fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

奈良美智と吉本ばなな
~レコードジャケットや書籍表紙のアートワーク

近年、急速に価格が高騰している奈良美智作品。
2019年、サザビーズ香港のオークションで、アクリル絵画《Knife Behind Back》が約27億円で落札されて、自身の歴代最高額記録を更新しました。
それまでの最高額は約5億円だったので、5倍に跳ね上がりました。
2020年12月にも、フィリップス香港のオークションで、アクリル絵画《Hot House Doll (In the White Room III)》が約14億円で落札されています。
これは奈良美智作品の歴代2位の記録となりました。
《Hot House Doll (In the White Room III)》は2008年のクリスティーズでは約8100万円で落札されているので、
12年間で価格が17倍になった計算になります。
10年前であれば手頃な価格で入手できた版画もどんどん値上がりしているので、作品を入手したい方は早めに購入したほうがよいかもしれません。
今回は、2000年代の奈良美智のアートワークを紹介します。

 

スイスのジャズトリオからベルギーのロックバンドまで

Day & Taxi『Out』(Percaso Production)2006年

前衛的な音で知られるスイスのジャズトリオ、デイ&タクシーは、2006年のアルバム『Out』でジャケットの絵に奈良美智を起用しました
デイ&タクシーは2005年のライヴ・アルバムのアートワークには中国の現代アーティストのアイ・ウェイウェイを起用していますから、現代アートに対する関心が高いのだと思われます。

Absynthe Minded『There Is Nothing』(Universal)2007年

2007年にはベルギーのロックバンド、アブサン・マインデッドのアルバム『There Is Nothing』のジャケットの絵に奈良美智が起用されました。
アブサン・マインデッドはベルギーのローカル・バンドなので、ベネルクス3国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の外ではほとんど知られていません。
日本でもアルバムは未発売で、輸入盤でしか入手することはできませんでした。
そのようなローカルバンドからもジャケットのオファーがあることが、逆に奈良美智の名声がグローバルに広がっていることを証明しています。

 

吉本ばななとのコラボレーション

2002年、奈良美智は、よしもとばななの小説『アルゼンチンババア』の表紙絵と挿絵を担当しました。
この小説が2007年に映画『アルゼンチンババア』となり、奈良美智は映画のために新たに絵を描き起こしました。
映画の主題歌であるタテタカコ『ワスレナグサ』のジャケットで、その絵を見ることができます。

 

よしもとばなな『アルゼンチンババア』
(ロッキング・オン)2002年

タテタカコ『ワスレナグサ』(バップ)2007年

奈良美智と吉本ばななとのコラボレーションは有名で、奈良美智の一般的な認知度を高めるのに吉本ばななの書籍は大きく貢献しました。
2人のコラボレーション書籍は2002年の『アルゼンチンババア』の前にも、1999年の『ハードボイルド/ハードラック』、
2000年の『ひな菊の人生』と、たくさん出ていますが、いずれも出版社がロック雑誌で有名なロッキング・オンであるところが、いかにも音楽好きの2人らしく興味をそそられます。
ロッキング・オンは文庫レーベルを持っていないため、いずれも後に幻冬舎から文庫として再発行されました。

吉本ばなな『ハードボイルド/ハードラック』
(ロッキング・オン)1999年

吉本ばなな・奈良美智『ひな菊の人生』
(ロッキング・オン)2000年

吉本ばなな・奈良美智『ひな菊の人生』
(幻冬舎文庫)2006年

 

タイで活躍した日本人シンガー

Momokomotion『Punk In A Coma』
(SPACE SHOWER MUSIC)2009年

奈良美智のジャケットワークを調べていると、その多様性に驚きます。
たとえば、アメリカのビッグバンドR.E.Mがあるかと思えば、
一方にはドイツのインディーズバンドTiki Tiki Bamboooosがあり、
スイスのジャズトリオDay & TaxiやベルギーのロックバンドAbsynthe Mindedとも仕事をしています。
中でも変わり種は、2009年のモモコモーション『パンク・イン・ア・コーマ』でしょう。
モモコモーションは日本人のシンガーソングライターですが、その経歴は変わっていて、サンフランシスコ美術大学に留学後、タイに8年間も滞在していたとのことです。
その間の2003年に、タイ在住のイギリス人と現地のタイ人とともにロックバンドFUTON(布団)を結成。
アメリカのドキュメンタリー番組に曲が起用され、インディーズながら世界各地でライブを行います。
日本でもアルバムが発売されました。
バンド脱退後の2008年にタイで発売されたモモコモーションのソロデビューアルバムが、『パンク・イン・ア・コーマ』です。
その後、15年間の海外生活から帰国し、2009年からの日本での活動に伴い、日本版もリリースされました。
限定販売の書籍仕様のデラックス版では、タイの現代アーティストのウィットが、奈良美智のイラストをもとに制作した組立人形も付属していました。

 

 

翠波画廊では、2021年5月29日(土)~6月12日(土)まで現代アート展を開催しています。
奈良美智をはじめ、村上隆、草間彌生、ロッカクアヤコなどを揃えているのでぜひお立ち寄りください。

 

詳しくはこちら >>

 

 

奈良美智お勧め作品

お問い合わせ >>

 

奈良美智 作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?