fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

ナチスが造った贋札(その1)
~ニセ札つくりに協力したのは強制収容された画家?

贋作版画が世間を騒がせていますが、贋作が作られるのは美術界だけではありません。
かつてナチス・ドイツは、敵国イギリスやアメリカの贋札づくりに取り組みました。
敵国の贋札を大量に作ってばらまくことで、その通貨価値を落として、経済を混乱に陥れようとしたのです。
しかし、紙幣は贋札防止のために高度な技術を施されています。
いったいナチスはどのようにして贋札を造ったのでしょうか。

 

国家ぐるみの贋札造り

ナチスが偽造したイギリスの5ポンド紙幣

そもそも敵国の贋札を作ろうというのはナチスだけの蛮行ではありません。
18世紀半ばにはプロイセンが、戦争を勝ち抜くために敵対する国の贋札を作りました。イギリスもアメリカ独立戦争時にアメリカ紙幣の偽造に手を染めました。
19世紀初頭のフランス革命時には、ナポレオンがヨーロッパ各国の紙幣を偽造して戦費を調達したのに対し、イギリスもフランス紙幣の贋札を大量に造って対抗しました。
20世紀初頭、第一次世界大戦で敗北したドイツは、賠償金の支払いのためにフランスやソ連の贋札を造りました。
第二次世界大戦時にも、ナチス・ドイツだけでなく大日本帝国も中国民国の贋札を造りましたし、アメリカも日本の軍票の偽造を考えました。
イギリスでも、敵国ドイツの贋札製造作戦を考えましたが、発覚時の批判とリスクを怖れて中止したとされています。
しかし、ナチスが大量に造った偽ポンド紙幣は、イギリス・ポンドの価値を落とし、イギリスを苦境に追い込みました。
戦後、イギリスが不況に陥ったのは、大量に印刷されたナチスの贋札のせいだという説もあるくらいです。

ドイツとイギリスの敵対関係

ナチスによる外国紙幣の偽造には、実は3つの段階がありました。
最初は戦争前の1939年にナチス親衛隊情報部に所属するアルフレート・ナウヨクス少佐が指揮を執ったイギリス・ポンド紙幣の偽造です。
ナチス親衛隊情報部は、スパイ行為に必要なパスポートや免許証の偽造を行っていたので、その一環で紙幣の偽造も始めたのです。

イギリス国旗ユニオン・ジャック
(赤十字と赤X字と白X字との
組み合わせ)

イギリス国旗ユニオン・ジャックに含まれる聖アンドレアスの白X字にちなんで「アンドレアス作戦」と呼ばれたこの計画では、5ポンド紙幣と10ポンド紙幣の贋札が何十万枚も作られたそうです。
一般労働者の週給にもあたるような高額紙幣の5ポンド紙幣や10ポンド紙幣は、17世紀から使われてきた肖像画のないデザインで、大判サイズの白無地に黒一色の印刷で、偽造がしやすかったからです。
しかし、ナウヨクス少佐の失脚と品質の問題から「アンドレアス作戦」は1年近く中断されることになりました。
なお、作戦名にスコットランドを意味する白X字が選ばれたのは、イングランドを意味する赤十字を打ち消しているからだと言われています。

 

偽造工房はユダヤ人強制収容所の中にあった

アドルフ・ブルガー
『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』
朝日新聞社(2008年)

いっとき中断していたイギリス・ポンド偽造計画ですが、ナチス親衛隊長官ヒムラーのじきじきの命によって、戦時中の1942年に再開されます。
計画の責任者には、ナウヨクスの部下であったベルンハルト・クルーガー少佐が任命され、コード名も新たに「ベルンハルト作戦」と名づけられました。
これが計画の第2段階です。
「ベルンハルト作戦」では偽造に携わる職人が、強制収容所に収容されたユダヤ人の中から選ばれました。
敵国の紙幣を偽造するのは戦時下であっても国際法違反ですし、そのような行為が絶対に外部に漏れないよう、収容所の中ですべてを完結させることにしたからです。
贋札造りの工房は収容所内の隔離施設に作られ、偽造に携わる職人は他の収容されたユダヤ人とは隔てられ、好待遇を与えられました。
ナチスのユダヤ人収容所では、ユダヤ人をろくに食事も与えない劣悪な環境で強制労働させて、弱ると順番にガス室で殺害していたのですが、紙幣の偽造という特殊な仕事に従事する職人は希少で使い捨てにできなかったのです。
こうしてザクセンハウゼンの収容所に、紙幣の偽造工房が作られ、印刷や製紙の職人や画家が集められました。
強制収容所の地獄のような状況は、偽造作戦に召集されたおかげで生き延びることができたユダヤ系スロヴァキア人の印刷工アドルフ・ブルガーの回想録『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』で詳しく知ることができます。

 

職人たちのサボタージュ

こうして完成したイギリスの贋札は、ヨーロッパ大陸中で輸入品の支払いなどに使われるようになります。
第3段階としてクルーガー少佐はアメリカ・ドルの贋札の製造を工房に指示しました。
このときに秘密兵器として新たに加えられたのが、ロシア生まれのユダヤ人画家サロモン・スモリアノフです。
スモリアノフは、画家の師匠ミアソジェドフとともに戦前から私的に贋ポンド紙幣を造っていた犯罪者でした。
贋札造りのプロフェッショナルであるスモリアノフを加えた工房でしたが、ドル紙幣の偽造は難航しました。
ドイツの敗色が濃厚になってきたことと、ドル紙幣の偽造が完成したら口封じのために工房の職人は全員殺されるのではないかとの疑いから、職人たちが結託して時間の引き伸ばしをするようになったからです。

 ナチスが造った贋札(その2)~画家になりたかったアドルフ・ヒトラー へ続く

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?