アートコラム

写真によるアート・ジャケット~その1~

2020/09/01

写真が発明されたとき、画家は現実を写し取るその精密さに驚き、強力な商売敵が現れたとおののきました。
実際、写真の登場によって、それまで画家の飯の種だった肖像画や風景画の需要は大きく損なわれました。
写真に押されて、画家は、実用としての絵画から芸術としての絵画に大きく舵を切り、以降の絵画は唯一無二のクリエイティブな表現として人気を高めていきました。
一方、レンズに写った像をそのまま二次元に焼き付けることしかできない写真は、いくらでも複製ができる実用品として、その価値が抑えられてきました。
しかし、最近は写真もまた芸術であるとの考え方が強くなっています。
レコードのジャケット・アートに使われた写真から、その芸術性を探ってみましょう。

 

 

アーティスト写真という表現

20世紀の芸術写真家として最も有名なのは、エコール・ド・パリの時代にモデルのキキと恋仲になってその姿を多数写真に収め、ピカソやミロとともに第1回シュルレアリスム展にも参加したアメリカ人写真家マン・レイでしょうか。
それとも官能的なヌード写真で知られ、その写真集が日本の税関で「わいせつ図画」として没収されたことで、出版社が政府を相手に裁判で争ったことが話題になった、アメリカの写真家ロバート・メイプルソープでしょうか。
ゲイであり、若干42歳にしてエイズで亡くなったメイプルソープですが、若い頃には女性と同棲もしていました。その相手が「ニューヨーク・パンクの女王」と呼ばれたパティ・スミスです。
1975年の、パティ・スミスの有名なデビュー・アルバム『ホーセス』のジャケット写真は、ロバート・メイプルソープによるものです。彼女の中性的な魅力が、メイプルソープのモノクロ写真で見事に表現されています。
同棲解消後も二人の友情は終生続き、メイプルソープは13年後のパティ・スミスの5枚目のアルバム『ドリーム・オブ・ライフ』のジャケット写真も手掛けています。
アルバムがリリースされたのは、ロバート・メイプルソープが亡くなる9カ月前の1988年7月でした。
後にパティ・スミスは、メイプルソープに捧げる歌「Memorial Song」を作って、ライヴで披露しています。

 

Patti Smith『Horses』1975年(ロバート・メイプルソープ)

 

Patti Smith『Dream of Life』1988年(ロバート・メイプルソープ)

 

 

John Lennon『imagine』1971年(オノ・ヨーコ)

同じ被写体でも撮る人によってまったく違う

商業写真家でもあったマン・レイやロバート・メイプルソープとは異なり、純粋な芸術家がジャケット写真を撮った例もあります。
1971年の、ジョン・レノンの2枚目のソロ・アルバム『イマジン』のジャケット写真は、妻である現代アーティストのオノ・ヨーコが撮影しました。
あえて鮮明に撮らずぼかした写真にあどけない表情のジョン・レノンは、それまでのロックスターのイメージを覆すものでした。
ちなみに、ジョン・レノンは若い頃に美術専門学校のリヴァプール・カレッジ・オブ・アートで学んでいて、オノ・ヨーコともアートに対する感性が一致していました。

同じジョン・レノンのアルバム・ジャケットでも、商業写真家の篠山紀信が撮影すると、もっとわかりやすく、テーマのはっきりしたものになります。
1980年のアルバム『ダブル・ファンタジー』は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコとの合作になり、二人の楽曲が交互に収録されています。
表紙もジョンとヨーコの二人の写真になり、撮影は日本を代表する写真家の篠山紀信が担当しました。
ジャケットはモノクロですが、撮影したフィルムはカラーで、編集段階でモノクロに加工されたそうです。
このアルバムは、二人の間に生まれた息子ショーン・レノンの育児のために音楽活動を休業していたジョン・レノンが、5年ぶりに発表した復帰作でした。
しかしアルバムの発売直後、ジョンは一般男性に撃たれて、帰らぬ人となりました。
ジョンの遺作は、4年後にアルバム『ミルク・アンド・ハニー』にまとめられました。
こちらのアルバム・ジャケットに使用された写真は『ダブル・ファンタジー』のためのフォト・セッションで篠山紀信が撮影したものの別テイクです。
ちなみに2020年10月9日からジョンとヨーコの軌跡を辿る展覧会「ダブル・ファンタジー ジョン&ヨーコ」展がソニーミュージック六本木ミュージアムで開催されます。チケットは8月29日から発売になっているので是非どうぞ。

 

John Lennon with Yoko Ono『Double Fantasy』1980年(篠山紀信)

 

John Lennon with Yoko Ono『Milk and Honey』1984年(篠山紀信)

 

 

日本人写真家の活躍

日本を代表する写真家といえば、篠山紀信ともう一人、アラーキーこと荒木経惟の名前をあげる人が多いでしょう。
荒木経惟もまた、レコードのジャケット・アートを手掛けています。
アイスランドの歌姫ビョークの1997年のコンピレーション・アルバム『テレグラム』です。
これはビョークが荒木経惟のファンであったことから実現したコラボレーションです。
ビョークは生粋のアイスランド人ですが、黒髪に黒目で東洋人的な見た目を持っていることから、日本文化にシンパシーを持っていると伝えられています。
同じ日本人写真家でも、現代アーティストの杉本博司がアート・ジャケットを手掛けると、まったく印象の異なるものができあがります。
アイルランドのロックバンド、U2のアルバム『No Line on the Horizon』のジャケット写真は、U2とは関係なく、杉本博司の作品以外のなにものでもありません。
それもそのはずで、このコラボレーションは、杉本博司の写真作品≪海景≫シリーズに惚れこんだU2のボーカリストのボノが、杉本博司本人に直接、作品をジャケットに使わせてほしいと頼み込んで実現したものだからです。
杉本博司は、写真を加工しないことを使用条件としました。そのため曲名もアーティスト名も入らないジャケットに仕上がりました(販売時にはケースにクレジットのシールが添付されたそうです)。
なお、杉本博司は、2020年7月31日から2021年1月3日まで森美術館が開催している「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」の6人に選ばれています。
草間彌生、李禹煥(リ・ウファン)、宮島達男、村上隆、奈良美智と並ぶ日本の現代アートのスターは、世界を代表するミュージシャンをも魅了したのです。

 

Bjork『Telegram』1997年(荒木経惟)

 

U2『No Line on the Horizon』2017年(杉本博司)

 

 

 

Debbie Harry『Rockbird』1986年
(アンディ・ウォーホルの絵を背景に使用)

こんなところにこっそりと

最後に、ちょっと特殊な事例をご紹介しましょう。
冒頭に紹介したパティ・スミスと同様、1970年代にニューヨーク・パンクとして活躍したバンドの一つにブロンディがあります。
ブロンディというバンド名は、ブロンドの女性ボーカリストのデボラ・ハリーからとられています。
マドンナが登場する前のセックス・シンボルとして人気を集めたデボラ・ハリーは、1982年にバンドを解散後はソロ・アーティストとして活動しました。
デビー・ハリーの名義で出した2枚目のソロ・アルバム『ロックバード』は、彼女の顔写真が全面に配された、よくあるパターンのアルバム・ジャケットでした。
デザイナーもアートディレクターもカメラマンも現代アートの領域で活躍した人ではありません。
しかし、この写真の背景に使われているうねうねした絵の作者が、なんとあのアンディ・ウォーホルだったのです。
2020年は9月から「アンディ・ウォーホル・キョウト」と題された大規模な個展が京都市京セラ美術館で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期調整中となっています。
コロナウイルスについては世界各地で第二波が起きていて、とうとうパリでも屋外でのマスク着用が義務化されました。
日本でも早く流行が落ち着いて、アンディ・ウォーホル展が無事に開催されることを祈ります。

 

 

アンディ・ウォーホルお勧め作品

お問い合わせ >>

アンディ・ウォーホル作品一覧はこちら >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る