アートコラム

郵便切手「美術の世界シリーズ 第2集 赤の世界」

2020/10/22

2020年3月に発行されて、美術ファンを喜ばせた郵便切手「美術の世界シリーズ」が帰ってきました。
2020年10月16日(金)に発売された「美術の世界シリーズ 第2集」は「赤の世界」をテーマに、秋の紅葉や夕暮れを描いた美術作品を切手化しています。
自分でコレクションするだけでなく、大切な人へのお便りにも使用できる美術切手――今回はどのような作家が選ばれたのでしょうか。

 

 

63円と84円どちらを買う?

3月発行の「青の世界」で選ばれた美術品は全部で13点でした。84円シートと63円シートのそれぞれ10枚のうち、7枚が同じ作品だったからです。
今回も、84円シートと63円シートで同じ美術品が選ばれていますが、重複している作品数は前回よりも少なくなりました。
重なったのは、野々村仁清「色絵月梅図茶壺」、川端龍子「愛染」、葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」、「浅葱地牡丹燕文紅型衣裳」、アメデオ・モジリアーニ「おさげ髪の少女」の5点だけです。
なので、両方を買えば、全部で15点の美術作品を鑑賞できることになります。
15点の内訳は、陶器が1点、染物が1点、日本画が5点、洋画が2点、浮世絵が1点、西洋油彩画が5点です。もちろんいずれも名前の知られた名品です。
とりあげられた作品はすべて日本の美術館や博物館に所蔵されているので、実際に出かけて現物を見ることもできます。

300300
日本郵便「美術の世界シリーズ 第2集」

芸術としての陶器

左上に位置しているのは、東京国立博物館所蔵の重要文化財「色絵月梅図茶壺」(いろえげつばいずちゃつぼ)です。江戸時代前期に活躍した陶工の野々村仁清(ののむらにんせい)の作と伝えられています。実用性よりも芸術性に重きをおいたその華やかな作風は、時の大名に愛されて後世に残ることになりました。

海外で最も有名な日本画家

二列目左端に位置するのは、和泉市久保惣記念美術館所蔵の、葛飾北斎(1760~1849)「冨嶽三十六景 凱風快晴」(ふがくさんじゅうろっけい がいふうかいせい)です。通称「赤富士」としても知られるこの作品は、青い空、白い雲、赤い山肌の対比が斬新で、「神奈川沖浪裏」と並ぶ北斎の代表作です。

沖縄で生まれた紅型(びんがた)染め

右端にあるのは、九州国立博物館所蔵の「浅葱地牡丹燕文紅型衣裳」(あさぎじぼたんつばめもんびんがたいしょう)です。紅型染めとは、布に糊で模様を描いて、糊のついていない部分を染料で色をつけたものです。浅葱色の布に、牡丹と燕の模様を、紅色で染めた衣装となります。

エコール・ド・パリの悲運の画家

下段に位置している女性の肖像画は、アメデオ・モジリアーニ(1884~1920)の「おさげ髪の少女」(名古屋市美術館)です。モジリアーニは、エコール・ド・パリの時代に活躍したイタリア人画家で、病弱に不摂生がたたって35歳で夭折しました。21歳で妊娠中だった幼妻が後追い自殺した悲劇でも知られています。

モジリアーニ作品一覧はこちら >>

洋画から日本画に転向して成功

一列目の左から二番目に位置するのは、川端龍子(かわばたりゅうし)(1885~1966)の「愛染」(足立美術館)です。川端龍子は女性ではなく男性の日本画家です。当初は洋画を学びアメリカに留学しましたが、挫折して帰国し日本画に転向しました。独学で学んだ日本画でしたが、龍子のオリジナリティは高く評価され、晩年には文化勲章を受章しました。

日本画から洋画に転向して開花

84円シートの右上に位置するのは、高橋由一(1828~1894)の重要文化財「鮭」(東京藝術大学)です。江戸時代に佐野藩士として生まれた高橋は、狩野派に学んだ日本画家でしたが、開国とともに西洋画への関心を高めて油彩画を描くようになります。明治時代に描かれた「鮭」は、日本文化を洋画の技法で描いた高橋の代表作です。
なお、63円シートには「鮭」の代わりに、同じく東京藝術大学所蔵の和田英作(わだえいさく)「渡頭の夕暮」が収録されています。

燃える炎の赤を描く

同じく84円シートの中央に位置するのは、大正時代から昭和初期にかけて活躍した日本画家・速水御舟(はやみぎょしゅう:1894~1935)の手になる重要文化財「炎舞」(山種美術館)です。横山大観の率いる日本美術院の同人に川端龍子とともに選ばれるなど、その将来を嘱望された才能でしたが、腸チフスにより40歳で急逝しました。
また、63円シートには「炎舞」の代わりに、同じく山種美術館所蔵の荒木十畝(あらきじっぽ)「四季花鳥のうち秋(林梢文錦)」が収録されています。

赤い着物の魅せる情熱

一列目の左から三番目は、前回に引き続き女性の日本画家、上村松園(うえむらしょうえん)です。84円切手シートのほうは、現在、翠波画廊でもシルクスクリーン版画を販売している重要文化財「序の舞」(東京藝術大学)で、63円切手シートのほうは「鼓の音」(松柏美術館)が収録されています。

女性初の文化勲章受章者となった上村松園は、子の上村松篁(うえむらしょうこう)、孫の上村淳之(うえむらあつし)とともに、親子三代の日本画家としても有名です。

上村松園作品一覧はこちら >>

夕日に赤く染まる積みわら

両方のシートの下段に位置するのは、前回も登場した印象派の巨匠クロード・モネ(1840~1926)です。84円切手シートには「ジヴェルニーの積みわら、夕日」(埼玉県立近代美術館)、63円切手シートには「しゃくやくの花園」(国立西洋美術館)が収録されています。

フランスの農家の「積み藁」を描いた連作では、朝日や夕日や日中や雪中など、季節や時間の変化によって変わりゆく色を的確に描写しました。

赤い色を効果的に演出

同じく下段には、フランスの画家アンリ・マチス(1869~1954)も、84円と63円でそれぞれ別々の作品が収録されています。84円切手シートには「リュート」(ポーラ美術館)、63円切手シートのほうには「ラ・フランス」(ひろしま美術館)が掲載されています。

どちらも「色彩の魔術師」とうたわれたマチスらしい華やかな作品です。

 

 

画像出典:郵便局「美術の世界シリーズ 第2集」

マチスお勧め作品

お問い合わせ >>

マチス作品一覧はこちら >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る