fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

国立西洋美術館も騙された贋作事件(2)
~詐欺師フェルナン・ルグロと愉快な仲間たち

 

1965年、来日したフランスの画商フェルナン・ルグロは、デュフィ、ドラン、モディリアーニといった巨匠のフランス近代絵画を日本人に売りつけました。
しかし、後に判明したことですが、これらはまったくの偽物でした。
ルグロは贋作画商として訴追され、絵は非公開の資料として隠されました。
このうちドランの絵画は当時の価格で約2,232万円、現在の価値に直せば2億円くらいになります。購入した国立西洋美術館は、現在は独立行政法人ですが、当時は文化庁に所属する国家施設であったため、国会で公金の使途を問い質されることになりました。
この通称ルグロ事件は、23年後に新たな事実が明るみに出て話題を呼びます。

 


贋作画商ルグロのパートナーは、贋作画家エルミア・ド・ホーリィでした。
1906年にハンガリーにユダヤ人として生まれたド・ホーリィは、1920年代にパリのモンパルナスで暮らし、エコール・ド・パリの画家と同じ空気を吸っていました。
そして、ピカソマティスマルケヴラマンク、ドラン、ヴァン・ドンゲン、藤田嗣治、レジェといった画家と知り合いになったそうです。
もちろん、20歳も30歳も年下のド・ホーリィが、それらの先輩画家と対等に付き合えるわけではありませんが、あの時代のパリにいたことが画家としての箔になりました。

しかし、芸術の都パリは、第二次世界大戦によって終わりを告げます。
ユダヤ人として強制収容所に入れられたド・ホーリィは、戦後は貧困の中にありました。自分の絵が売れないなかで、ド・ホーリィはピカソのデッサンを偽造して生活費を稼ぐようになります。
贋作家となったド・ホーリィが生活の場として選んだのはアメリカ大陸でした。アメリカではヨーロッパ人が文化人として受け入れられたし、贋作の発覚の恐れも少なかったからです。もちろん、順風満帆ではありません。しばしば偽造が発覚しそうになったド・ホーリィはたびたび名前を変えて、旅から旅のボヘミアン生活を送りました。

そんなおりに出会ったのが25歳年下のフェルナン・ルグロです。
エジプト生まれでギリシャとフランスのハーフであるルグロは、ド・ホーリィ以上のボヘミアンで、旅芸人をしながらアメリカに流れ着いたのです。
ルグロがド・ホーリィの代理人として画商を始めるまでに、時間はそれほどかかりませんでした。若くて血気盛んなルグロと、アラフィフの画家ド・ホーリィは、反社会的なビジネスのパートナーとなったのです。

実は、この話にはもう一人の登場人物がいます。
それはルグロよりもさらに8歳年下のフランス系カナダ人、レアル・ルサールです。ヒッチハイクでカナダからアメリカまで来たルサールもその日暮らしの流れ者で、ほどなく一味に加わりました。
実は、ド・ホーリィもルグロもルサールも同性愛の傾向があったそうです。ほどなくルグロとルサールは恋愛関係になり、ルサールはルグロのアシスタントをするようになりました。二人の間には痴話喧嘩がしょっちゅうありましたが、その関係は特別なものでした。

やがて、ド・ホーリィはルグロとルサールとの関係が嫌になり、ヨーロッパに逃げ出します。絵を描いているのは自分なのに、十分な報酬をもらえていないと感じたからです。
ド・ホーリィを失ったルグロとルサールですが、その後も彼らは画商として名を上げていきます。おそらくド・ホーリィに代わる贋作画家がいたのでしょう。
やがて生活に行き詰ったド・ホーリィは再びルグロとルサールと組むことになりましたが、根本的な火種は解消されていませんでした。
ルサールが次第に力をつけてルグロと対立するようになったこともあり、三者は三つ巴の争いを始めます。この争いが、最終的には彼らを逮捕へと追い込むのです。

警察が本格的に動き始めたのは1967年のことです。逃げ回ることに飽きたド・ホーリィは1968年にスペインで2ケ月間の刑に服し、1969年には売れない作家と組んで自白本『贋作』を出版しましたが、結局1976年に自殺します。
逮捕されたルグロも4年間の刑を宣告され、1979年にはド・ホーリィと言い分の異なる自伝を出版し、1983年にがんで亡くなります。
これで事件は終息したかのように見えたのですが、関係者の多くが亡くなった1988年に、沈黙を守っていたルサールが自伝『贋作への情熱―ルグロ事件の真相』を出版します。
この本の中でルサールは、ルグロの売った贋作の多くは自分が描いた絵であったと暴露し、忘れかけられていた事件に注目を再び集めました。

ルサールの主張の根拠となっているのが1973年にルグロの作った遺言状です。
そこには「絵を描いたのはレアル・ルサールであり、ド・ホーリィはサインだけしていた」と書かれていたのです。
たしかに、ド・ホーリィが一人で贋作を売っていたときには、その多くは発覚の恐れが少ないリトグラフやデッサンでした。後にルグロが数多く売るようになったフォーヴィスムの画家の油絵とは隔たりがあります。
だとしたら、暴露本で世に出たド・ホーリィは二重に嘘つきだったことになります。
とはいえ、恋愛感情で結びついていたルサールのために書かれたルグロの遺言状を、どこまで信用できるかもわかりません。

ルサールの自伝は虚実不明ですが話題を呼び、日本でも出版される運びになりました。
それぞれがそれぞれに「自分は悪くない」と主張しているので、本当のところはまったくわかりません。おそらく真実は、それらの中間にあるのでしょう。
それにしても、まったく同じ絵なのに、付属する作者の名前でその評価額が大きく変わる美術品とは、本当に不思議なものです。

 

参考文献
クリフォード・アーヴィング,1970,『贋作』早川書房
レアル・ルサール,1994,『贋作への情熱―ルグロ事件の真相』中央公論社

 

国立西洋美術館も騙された贋作事件(1)はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?