fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

ナチスが造った贋札(その2)
~画家になりたかったアドルフ・ヒトラー

贋札の製造や使用はれっきとした犯罪です。
しかし、利益が大きいために、紙幣が初めて登場した10世紀の中国・北宋王朝の時代からすでに贋札は存在していました。
その後の元王朝などは贋札製造の罰を死刑にするほど厳重に取り締まっています。
現代でも北朝鮮が偽ドル紙幣を製造しているとの噂が絶えないように、贋札の流通は国家に大きなダメージを与えます。
そのため、贋札は化学兵器や核爆弾と同様に厳しく取り締まられねばならないのですが、第二次大戦当時は、ドイツも日本も作戦として実行していました。
後ろ暗い犯罪であるため、ナチスは秘密が外に漏れないように、強制収容所に収容されたユダヤ人を使って贋札造りを行っていました。
前回の話「ナチスが造った贋札(その1)~ニセ札つくりに協力したのは強制収容された画家?」を参照。

 

贋札造りの苦労

DVD『ヒトラーの贋札』東宝

贋札が流通すると社会が混乱しますから、私たちが知る紙幣には、偽造防止の技術が何重にも組み込まれています。
一見、ただの白い紙なのに光に透かすことで絵が浮き出る「透かし」もその一つです。
紙の濃淡で絵を表現する「透かし」は、いわゆる光学コピーでは再現することのできない模様の一つです。
もっと原始的で重要なのは紙質です。
人間の手は非常に高性能なセンサーですから、紙の厚さや硬さが異なれば違和感に気づくことができます。
戦時中、イギリスの銀行では、紙幣をくしゃくしゃに丸めたときの音で、贋札かどうかを判別するとも言われていました。
イギリス紙幣を解析したナチスは、原料にアジアの苧麻(からむし)と亜麻の繊維が混ぜてあることを知りました。紙幣を頑丈にするため、布を切り刻んで材料としていたのです。
しかし何度造ってみても、本物とは何かが違います。
試行錯誤の結果、使われていた布が、使い古されたぼろ布であることがわかりました。それを手間のかかる手すき方式で製紙することで、ようやく満足のいく紙ができました。
紙幣の印刷用紙を造る段階だけでもかなりの期間がかかったのです。
贋札造りの苦労は、偽造に携わった印刷技師アドルフ・ブルガーの回想録『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』や、それを原作とする映画『ヒトラーの贋札』でも強調されていました。
映画はブルガーではなく、贋造犯罪者の画家サロモン・スモリアノフ(サリー)を主人公として描き、アカデミー外国語映画賞を受賞しました。

 

画家になりたかったヒトラー

アドルフ・ヒトラー《ウィーン国立歌劇場》(1912年)

「透かし」の入った用紙ができても、模様や文字の再現にはさらに時間を要しました。
この段階で必要とされたのは、印刷工や画家など手先の器用な職人です。
強制収容所には、サリーのほかにペーター・エーデルやレオ・ハースといった画家たちがいました。
彼らの尽力で紙幣の細かな模様がそっくりに製版されるようになりました。
難しかったのは暗号化されている紙幣番号の偽造ですが、それは実際のポンド紙幣の番号をそのまま写すことで解決しました。
ちなみに、ナチス総統のアドルフ・ヒトラーは、若い頃に画家を目指してウィーン美術アカデミーへの入学を志したものの、二度も受験に失敗した過去があります。
アカデミーの教官は、ヒトラーが人物画にあまり興味がないことを見抜き、美術ではなく建築学への進学を勧めますが、ヒトラーは従いませんでした。
後にヒトラーは生活のためにウィーンの風景を描いてポストカードにして売っていましたが、いずれも建物はとてもよく描けています。
ナチスの業績の一つにアウトバーンなどの建築があげられますが、もしヒトラーが建築家として身をたてていたら、アウシュビッツの惨劇はなかったかもしれません。

 

終戦と解放

イギリス・ポンド紙幣の贋札造りに成功したナチスは、1944年からアメリカ・ドル紙幣の偽造に取り組みます。
しかし、完成すれば用済みになった自分たちは殺されるとわかっていた工房の職人たちは、わざと製作を遅らせて作戦の邪魔をします。
そうこうしているうちに、ノルマンディーに上陸したアメリカ軍がドイツの首都ベルリンにまで迫り、紙幣偽造計画「ベルンハルト作戦」の指揮官ベルンハルト・クルーガー少佐は、秘密保持のために工房の職人をすべて殺害するよう曹長に命じて姿を消します。
幸運なことに、全員殺害の命令が実行される前に収容所がアメリカ軍によって解放されたため、100人以上の職人はほぼ全員が生きて戦後を迎えることができました。
アメリカ・ドルの贋札は使われることなく終戦になりましたが、イギリス・ポンドの贋札はナチスの軍資金としておおいに使われました。
その用途の一つにナチスが買い集めた美術品の支払いがありました。あのメーヘレンが描いたフェルメールの贋作も贋札で購入されたと言われています。
いま美術界を騒がせている偽版画も同様ですが、贋作が横行すると、正規品の価値が下がってしまいます。
ナチスの贋札は、ポンドの価値を下げて、イギリス経済を弱体化しました。
イギリスは戦後、5ポンド以上の高額紙幣をすべて回収して使用不能にしたのですが、後の祭りでした。
一説によれば、戦後にポンドが基軸通貨の地位をドルに奪われたのは、大量にばらまかれた贋札のせいだそうです。

 

 

参考文献
アドルフ・ブルガー『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』朝日新聞社(2008年)
ローレンス・マルキン『ヒトラー・マネー』講談社(2008年)
植村峻『贋札の世界史』角川ソフィア文庫(2020年)

   

アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?