アートコラム

ポップアートがポップミュージックをつくった?

2020/05/12

令和の現在、大衆的な知名度のある絵画といえばストリートアートですが、昭和の後半にアメリカを中心として世界中で人気があったのはポップアートでした。
ポップアートは、もともとは大衆芸術(ポピュラー・アート)を短くした言葉にすぎませんが、ポップ(POP)!のはじけるような語感から、大衆文化をモチーフとする新しく勢いのある一連の芸術作品の概念として定着しました。
カラフルで派手で見応えのあるポップアートは、商業デザインにもよく使われて、誰の目にも馴染みのあるものになっています。
今回はポップアーティストの特集です。

 

キング・オブ・ポップアート

ポップアートといえば、誰もがまず頭に思い浮かべるのがアンディ・ウォーホルでしょう。 アメリカのポップアートの王様ともいえるウォーホルは、実はチェコスロバキア移民の両親のもとに生まれたスラヴ系で、生涯を通じて教会に通い続けたカトリック教徒でした。そのような傍流の生まれが、彼を芸術家に向かわせたのかもしれません。
当初は商業デザイナーとして堅実に暮らしていたウォーホルですが、同性愛者というプレッシャーもあり、窮屈な権威に反発するように現代アーティストを目指します。
ウォーホルが初期に取り組んだのは、スーパーマーケットに並んでいる商品のパッケージの模倣でした。これはアートという権威に対するウォーホルの反抗と見ることができます。
しかし、単なる反体制では大衆的な人気を得ることはできません。その後のウォーホルは、カラフルな色彩とセレブのイメージを利用して、さらに人目をひく作品づくりに挑戦しました。これには商業デザイナーの経験も生きています。

 

Billy Squier『Emotions in Motion』
1982年(ウォーホル)

ウォーホルの作品で最も人気があるのは、派手な彩色を施した女優マリリン・モンローのシルクスクリーンの肖像画でしょう。
あまりに有名なウォーホルのモンローはアート界のイコンとしてさまざまなパロディーの対象になっています。近年では、バンクシーが現代のファッションモデルであるケイト・モスに置き換えて、似たような作品を制作しているほどです。
大衆的な人気を得た後年のウォーホルは、セレブの肖像画を注文に応じて作っていました。ビリー・スクワイアのアルバム・ジャケットなどにその仕事の片鱗を見ることができます。

アンディ・ウォーホル作品一覧 >>

 

漫画に影響を受けたポップアート

Bobby “O”『I Cry For You』
1983年(リキテンスタイン)

アンディ・ウォーホルとともにアメリカのポップアートの双璧として知られているのが、ロイ・リキテンスタインです。
ウォーホルよりも5歳年上のリキテンスタインがポップアートに取り組んだのは、実はウォーホルよりも前になります。
逆に言えば、模倣の天才アンディ・ウォーホルが、リキテンスタインをみならって、ポップアートを完成させたと言うこともできます。
ロイ・リキテンスタインは、自分の子どもが漫画に夢中になっていることから、大衆的な漫画の絵をアートに取り入れることを思いつきました。
太い輪郭線の枠内を赤や青や黄色の原色で塗りつぶしたリキテンスタインの絵は、強烈なインパクトで、アメリカのポップアートの代名詞となりました。
リキテンスタインの絵は、70年代のダンスミュージックの音楽プロデューサーであるボビー・オーランドのシングル『I Cry For You』のジャケットなどで見ることができます。

 

 

ポップアートの栄光と盛衰

Guns N’ Roses『Use Your Illusion I』
1991年(コスタビ)

芸術運動としてのいわゆるポップアートは1950年代から60年代にかけて隆盛したものですが、その表現力の強さゆえに、70年代以降は商業デザインに流用され、大量消費の対象になりました。
ウォーホルやリキテンスタインの制作したアート・ジャケットは、大量消費される商業デザインとしてのポップアートでしたが、その流行も90年代半ばから下火になりました。
70年代から80年代にかけて流行した商業デザインとしてのポップアートの最後の打ち上げ花火となったのが、マーク・コスタビと彼のデザインしたガンズ・アンド・ローゼズのジャケットです。
ガンズ・アンド・ローゼズといえば、ウォール・ストリート・ジャーナル誌が特集した「史上最も人気のあるロックバンド」のベスト10に入るビッグ・バンドです。
そのガンズ・アンド・ローゼズが躍進するきっかけとなったのが、1991年の2枚組アルバム『ユーズ・ユア・イリュージョン』です。

Guns N’ Roses『Use Your IllusionⅡ』
1991年(コスタビ)

アルバムのアートワークに起用されたのは、当時、現代アーティストとして絶頂期にあったマーク・コスタビでした。ジャケットの左下に小さくサインも見えます。
鮮やかな赤と青の2色カラーの2枚のアルバムは、この年、全世界を席巻し、ガンズ・アンド・ローゼズとマーク・コスタビの名前をおおいに上げました。
しかし、ポップアートの時代は流行が目まぐるしく変わる時代でもあります。一時の流行が去るとともにコスタビの人気も落ち着いて、日本では名前を目にすることが少なくなりました。

 

2000年代のポップアート

Bob Sinclar『Soundz Of Freedom
(My Ultimate Summer Of Love Mix)』
2007年(ジェームス・リジィ)

芸術運動としては次の流行に席を譲ったポップアートですが、その人気は根強く、影響を受けたアーティストがその後も活躍を続けました。
例えば、存命作家として非常に高い評価を受けているデイヴィッド・ホックニーやジュリアン・オピーの作品には、明らかにポップアートの影響が見て取れます。
日本で言えば、草間彌生のかぼちゃのドット(水玉)、村上隆のアニメ×アート、奈良美智の描く女の子なども、ポップアートの系譜に位置付けることができます。
ここまで見てきた中でわかるように、ポップアートの一つの特徴はカラフルで彩度の高い画面です。
そして色彩の面でポップアートらしさをよく受け継いでいるのが、よく純粋なポップアーティストと称されるジェームス・リジィです。
ジェームス・リジィは、その明るくてポップな作風から、ポップミュージックのアルバム・ジャケットに起用されることの多い画家でした。
残念ながら2011年に61歳の若さで亡くなってしまいましたが、その楽しげな作風は最後まで変わりません。
死の4年前の2007年には、フランスの人気DJボブ・サンクラーのアルバム『サウンズ・オブ・フリーダム』のためにジャケットを描き下ろしました。
ボブ・サンクラーはたいへん喜び、このジェームス・リジィの絵を使った1分間のアニメーション動画を作成して、ユーチューブに公開しています。

 

Bob Sinclar – Soundz Of Freedom by James Rizzi

 

リジィお勧め作品

お問い合わせ >>

 

ジェームス・リジィ作品一覧 >>

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る