fbpx
アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

ウォーホルの残したジャケットアート

アルバムジャケットを最も多くデザインした有名画家といえば、アンディ・ウォーホルの右に出るものはいないでしょう。
なぜなら、もともとウォーホルは商業デザイナーとして生計を立てていたからです。
ウォーホルのもとには、レコードジャケットをデザインしてほしいという仕事の依頼が数多くありました。 現代アートの画家となった後も、音楽の好きなウォーホルは、アート作品としてジャケットのデザインを続けました。
ウォーホルのデザインしたアルバムジャケットはどんなものだったでしょうか?

 

 

ジャズはおしゃれなイメージで

ポップアーティストとして成功する前に、ウォーホルは仕事でジャズのアルバムジャケットを多くデザインしていました。
その出来栄えをひとことで言えば「おしゃれ」です。
イラストも自分で描いたので、ものによっては「Andy Warhol」のサインが入っています。
奇をてらわずともウォーホルが凄腕のイラストレイターであったことを、当時のジャケットデザインから知ることができます。


 

Various Artists『Progressive Piano』1955年

 

KENNY BURRELL『BLUE LIGHTS』1958年

 

 

ポップアートはギミック重視で

60年代に現代アーティストになってからも、ウォーホルはアート作品としてアルバムジャケットを手がけました。
とはいえ、商業デザイナーだった時代と比べて違いが必要ですから、ジャズではなくポップミュージックの作品が多くなりました。
現代アートは新しさが大事なので、ギミック(仕掛け)にも凝りました。
たとえば、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバムジャケットはバナナの絵ですが、このバナナは剥がせるシールになっていて「Peel Slowly and See(ゆっくりめくって見て)」の指示に従って黄色いバナナの皮シールを剥くと、その下にあるピンク色の身が見えるようになっていました。
このバナナは男性器のメタファーだと言われています。


 

The Velvet Underground & Nico『The Velvet Underground & Nico』1967年

 

Peel Slowly and Seeに従ってバナナのシールを剥がした状態

 

 

また、ローリング・ストーンズの『スティッキー・フィンガーズ』のアルバムジャケットは、ジーンズのジッパー部分が本物の開閉可能なジッパーになっていて、開いて中を覗くと、内側に印刷された白いブリーフが見られるようになっていました。
バナナにしてもブリーフにしても、ゲイだったアンディ・ウォーホルの男性器に対するセクシャルなこだわりがあるようで面白いです。
また、女性の下着姿は商業デザインとしてありふれていますが、あえて男性の下着姿を選択したことに、現代アーティストとしてのウォーホルの冴えが見られます。

 

The Rolling Stones『Sticky Fingers』1971年

 

内側には下着姿の男性の股間がプリントされている

 

 

アート作品としてのレコードジャケット

シールやジッパーなどのギミックはお金がかかるので、いつも使えたわけではありません。
他の低予算のアルバムジャケットでは、ウォーホルは二次元のアート作品として工夫を凝らしました。
たとえば、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退したジョン・ケイルのソロアルバムでは「反復」というウォーホル作品の特徴が見られます。
草間彌生によれば、ウォーホルはこの手法を60年代にアメリカで活動していた草間から学んだそうです。当時の二人はニューヨークの前衛アートの仲間でした。


 

John Cale『The Academy in Peril』1972年

 

John Wallowitch『This Is John Wallowitch』1964年

 

 

また、70年代の後半になると、マリリン・モンローの有名なポートレイトのような鮮やかな色使いの人物画を見せるようになります。
線の使い方の流暢さに、商業イラストレイターだった頃の名残りを見ることができます。


 

Paul Anka『The Painter』1976年

 

The Rolling Stones『Love You Live』1977年

 

 

セレブの肖像画を量産した晩年

80年代になると、ウォーホルは自分の作品を大量制作して商業的に販売するようになりました。
有名人の肖像画も、写真を利用してのシルクスクリーンではありますが、定価で依頼を受けるようになります。
ビジネスとしてアートを制作するようになったことで、ウォーホルの作品は一般的に馴染みの深いものになっていきます。
そうして、日本のレコード会社がウォーホルに依頼したのが、日本のバンド、ラッツ&スターのアルバムジャケットです。元はシャネルズとして活動していたこのグループは、鈴木雅之や田代まさしがメンバーだったことで有名です。
その後の、1986年のジョン・レノンのアルバムジャケットも、同じようなフォーマットで制作されています。 新しさに挑戦し続けたウォーホルも年を取ったのでしょうか。それとも、芸術は複製できるというウォーホル一流の諧謔を体現してみせたのでしょうか。
ウォーホルが亡くなったのは、ジョン・レノンのアルバムジャケット制作の翌年です。心臓発作による58歳での急死でした。
本来であれば今頃は日本で大回顧展「アンディ・ウォーホル・キョウト」が開催されていたはずですが、新型コロナ対策のため延期調整中となっています。皮肉屋のウォーホルはあの世で笑っているかもしれません。

 

Rats & Star『Soul Vacation』1983年

 

John Lennon『Menlove Ave』1986年

 

 

アンディ・ウォーホルお勧め作品

お問い合わせ >>

アンディ・ウォーホル作品一覧はこちら >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?