fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

アンディ・ウォーホルを歌った曲
~デヴィッド・ボウイから布袋寅泰まで

ウォーホルといえば、数多くのレコード・ジャケットをデザインしたことで有名です。
そのうちのいくつかはニューヨーク近代美術館(MoMA)の収蔵品に加えられています。
実際にMoMAのサイトでコレクション検索をしてみると、確かにウォーホルがデザインしたレコードが9枚も出てきました。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「バナナジャケット」や、ローリング・ストーンズの「ジッパージャケット」などは、商業的な大量生産の印刷物であるにもかかわらず、アート作品としてきちんと認められているのです。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されているウォーホルがデザインしたレコード
(左上が「ジッパージャケット」、右上が「バナナジャケット」)

 

アンディ・ウォーホルとルー・リード

アンディ・ウォーホルがデザインしたレコード・ジャケットの中でも、特に有名なのが1967年のヴェルヴェット・アンダーグラウンドのファーストアルバムです。
なにしろジャケットにはバンド名の記載すらなく、バナナの絵とアンディ・ウォーホルの名前だけが大きく表示されていて、まさにウォーホルの作品といえます。
通称「バナナジャケット」と呼ばれるこのレコードにおいて、ウォーオルはアートワークだけでなくプロデューサーも務め、リリースに全面的に協力しました。

 

「バナナジャケット」の翌1968年、ウォーホルは取り巻きの一人であったフェミニスト女性、ヴァレリー・ソラナスに拳銃で撃たれて重傷を負います。
幸いにも一命はとりとめましたが、奇人変人を周囲に集めて創作のインスピレーションにしていたウォーホルが、以降は人付き合いを避けるようになります。
それまでは作品制作のアトリエをファクトリー(工場)と呼んで、誰でも出入り自由にしていましたが、それも翌1969年には閉鎖してしまいます。
命こそ助かったものの、自由で過激なウォーホルは死んでしまったのです。

Lou Reed『Transformer』
RCA(1972)

ファクトリー閉鎖の1969年、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リードは、「アンディの胸」という曲をつくって、胸と腹を狙撃されたウォーホルのために歌いました。
「もしぼくが空を飛べるものになれるなら、コウモリになってあなたを目指そう」から始まる歌詞は、常に「あなた」=「ウォーホル」に語りかけるかたちで、ウォーホルに対する親愛の情が表現されています。
のちにルー・リードはこの曲を「ラヴソング」だと解説しました。

 

残念ながら1970年にルー・リードがヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退したため、「アンディの胸」は正式に録音されずお蔵入りとなりましたが、3年後にルー・リードのソロアルバム『トランスフォーマー』に収録されて陽の目を見ました。
アルバムの1曲目「ヴィシャス(背徳)」の歌詞「おまえは花でおれを叩く」も、アンディ・ウォーホルの言葉からインスピレーションを得たものだそうです。
ルー・リードとアンディ・ウォーホルは、生涯を通じてお互いに刺激を与える友人同士でした。

Andy’s Chest – Lou Reed | subtitulado al español

アンディ・ウォーホルとデヴィッド・ボウイ

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの脱退後、くすぶっていたルー・リードを助けたのが、同バンドのファンだったロックスターのデヴィッド・ボウイです。
デヴィッド・ボウイがプロデュースした『トランスフォーマー』は、アメリカとイギリスでチャート入りするヒットとなり、ルー・リードのキャリアを救います。

 

「実はデヴィッド・ボウイは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを聴いてアンディ・ウォーホルに興味を持ち、1971年のアルバム『ハンキー・ドリー』に「アンディ・ウォーホル」という曲を作って収録していました。
このとき、ボウイはまだウォーホルに会ったことがなく、メディアを通してのイメージだけで作曲したので、リードの「アンディの胸」に比べると距離が感じられます。

David Bowie『Hunky Dory』EMI(1971)

曲の冒頭には、プロデューサーがウォーホルの発音を間違えて、ボウイがそれを訂正する会話が収録されています。ウォーホルに対するイギリスとアメリカの温度差でしょう。
また、「アンディ・ウォーホルは《叫び》みたいだ、ぼくのうちの壁にかけよう」といったユーモアあふれる歌詞には、メディアにおけるウォーホル像が垣間見られます。
ムンクの《叫び》が誰もが知るアートの顔であったように、ウォーホルの作品も誰もが知るポップアイコンだったのです。

 

ボウイはこの曲の許可を得るためにわざわざ渡米してウォーホルと対面しましたが、曲の感想を聞くと「きみの履いている靴は素敵だね」とはぐらかされたそうです。のちにボウイは「ウォーホルはこの曲を気に入っていなかった」と語っています。
当時、映画制作に熱中していたウォーホルは、訪問者に対して「スクリーン・テスト」と称して15分間無言でカメラに向き合ってもらう映像を残しています。サルバドール・ダリの映像が有名ですが、カメラに戸惑う若きボウイの姿もなかなか貴重なものです。

David Bowie, Andy Warhol, Lyrics

アンディ・ウォーホルとジャン・ミシェル=バスキア

DVD『I SHOT ANDY WARHOL
/アンディ・ウォーホルを撃った女』
20世紀フォックス

アンディ・ウォーホルは1987年に心臓発作で死去しました。まだ58歳でした。

その9年後の1996年、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドとデヴィッド・ボウイは共に並んで「ロックの殿堂」入りを果たしました。
同じ年に2本の映画『アンディ・ウォーホルを撃った女』と『バスキア』が公開されました。
前者はウォーホルの狙撃犯ヴァレリー・ソラナスの、後者はウォーホルの友人ジャン・ミシェル=バスキアの伝記映画です。
2本の映画の音楽は、ウォーホルの映画に音楽をつけた経験もある、元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルが担当しました。

DVD『バスキア』ポニーキャニオン
(左から二人目がウォーホルに扮したボウイ)

映画『バスキア』の監督のジュリアン・シュナーベルは元画家でバスキアの友人であり、後にライブドキュメンタリー映画『ルー・リード/ベルリン』の監督も務めています。
また、映画『バスキア』でアンディ・ウォーホルを演じたのはデヴィッド・ボウイでした。

 

実はアンディ・ウォーホルとルー・リードとデヴィッド・ボウイのファンは重なることが多いです。
たとえば80年代の日本の人気バンドBOØWY(ボウイ)の名前は、デヴィッド・ボウイからとられたものです。このBOØWYのギタリストだった布袋寅泰は、愛犬にルー・リードからとったルーリーという名前をつけ、1992年には亡くなったウォーホルに手向けるかのように「さよならアンディ・ウォーホル」という曲を作りました。

彼らが並んで語られるのは、LGBTだと言われたウォーホルやリードはもちろん、中性的なボウイにも、常識を解体してマイノリティを勇気づける力があるからでしょう。それはアート一般が持つ魅力でもあります。

布袋寅泰 「さよならアンディ・ウォーホル」

 

 

アンディ・ウォーホルお勧め作品

お問い合わせ >>

アンディ・ウォーホル作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?