絵画買取MENU

マルケ 作品一覧
MARQUET

パリの街や港の風景を情感豊かに描き続けたフランスの巨匠マルケの油彩をご紹介しております。
掲載作品は翠波画廊で現品をご覧いただけます。


マルケの生涯

 

穏やかで優しいフォーヴィズム

1890年にパリに出て、エコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学したマルケは、ギュスターヴ・モローの教室に在籍し、マチスと出会います。
ボルドー育ちで内気な人柄のため、近づきがたいタイプと見られていたマルケですが、マチスとは親しくなりました。
1898年までには明るい色彩を使うようになっていましたが、自然主義に反するような色彩を取り入れることはありませんでした。
ともにフォーヴ(野獣)と呼ばれたヴラマンクなどに比べると、マルケの画風は穏やかで優しく、フォーヴの作家というよりも、フォーヴィズムと印象主義の中間に位置するといえるでしょう。
1904~5年にかけては、デュフィとノルマンディーや地中海沿岸に出かけ、港や港町の風景を描きました。
1908年には、マチスが使用していたアトリエに移り、1931年までそこで制作を続けました。

激しさではなく優しさを内に秘めたマルケの作品は特に、透き通った青と緑が織りなす独特の海の色が魅力的な特徴となっています。

マルケの作品は、オルセー美術館やプーシキン美術館、そして日本の国立西洋美術館など、世界の主要美術館に所蔵されています。

 

翠波画廊では、マルケ作品の買取も行っております。マルケ作品の売却をお考えの方は、ご相談ください。

買取査定は無料です。メール、電話などお気軽にお問い合わせください。

絵画買取はこちら >>

 

toiawase_re

絵画選びは翠波画廊スタッフにご相談ください

 

お部屋に何か作品を飾りたいのだけど初めてで選び方がわからない方、贈り物にどのような絵を選んだら良いのだろうなど、お客様の疑問や不安などを懇切丁寧に解消し、安心してお買い求めいただけるよう経験豊富なスタッフが精一杯お手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら >>

 

マルケ 略歴
MARQUET

 

1875年 フランス、ボルドーに生まれる。
1890年 パリに出て装飾美術学校に入学。
のちにエコール・デ・ボザールに移る。
1897年 ギュスターヴ・モローの教室で学ぶ。
同じころ、モロー教室で学んでいたマティス、ルオーを知り、特にマティスとは終生の友情を結ぶ。
1905年 マチス、ヴラマンク、ドラン、マルケらの作品がサロン・ドートンヌの第5室にまとめて展示される。それらの作品の大胆な色彩の荒々しさが「フォーヴ(野獣)」と評され、「フォーヴィズム」の由来となった。
1906年 以降、フランス各地からドイツ、オランダ、北アフリカ、ロシア、スカンジナビアへと旅を重ねる。
1907年 パリで初の個展を開催。
1938年 ナチズムに対抗する団体に参加し、ナチズム反対を表明。
1940年 それに対する報復を恐れ、作品を避難させ、アルジェリアへ。ドイツ軍占領下のフランスで、作品のサロンへの出品を拒否。
1942年 アルジェリアで、レジスタンス運動のための競売を手がける。
1945年 パリに帰郷。
1947年 パリで没。

 

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

  分割でのお支払いもご利用いただけます。
  ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

ご購入・絵画販売について >>

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス >>