アートコラム

ヨーロッパのストリートアート~その2~

2020/08/13

二度の世界大戦が始まる以前、文化の中心はヨーロッパにありました。
中でも美術に関しては、フランスのパリがいちばんだと言われていました。
しかし、戦争で荒れ果てたヨーロッパは文化を育てる余裕を失い、芸術の中心地はアメリカのニューヨークに移ってしまいます。
それから80年近くが経った現在、長い歴史と伝統を持つヨーロッパのアートが、再び息を吹き返してきているように見えます。
現代アートの分野ではイギリスのバンクシーが常に話題をさらい続けていますし、街中のストリートアートは観光スポットとして大事にされています。
また、イギリスのミュージアムは大英博物館をはじめ、その多くが入場無料です。フランスも、オルセー美術館やオランジュリー美術館などが月一回の無料日を設けています。ヨーロッパには、芸術の振興は街づくりの一環で、公共の福祉だとの考え方があるからです。
そんなヨーロッパのストリートアーティストについて、前回はイギリスのほか、フランス、ベルギー、イタリアのラテン系3か国を紹介しました。
今回は、イベリア半島のスペイン、ポルトガル、そして北欧のアイルランドとノルウェーのストリートアーティストを見ていきましょう。

 

バンクシーお勧め作品

お問い合わせ >>

バンクシー作品一覧はこちら >>

 

 

スペインのフェリペ・パントン

スペインのバレンシアを拠点として活動するフェリペ・パントン(パントーネ)は、虹のような鮮やかな光を建物の外壁などに描く、新世代のストリートアーティストです。
コンピュータを使って3DCGなどの下絵を作り、それをスプレーやペンキなどで壁に再現していくフェリペ・パントンの手法は、まさにデジタルとアナログの融合です。
目にも眩しいその作品は世界中で高く評価されて、各国の展覧会に招待されています。
「光と色彩はビジュアルアートの本質です。テレビ、コンピュータ、そして現代の照明技術のおかげで、私たちの光と色彩の認識は完全に変わりました」と語る彼は、新しい時代の到来を感じさせるアーティストです。
アルゼンチン人とスペイン人のハーフであるフェリペ・パントンはグローバルな感覚を併せ持ち、1986年生まれという若さもあいまって、将来をおおいに嘱望されています。
クールなサイケデリックとでも形容できるフェリペ・パントンのユニークさは、単にストリートアーティストとしてだけではなく、現代アートとしての可能性も開きました。
その作品の多くは、バンクシー同様、本人のインスタグラムで見ることができます。

書籍『Felipe Pantone Dynamic Phenomena』
Drago Arts & Comm

 

 

ポルトガルのVHILS(ヴィールス)

VHILS(ヴィールス)の名前で活動するポルトガルのストリートアーティストは、建物の壁などに人の顔を大きく描く行為で知られています。
一見、普通の人の顔に見えるVHILSの作品ですが、近くに寄ってみると他のストリートアートとの違いがわかります。
なんと、VHILSの作品は絵ではなく彫刻なのです。壁に巨大な彫刻を作るため、VHILSはノミだけでなく、電動ドリルや火薬を用います。
そう聞くと、粗削りな仕上がりを想像してしまいますが、VHILSの作品は非常に写実的で、遠目からは写真のようにすら見えます。
火薬の爆発というキャッチーなオリジナリティを持つVHILSは、2000年代後半にバンクシーとともに注目され、バンクシーと同じエージェントと契約しました。
雑誌『TIMES』の表紙にも登場し、同じく顔をテーマにしているストリートアーティストであるフランスのJRともコラボレーションしたことがあります。
VHILSの本名はアレクサンドル・マヌエル・ディアス・ファルト。
ポルトガルに生まれて、ロンドンの美術学校でアートを学んだ1987年生まれの若者です。
現在はイギリスのロンドンとポルトガルのリスボンの二都市を拠点に製作を続けています。

書籍『VHILS』Gestalten

 

 

アイルランドのコナー・ハリントン

アイルランドのコーク出身のコナー・ハリントンは1980年生まれで、10代の頃からストリートアーティストとしての活動をはじめました。
当時のコナー・ハリントンはヒップホップカルチャーにはまり、スプレー缶をもって夜の街を徘徊していました。
その後、コナー・ハリントンは、美術学校に通って正式に油彩画を学びます。そしてハイパーリアリズムの手法で、古典的なテーマを描くようになります。
現代と過去を融合させたそのスタイルは美術業界の内外で高く評価されています。
日本でも人気のあるファッションデザイナーのポール・スミスも、コナー・ハリントンの作品に一目ぼれして購入し、ファンを公言しています。
コナー・ハリントンはキャンバスにも描きますし、ストリートの壁画も描きます。ですから、彼自身は自らをストリートアーティストともギャラリーアーティストとも定義せず、ただの画家と考えています。
しかし、ストリートアートという看板をなくしても、依然として彼の絵は魅力的です。

書籍『Conor Harrington: Watch Your Palace Fall』Heni Pub

 

ノルウェーのDOLK(ドルク)

ノルウェーのヴェルゲン出身のDOLK(ドルク)は1979年生まれで、ストリートアーティストとしての活動を始めたのは20代半ばからと、それほど早くありません。
もともとは工学を学ぶ学生だったのですが、オーストラリアに留学時にグラフィックデザインを学び、バンクシーに触発されてストリートアートを始めました。
ちなみに、ドルクとはノルウェー語で短剣を意味します。英語ならダガーです。
数多くのストリートアーティストと同様、逮捕されないように偽名を使っていますが、今では本名がアンドレアス・ハムラン・フェローであることがわかっています。
初期のドルクは、ステンシルの技法やブラックユーモアあふれる作風がバンクシーによく似ていたため、同一人物ではないかと疑われていました。
その後、チェ・ゲバラやチャールズ皇太子など、実在の人物を風刺するような作品が人気となり、バンクシーとは異なる道を歩みます。
近年のドルクは、ノルウェーで最も有名な現代アーティストとして、ノルウェー政府からも制作を依頼されるほどになりました。
ドルクのシルクスクリーン作品はすぐに売り切れてしまうため、プライマリー(直接販売)で入手することが困難です。たとえセカンダリー(二次市場)であっても、欲しいと思ったときに買うのが良いと思います。

お問い合わせ >>

ドルク作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る