて高い評価をされ続けているアンディ・ウォーホルの作品は、死オークションなどでは1億ドル以上の高値で取引をされていることをご存知ですか?
世界のアートのトレンドが現代美術へと移行する中で、2022年5月9日、クリスティーズのオークションで、アンディ・ウォーホルのシルクスクリーン作品《ショット・セージブルー・マリリン》が、手数料込み1億9500万ドル(約253億円)で落札され、一大ニュースとなりました。
これ以前にも、2013年にはシルクスクリーン作品である「銀色の車の事故(二重の災禍)」がサザビーズでのオークションにて1億544万ドルで落札され、当時のウォーホル作品野では落札最高値となりました。オークションのたびに価格が更新されていくアンディ・ウォーホルの作品相場。これからも堅調に推移していくことが期待できます。

ウォーホル作品一覧はこちら>>

ウォーホルのご購入をご検討の方
~私たちにできること ~


1. 絵画購入のご相談


絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。手頃な有名画家の版画から歴史に名を残す有名な巨匠の高額絵画まで、絵画の専門店として、常時1000点の作品を取り揃えております。
お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

2. お部屋に合わせた絵画のご提案


「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

3. 絵画を使った節税対策


2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)
メール:info@suiha.co.jp


翠波画廊では、アンディ・ウォーホル作品の買取も行っております。アンディ・ウォーホル作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画査定・買取

3つの約束

約束
1

経験豊富な
絵画コンシェルジュが
満足の対応

ご購入にあたってのご要望や、ご不安なことも
絵画コンシェルジュにお任せ下さい。

約束
2

真贋に細心の注意をはらい、
本物だけをお届け

海外の画家や鑑定家とも直接連絡が取れる
体制を整え、真贋のはっきりしたものだけを
扱っております。

約束
3

購入後も安心の
アフターケアサービス

ご購入後の作品や額のトラブル、下取りなども
お気軽にご相談ください。

アンディ・ウォーホル略歴

ANDY WARHOL

 

1928年 アメリカ・ペンシルヴァニア州ピッツバーグ市に8月6日生まれる。
1945年 ピッツバーグのカーネギー工科大学に入学。絵画・デザイン科で実技・美術史・芸術・社会学・写真心理学を学ぶ。
1949年 カーネギー工科大学の美術部門の学士号をとり、卒業する。
1952年 ヒューゴ画廊(NY)で最初の個展。
1953年 ロアー・イーストサイドのオフ・ブロードウェイスタイルの劇団に参加。2年間活動する。
1962年  「ファクトリー」を友人のグループと設立する。
この頃からアンディー・ウォーホルはデザインやコマーシャルの世界から美術・映画の世界にのりだす。
マリリン・モンローの死に出会い、「マリリン」を制作。
1963年 映画の制作を始める。グッゲンハイム美術館(NY)での「Six painter and the object」展に出品。
1966年 映画「チェルシー・ガールズ」制作。
1967年 カンヌ映画祭にアンダーグラウンド映画として、初めて出品する。ホイットニー美術館での、
「シックスティーズ」に出品。 Expo’67合衆国館「アメリカ現代美術展」に出品。
1970年 「ライフ」誌が、’60年代にもっとも影響力のあった人物としてビートルズとアンディー・ウォーホルをあげる。
1971年 ローリングストーンズのアルバム「スティッキー・フィンガーズ」のジャケットを制作。
1975年 エリザベス・テイラー主催「ドライバーズ・シート」に出演する。
1979年 「アンディー・ウォーホル・エクスポージャー」刊行。ダリ、キッシンジャー、ジャック・ニコルソン、ダスティン・ホフマン、ジョン・レノン、モハメド・アリ、エリザベス・テイラーなどの有名人が“露出(エクスポージャー)”される。
1980年 マンハッタン・ケーブルTVで・ウォーホルをホストにしたバラエティーショー放映。
1983年 日本での展覧会のために「KIKU」シリーズ、「LOVE」シリーズを制作。
6月、渋谷パルコにて個展。「アンディー・ウォーホル・センセーション’83」
1987年 心臓発作のため急逝。享年58歳

3つの購入特典

特典1

作品はすべて額装でお届け

特典2

配送時の保険・送料は
当画廊が負担

特典3

30日以内の返品受付、返品保証
※一部グッズについては対象外となります