アートコラム

バンクシーが描いたモネの睡蓮

2020/10/22

2020年10月21日、ロンドンのサザビーズにバンクシーの油彩作品が出品され、競売にかけられました。
そのモチーフはなんと、印象派の巨匠モネの≪睡蓮の池≫。
2005年に発表されたもので、作品タイトルは≪モネを見せてくれ≫(Show me the Monet)。ギャング映画で違法物の取引時に使われる台詞「カネを見せてくれ」(Show me the Money)とかけています。
オークション会社による落札予想価格は300万~500万ポンド(約4億~6億7000万円)でしたが、はたしていくらで落札されたのでしょうか?

バンクシー≪モネを見せてくれ≫2005

 

値上がりを続けるバンクシー作品

バンクシー≪モネを見せてくれ≫の落札価格は、手数料込みで755万ポンド(約10億円)でした。
バンクシー作品の落札額としては史上2位の記録です。
出品者は2年前にこの作品を購入したそうですが、そのときの価格は1万5000ポンド(250万円)でした。
たったの2年間で、金額が500倍になったのです。

 

バンクシー≪退化した議会≫2009

過去のバンクシーの最高価格は、1年前の2019年10月3日に、やはりロンドンのサザビーズで落札された油絵≪退化した議会≫(Devolved Parliament)でした。
2009年に発表された、横4メートル、縦2.5メートルのこの巨大なバンクシーの絵画の落札価格は、なんと990万ポンド(約13億円)でした。
事前予想価格は150~200万ポンド(約2億~2億7000万円)でしたが、予想の6倍にまで値上がりしたのです。

 

≪退化した議会≫が、それまでのバンクシー作品の落札記録を大幅に更新してから後、ここ1年のバンクシー作品の価格の高騰は異常なほどで、毎回のように予想価格の倍になりますし、バンクシー作品の落札記録の2位が次々と更新されています。

 

バンクシー≪不法侵入をお許しください≫2011

たとえば2020年7月28日のロンドンのサザビーズでは、海を越えてヨーロッパに来る難民をモチーフにした3枚組の油絵≪2017年の地中海の景色≫(Mediterranean Sea View 2017)が約3億円で落札され、≪退化した議会≫に次ぐ2位の記録となりました。
ちなみに、この作品の出品者はバンクシー本人なので、手数料を除いた残額はバンクシーの収入になります。

 

その後、2020年10月6日に香港のサザビーズ≪不法侵入をお許しください≫(Forgive Us Our Trespassing)が640万ポンド(約9億円)で落札され、2位の記録を更新しました。
これは、子供にアートに親しんでもらうプロジェクトで、100名の小学生とともに作ったもので、縦6.55メートル、横4.21メートルと、バンクシー作品の中では最大級です。

 

ところが2週間後の10月21日には、今回の≪モネを見せてくれ≫(Show me the Monet)が、またまた落札記録の2位を更新しました。
今のバンクシーは、まさに「カネを見せてくれ」(Show me the Money)状態です。

 

2019年10月にバンクシー本人が期間限定でオープンした公式オンラインショップにて500ポンド(約7万円)で販売されたシルクスクリーン版画≪バンクスキア≫(Banksquiat)が、2020年8月のオークションでは11万8750ポンド(約1662万円)で落札されたという情報もあります。こちらは1年も経たないうちに価格が約240倍になるという異常さです。
バンクシー≪バンクスキア≫は、モネではなくバスキアのパロディです。7万円の版画なら買っておけば良かったと思った方も多いでしょう。
バンクシー作品の価格高騰はいつまで続くのでしょうか?

 

バンクシーだけじゃなく、モネも値上がり?

モネ≪積みわら≫ 1890

今回、落札されたバンクシー≪モネを見せてくれ≫は、モネの≪睡蓮の池≫の絵を模写したものに、不法投棄されたと思われるショッピングカートと三角コーンを描き加えて、環境破壊への警鐘を鳴らすものでした。
紛争の続くイスラエルとパレスチナとの間の分離壁に描かれた、風船につかまって壁を乗り越えていく少女など、バンクシーは政治的な風刺画を数多くものしています。
先日は地中海の難民救助船に出資して、その船体に救命胴衣を身に付けて浮き輪に手を伸ばす少女を描くなど、バンクシーは人権活動家としても有名になりつつあります。

 

ちなみに、今回のバンクシー作品の元の絵を描いたモネも、近年、価格が上がっている画家です。
2019年の世界アートマーケット市場の売上高では、モネはピカソに次ぐ堂々の2位となっていました。
落札最高価格は2019年5月14日のニューヨークのサザビーズの≪積みわら≫で、価格は貫禄の1億1070万ドル(約121億円)です。

 

モネの「睡蓮の池」はどこにある?

クロード・モネ≪モネの庭の橋≫1895(所在不明)

今回、バンクシーの≪モネを見せてくれ≫の元になったモネの≪睡蓮の池≫とは、どのような絵なのでしょうか。
若い頃、パリ郊外のセーヌ川沿いを渡り歩いたモネは、43歳になった1883年から、終の棲家となるジヴェルニーに居を構えます。
50歳になった1890年には、それまでは借りていた家を購入し、さらに3年後には土地を買い増して庭として、川から水を引き込んで池を造り、睡蓮を植えました。
睡蓮が根付いて大輪の花を咲かせるようになり、池畔にしだれ柳や藤が美しく垂れ下がるようになった1895年には、池の上に日本風の橋を造っています。
この頃からモネは、ジヴェルニーの庭の睡蓮の池の絵を多数制作するようになりました。

 

もともとモネは、同じモチーフの絵をたくさん描く画家です。
それは、モネが光の移り変わりを描くことにこだわっていたからです。
モネは、≪積み藁≫や≪ルーアン大聖堂≫などの風景を、朝、昼、晩、あるいは夏と冬などで変化する光や空模様などとともに描きました。
ですから、≪睡蓮の池≫の絵も数多く存在しています。
たとえば、最も初期に描かれた≪モネの庭の橋≫では、池の面に映る橋と庭木がメインで、睡蓮はあまり描かれていません。

 

クロード・モネ≪睡蓮の池≫1899(ナショナル・ギャラリー)

バンクシーはどの絵を見て描いた?

モネは≪睡蓮の池≫の絵を数多く描いていますが、バンクシーの≪モネを見せてくれ≫の元になっているのはいったいどの睡蓮の絵なのでしょうか。
まず候補に挙がるのは、バンクシーの活動するイギリスはロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の≪睡蓮の池≫です。
この絵はイギリスで最も有名な≪睡蓮の池≫で、橋やしだれ柳の位置などの構図もぴったり一致します。

 

クロード・モネ≪睡蓮の池≫1899(ポーラ美術館)

しかし調べていくと、さらに構図の一致する絵が、なんと日本にありました。
箱根のポーラ美術館所蔵の≪睡蓮の池≫です。
こちらはナショナル・ギャラリー所蔵の≪睡蓮の池≫と同時期に同じ構図で描かれた連作の一つで、左側のしだれ柳のかたちや、橋を隠す茂みの大きさ、右下の池の面などが、バンクシーの≪モネを見せてくれ≫に酷似しています。
バンクシーが模写したのはこちらの方かもしれません。

 

クロード・モネ≪睡蓮の池≫1900(オルセー美術館)

さらに翌年にモネは、構図をもう少し変えた絵を何点か描いています。
1900年の連作の一つは、モネの故国であるフランスのオルセー美術館に所蔵されています。
こうして比べてみると、個人的な感想ですが、ポーラ美術館所蔵の≪睡蓮の池≫が最も近いように思えます。

 

バンクシーもデサップもマチスもみんなモネが好き?

クロード・モネ≪睡蓮の池≫1916(国立西洋美術館)

ここまでに紹介したモネの≪睡蓮の池≫は、モネの自慢の日本風の橋をメインに描いたものばかりですが、橋を描かずに水面と睡蓮にフォーカスした絵もたくさんあります。
日本人に馴染みが深いのは、国立西洋美術館所蔵の絵でしょうか。
晩年のモネの粗い筆致ながら、水面に浮かぶ睡蓮の乱舞が見事にとらえられています。

 

ギィ・デサップ≪睡蓮≫2016(過去に翠波画廊で販売)

≪睡蓮の池≫は、モネの代表作として、バンクシーだけでなく、多くの画家にとって引用の対象となりました。
現代の印象派として知られるギィ・デサップも、ジヴェルニーに出かけて、自分なりの≪睡蓮≫を描いています。
モネとは異なり細かい筆致で、リアルな睡蓮の池をキャンバスに再現しています。

 

アンリ・マチス≪リュート≫1943(ポーラ美術館)

現在、箱根のポーラ美術館では展覧会「モネとマチス もうひとつの楽園」を開催しています。2020年11月3日までの開催なので、バンクシー≪モネを見せてくれ≫の元になったかもしれないモネ≪睡蓮の池≫の現物を見たい方はご足労ください。
2020年10月16日発売の郵便切手の図柄に選ばれた、マチス≪リュート≫の現物も見ることができます。

バンクシー作品一覧はこちら >>

ギィ・デサップ作品一覧はこちら >>

マチス作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る