fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

美術品オークション高額落札ランキング【2023年最新版】
~日本でいちばん高い絵もわかる

2019年も美術品業界は活況で、価格は上昇を続けました。
例えばオークションでは、モネの連作絵画≪積み藁≫シリーズの一つが1億1070万ドルで落札されて、美術品落札記録のオールタイムベスト10に入りました。
この落札価格記録は年々更新されるので、数年前の記録を見ると隔世の感があります。
今回は、オークションにおける美術品落札レコードを調べてみました。

 

2013年時点の美術品落札記録は?

ムンク≪叫び≫1893年 (テンペラとクレヨン、オスロ国立美術館)

今から7年前、2013年初における美術品オークションの過去最高記録は、ムンクの≪叫び≫で1億1990万ドルでした。
ムンクの≪叫び≫は小学校の図工教科書にも載るほどの有名作品ですが、実はこのタイトルを持つ絵画は5枚あることをご存じでしょうか。
最も有名でよく引用される≪叫び≫の絵は、最初に作られたもので、厚紙にテンペラとクレヨンで描かれています。
この作品は「盗まれた絵」としても知られています。
描かれてから100年後の1994年に、ムンクの故郷であるノルウェーのオスロ国立美術館で盗難にあいました。国立美術館ですから警備員はいたものの、警報が鳴っても誤作動と思って確認しなかったそうです。3カ月後、金銭取引を持ちかけてきた犯人を騙して捕まえて、絵は無事に戻りました。

 

ムンク≪叫び≫1910年 (テンペラ、オスロ市立ムンク美術館)

最初に描かれた≪叫び≫(1893)のほかにも、厚紙にクレヨンで描かれた≪叫び≫(1893)、厚紙にパステルで描かれた≪叫び≫(1895)、モノクロのリトグラフの≪叫び≫(1895)、そして厚紙にテンペラで描かれた≪叫び≫(1910)、の4作品があります。
実は、最後に描かれた≪叫び≫(1910)のほうも、2004年に盗まれています。ムンクの≪叫び≫はどれだけ人気なのでしょう。
≪叫び≫の2度目の盗難は、オスロ市立ムンク美術館に拳銃を持った強盗が押し入り、観客の前で絵を奪っていったという劇的なものです。隣に飾られていたムンク≪マドンナ≫も同時に奪われました。
このときは絵はなかなか見つからず、2年後の2006年、オスロ警察の威信をかけた大捜査によってようやく発見されましたが、保存状態が悪くて損傷が激しく、その後の修復にさらに2年間を要して、2008年にようやく展示再開されました。

 

ムンク≪叫び≫1895年 (パステル、1億1990万ドルで落札)

さて、美術品オークションの落札記録となったのはそのどちらでもなく、厚紙にパステルで描かれた≪叫び≫(1895)です。
美術館に収蔵された作品はもう市場に出回りませんが、このパステル画バージョンの≪叫び≫だけは個人が所有していて、2012年にオークションにかけられたのです。落札価格は手数料込みで1億1990万ドル(当時のレートで約96億円)でした。

 

2013年初時点での絵画オークションの落札記録トップ3は以下のとおりでした。なお、ここで示した価格は純粋な落札価格ではなく、オークション手数料を含むものです。

 

美術品オークション落札記録(2013年1月時点)
1.ムンク≪叫び≫(パステル画)1億1990万ドル(2012年)
2.ピカソ≪ヌード、観葉植物と胸像≫1億650万ドル(2010年)
3.ピカソ≪パイプを持つ少年≫1億420万ドル(2004年)


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>

2016年時点の美術品落札記録は?

ピカソ ≪アルジェの女たち(バージョンO)≫1955年 (1億7940万ドルで落札)

2013年初時点での落札記録を見ると、トップ3のうち2作品がピカソと、その人気のほどを見せつけています。実はトップ5を見ても、そのうち3作品がピカソの絵でした。
このように人気のピカソが、落札価格レコードのトップを奪うのは時間の問題でした。
2015年、ピカソの≪アルジェの女たち(バージョンO)≫が1億7940万ドル(当時のレートで約215億円)で落札されて、オークション記録を塗り替えました。

 

ドラクロワ≪アルジェの女たち≫1834年 (ルーブル美術館)

この作品を描いた当時のピカソは、古典作品の主題を自分なりに描き直すことに熱中していました。元になった作品は、フランスの巨匠ドラクロワの描いた≪アルジェの女たち≫です。

 

アルジェとは、フランスの植民地になった北アフリカのアルジェリアの首都です。≪アルジェの女たち≫ここに住むアラブの富豪のハーレム(イスラム教の一夫多妻の家庭における婦人部屋)を描いたものだと言われています。
地中海に面したアルジェリアは、アフリカといってもイスラム教徒のアラブ人が多く、ホワイトアフリカと呼ばれています。
ピカソは女性たちの肌の露出を多く描くことで、ドラクロワが巧みに隠した性的な雰囲気をあらわにしました。

 

2016年初時点での絵画オークションの落札記録トップ3は、2013年と比較してまるっきり新しくなりました。3年間のうちに、記録的な高額落札が相次いだのです。

 

美術品オークション落札記録(2016年1月時点)
1.ピカソ≪アルジェの女たち(バージョンO)≫1億7940万ドル(2015年)
2.モディリアーニ≪横たわる裸婦≫1億7040万ドル(2015年)
3.ベーコン≪ルシアン・フロイドの3つの習作≫1億4240万ドル(2013年)

 

2023 年現在の美術品落札記録は?


では、2023年現在はどうなっているでしょうか。
世界で最も高額な絵画の座は、4億5030万ドル(当時のレートで約510億円)という圧倒的な価格でレオナルド・ダ・ヴィンチ≪サルヴァトール・ムンディ≫が更新しました。
トップ20ランキングは以下のとおりです。
なお、このランキングには取引価格が明確にならない個人間取引は含んでいません。あくまでもオークションでの落札データのみを集計しています。

 

美術品オークション落札記録(2023年11月現在)
1. ダ・ヴィンチ≪救世主(サルヴァトール・ムンディ)≫4億5030万ドル(2017年)約508億円
2. ウォーホル《ショット・セージ・ブルー・マリリン》1億9500万ドル(2022年)
3. ピカソ≪アルジェの女たち(バージョンO)≫1億7940万ドル(2015年)
4. モディリアーニ≪横たわる裸婦≫1億7040万ドル(2015年)
5. モディリアーニ≪(左向きに)横たわる裸婦≫1億5720万ドル(2018年)
6.スーラ《ポーズ集、アンサンブル(プチ版)》1億4924万ドル(2022年)
7. ベーコン《ルシアン・フロイドの3つの習作》1億4240万ドル(2013年)
8. ジャコメッティ≪指差す男≫1億4130万ドル(2015年)彫刻作品最高価格
9. 斉白石(チ・バイシ)≪山水十二屏≫1億4100万ドル(2017年)アジア人最高価格
10. ピカソ《腕時計の女》1億3900万ドル(2023年)
11.セザンヌ《サント・ヴィクトワール山》1億3790万ドル(2022年)
12.ムンク《叫び》1億1990万ドル(2012年)
13.ゴッホ《ヒノキのある果樹園》1億1718万ドル(2022年)
14.ピカソ《花かごを持つ少女》1億1500万ドル(2018年)
15.モネ《積み藁》1億1070万ドル(2019年)
16.バスキア《無題》1億1050万ドル(2017年)日本人による落札最高価格
17.ピカソ《ヌード、観葉植物と胸像》1億650万ドル(2010年)
18.ゴーギャン《マタニティ II》1億573万ドル(2022年)
19.ウォーホル《銀色の車の事故(二重の災禍)》1億540万ドル(2013年)
20.クリムト《白樺の森》1億458万ドル(2022年)

 

2013年初時点のトップだったムンクの≪叫び≫は、現在は12位にまで後退しました。
2016年初時点のトップ3はすべて10位以内に残っていますが、全体では10作品中半数以上にあたる6作品が、それ以降の落札となっています。
トップ10のうち複数の作品でランキング入りしているのはピカソとモディリアーニの2人だけです。
日本人コレクターの前澤友作社長が落札したバスキアは、16位です。

 

日本人作家の美術品落札記録は?


では、われらが日本人作家の作品はいったいいくらで落札されているのでしょうか。
2019年のニュースとして、奈良美智の≪ナイフ・ビハインド・バック≫が2490万ドルで落札されて、日本人作家作品の落札記録を更新したことがあげられます。
過去の記録は、2008年の村上隆の彫刻≪マイ・ロンサム・カウボーイ≫で1516万ドルでしたから、大幅な価格上昇になります。
絵画作品だけで言えば、それまでの最高記録は白髪一雄≪高尾≫で1034万ドルでしたから、2倍以上の高値がつきました。
ちなみに、奈良美智、村上隆、白髪一雄の後には、藤田嗣治≪誕生日パーティ≫937万ドル、草間彌生≪Interminable Net #4≫796万ドルが続きます(いずれも手数料込み価格)。
以上の日本人作家の5作品は、村上隆を除きすべて2018年以降に落札されたものです。美術品の落札価格は年々高くなっているのです。

 

美術品オークション落札記録(日本人作家・2020年2月現在)
1. 奈良美智≪ナイフ・ビハインド・バック≫2490万ドル(2019年)存命作家最高価格

2. 村上隆≪マイ・ロンサム・カウボーイ≫1516万ドル(2008年)彫刻作品最高価格
3. 奈良美智≪キャント・ウェイト・ティル・ザ・ナイト・カムズ≫約1200万ドル(2019年)
4. 白髪一雄≪高尾≫1034万ドル(2018年)
5. 藤田嗣治≪誕生日パーティ≫937万ドル(2018年)
6.草間彌生≪無限の網 #4≫796万ドル(2019年)

 

 

藤田嗣治作品一覧 >>

ピカソ作品一覧 >>

モディリアーニ作品一覧 >>

バスキア作品一覧 >>

草間彌生作品一覧 >>

奈良美智作品一覧 >>

村上隆作品一覧 >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?