fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

ジェームス・リジィとトム・トム・クラブ
~トーキング・ヘッズからのスピンオフで大人気

死後10年が経とうとしている現在も、根強い人気を誇るジェームス・リジィ。 このジェームス・リジィが若い頃に、その名を広める役目を負ったのが、ポップ・バンドのトム・トム・クラブです。
トム・トム・クラブのデビュー・アルバム『Tom Tom Club』(1981)は、全米で50万枚以上を売り上げるゴールド・ディスクとなり、その表裏のジャケット全体を埋め尽くすように隙間なく描かれたジェームス・リジィの絵も、話題の的となりました。
アイデアを詰め込んだジェームス・リジィの絵は、ダンサブルなトム・トム・クラブの音楽にぴったりフィットしたので、続くシングルやアルバムのジャケット・デザインもそのままジェームス・リジィが担当しました。
今回は、ジェームス・リジィがトム・トム・クラブで手掛けたジャケット・デザインをご紹介します。

トム・トム・クラブの衝撃的なデビュー・アルバム

Tom Tom Club
『Tom Tom Club(おしゃべり魔女)』
1981年 1stアルバム(リジィ)

レコード・ジャケット・アートの世界で、ジェームス・リジィを有名にしたのは、トム・トム・クラブでの一連の仕事です。
美術大学出身のメンバーによって結成されたトム・トム・クラブは、まだかけ出しのアーティストだった30歳のジェームス・リジィをデザイナーに起用して、最初のアルバムを制作しました。
ファースト・アルバムの『おしゃべり魔女』、およびアルバムからシングルカットされた『悪魔のラヴ・ソング』と『渚のボードウォーク』のジャケットは、いずれもジェームス・リジィのハッピーな絵によって隅から隅まで彩られています。
ビルボードのダンス曲チャートで1位となった『悪魔のラヴ・ソング』に関しては、おりからのMTVブームに乗ってミュージックビデオまで作られました。 そのビデオも全編がジェームス・リジィの絵を使ったアニメーションで、高い評価を受けました。

Tom Tom Club
『The Genius Of Love(悪魔のラヴ・ソング)』
1981年 2ndシングル(リジィ)

Tom Tom Club
『Under the Boardwalk(渚のボードウォーク)』
1982年 3rdシングル(リジィ)

Tom Tom Club – Genius Of Love (Official Music Video)

トム・トム・クラブに愛されたジェームス・リジィ

Tom Tom Club
『Close to the Bone(フォクシー・ワールド)』
2ndアルバム1983年(ジェームス・リジィ)

デビュー・アルバムの成功に気を良くしたトム・トム・クラブは、2年後の1983年にセカンド・アルバム『フォクシー・ワールド』をリリースします。ジャケット・デザインはもちろんジェームス・リジィが手がけました。
このアルバムからカットされた2枚のシングル『ダンシング・キング』、『愛の気分はパラダイス』のジャケットも、ジェームス・リジィの手によるものです。
ファースト・アルバムよりも先に発売されたファースト・シングルを除いて、トム・トム・クラブの最初の2枚のアルバムと4枚のシングルが、すべてジェームス・リジィのイメージで流通しました。
専属アーティストといってもいいような特別な扱いで、トム・トム・クラブといえばジェームス・リジィの絵が連想されるようになりました。
シングル曲『愛の気分はパラダイス』については、ジェームス・リジィの絵を使用した、全編アニメーションのミュージックビデオが作られ、こちらもたいへんに好評でした。

Tom Tom Club
『The Man with the 4-way Hips(ダンシング・キング)』
4thシングル1983年(ジェームス・リジィ)
アルバムカバー上部の太陽を拡大して使用

Tom Tom Club
『The Pleasure of Love(愛の気分はパラダイス)』
5thシングル1983年(ジェームス・リジィ)

Tom Tom Club – Pleasure Of Love (Official Music Video)


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


帰ってきたトム・トム・クラブとジェームス・リジィ

Tom Tom Club
『The Good, The Bad, and the Funky』
5thアルバム2000年(ジェームス・リジィ)

残念ながら、トム・トム・クラブの2枚目のアルバムは、最初のアルバムほどには売れませんでした。
彼らのもう一つのバンドのトーキング・ヘッズが大人気で忙しかったこともあり、トム・トム・クラブのサード・アルバムはそれから5年間作られませんでした。
1988年、ようやく作られたサード・アルバムのジャケットは、心機一転で別のデザイナーが起用されました。
しかし、この3枚目のアルバムはさらに売れず、1992年の4枚目のアルバムの制作までにはさらに4年の月日がかかりました。
アルバムを出すたびに売れ行きが落ちていくので、トム・トム・クラブは流行からはずれてしまったバンドだと多くの人が考えました。
しかし、バンドは解散しませんでした。中心メンバーのティナとクリスが私生活でも仲の良い夫婦で、関係が良好だったからです。
とはいえ、レコード会社はもはやトム・トム・クラブのアルバム制作に興味を示しませんでした。
多くの人がトム・トム・クラブのことを忘れていた2000年、ティナとクリスは8年ぶりにトム・トム・クラブの5枚目のアルバム『ザ・グッド・ザ・バッド・アンド・ザ・ファンキー』を発表します。
今回は、原点に戻って久しぶりにジェームス・リジィがジャケット・デザインで起用されました。
彼らが最後に一緒に仕事をした1983年から17年の年月が経っていました。
トム・トム・クラブの音も、ジェームス・リジィの絵も、どちらも進化していました。

ポップミュージックの世界でも人気だったジェームス・リジィ

オムニバス『Just Say Anything』
1991年(リジィ)

一目でわかるジェームス・リジィのオリジナルでユニークな絵は、キース・ヘリングと並んで、ポップミュージックのジャケット・デザインで重宝されました。
1991年には、サイアー・レコードが自社のアーティストを紹介する目的でリリースするコンピレーション『Just Say Yes』シリーズの5巻『Just Say Anything』のCDジャケットにも起用されています。
『Just Say Yes』シリーズは、ジェームス・リジィとも関係の深いラモーンズの所属レコード会社の企画です。
リジィがアートワークを手掛けた『Just Say Anything』には、ダイナソーJr.やプライマル・スクリームやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど、当時の人気バンドが集められていました。
1981年当時は、トム・トム・クラブのようなエレクトロ・ポップが流行の最先端だったのですが、10年後の1991年はノイジーなギター・ポップが流行っていたことがわかります。
翠波画廊では2022年1月15日~29日まで、ジェームス・リジィ&アノラ・スペンス展を開催しています。ぜひご覧ください。

ジェームス・リジィお勧め作品

お問い合わせ >>

 

ジェームス・リジィ 作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?