アートコラム

ドウツの故郷セネガルってどんな国?

2020/04/21

翠波画廊が取扱いを始めたアフリカのアーティスト、ドウツ。
彼の出身国はアフリカのセネガルです。
ところで、セネガルについて私たちの知識はどれくらいあるでしょう。
サッカー好きな人なら、セネガルがしばしばアフリカ代表としてワールドカップに出場する強豪国であることを知っているかもしれません。
音楽好きな人なら、グラミー賞受賞歌手のユッスー・ンドゥールの名前をあげるでしょう。
ほかにセネガルについて知っていることはありますか?
今回はセネガルとセネガルのアート事情についてご紹介します。

 

意外と広いアフリカ大陸

私たちはついアフリカを一つの同じ地域として考えてしまいがちですが、それはヨーロッパ人が、日本と韓国と中国を同じアジアだと考えるようなものです。
アフリカの人々にとって、アフリカの国々はそれぞれでまったく異なります。
たしかに身体的特徴や文化的特徴が似ているところはありますが、各国には独自のカルチャーやライフスタイルがあり、決して同じではありません。
実際、アフリカはとても広い地域です。南北の距離は8000キロメートルで、これはなんと日本からスウェーデンまでの距離とほぼ同じです。
またアフリカの面積は、日本の約80倍で、これはアメリカとヨーロッパと中国を足したすべてよりも広いのです。
このように広大なアフリカの中には54の独立国があって、そのうちの一つがセネガルになります。

セネガルはアフリカのどこにある?

セネガルの場所はアフリカ大陸の最西端、地図でいえば北西に当たります。アフリカの西端は、セネガルの沖合にある島国のカーボベルデ共和国なのですが、アフリカ“大陸”の西端といえばセネガル共和国になります。
ちなみにカーボベルデとはポルトガル語で「緑の岬」を意味します。もともとはセネガルの最西端の半島がカーボベルデ(ベルデ岬)と呼ばれていたのですが、なぜかそれが対岸の諸島国家の国名になってしまいました。
さて、アフリカ大陸は南北に長いので、それぞれの地域で気候や文化や生活習慣が大きく異なります。
通常、アフリカは5つの地域に分けて考察されることが多いです。
それらの地域は、北から時計回りに、北アフリカ、東アフリカ、南部アフリカ、中部アフリカ、西アフリカと呼ばれています。

 

北アフリカ地域には、エジプトやリビアやアルジェリアなど、ヨーロッパとのかかわりが深い国が多く、アラブ系が多いためにホワイトアフリカと呼ばれています。
東アフリカ地域は、ソマリアやケニアやタンザニアなどインド洋に面していて、アラビア半島やインドの商人との交易で繁栄していました。そのため人種や文化の混淆も進み、マダガスカルなどはアフリカというよりアジアに近い文化で、稲作が盛んです。
南部アフリカ地域は、喜望峰など大航海時代の航海ルートとして有名です。オランダ人やイギリス人が入植した南アフリカ共和国は、かつては人種対立が深刻でした。
中部アフリカ地域は、カメルーンやチャドやコンゴ民主共和国などフランスの植民地だった国がメインで、現在も公用語としてフランス語が多く使われています。
最後に、セネガルの位置する西アフリカ地域は、早くからヨーロッパの侵攻を受けて、奴隷や黄金を奪われました。そのため、かつては奴隷海岸や黄金海岸や象牙海岸などと呼ばれていました。
セネガルの5つの世界遺産のうち、最初に登録されたゴレ島は、奴隷貿易の拠点として栄えた島で、かつての奴隷収容所である「奴隷の家」が島内に残されています。

 

 

フランス50フラン紙幣
≪サン=テグジュペリとサハラ砂漠を飛ぶ
飛行機と星の王子さま≫

サン=テグジュペリとセネガルの関係

セネガルを植民地化したフランスが最初の拠点としたのは、セネガル川河口に浮かぶ三角州のサン=ルイ島です。
島の名前は、フランス王のルイ9世からつけられたものですが、もともとこの地に住んでいたウォロフ族はンダールと呼んでいました。この島も、後にユネスコの世界遺産に登録されました。
このように、セネガルを語るうえで、かつての宗主国フランスとのかかわりは外せません。現在の公用語もフランス語ですし、首都ダカールやダカール港などの開発を行ったのもフランスです。

 

1926年には、フランスの国民的作家であるサン=テグジュペリが、フランスの都市トゥールーズとセネガルの首都ダカールを結ぶ航空線のパイロットとなりました。

 

 

サン=テグジュペリ『星の王子さま』
(新潮文庫)

パイロットの主人公がアフリカのサハラ砂漠に不時着するお話『星の王子さま』を、サン=テグジュペリが書くのはその後のことです。
サン=テグジュペリ自身がイラストも手掛けたこの本は、第二次世界大戦中の1943年にアメリカで出版されたものですが、いまでは世界200カ国で1億5000万冊と、長く愛される作品になりました。

 

セネガルのアート事情

フランスの植民地だったセネガルが自治権を回復したのは1958年のことです。
フランス領西アフリカは、紆余曲折を経て、セネガル、モーリタニア、マリ、ギニア、コートジボアール、ニジェール、ブルキナファソ、ベナンの8つの国に分かれて独立することになりました。
その中で最も繁栄していたのがセネガルです。フランス領西アフリカの首都であったダカールは、そのままセネガルの首都となり、西アフリカの中心地と目されるようになりました。
たとえば、セネガルの首都ダカールは、パリからダカールまでの1万2000キロメートルを車で走り続けるダカール・ラリーのゴールとして知られていました。現在は走る場所が南米に変わっていますが、ダカール・ラリーの名称がそのまま残っています。
また、ダカールでは2年に1度、アフリカ最大の現代アートの祭典であるダカール・ビエンナーレが開催されています。これは1990年から数えて今年で30年目を迎える、歴史あるイベントです。
翠波画廊で取り扱っているセネガルの作家ドウツも、2000年のダカール・ビエンナーレにインスタレーション・アートの「トレイン・トレイン・メディナ」を出品しました。

さらに、グラフィティアート(ストリートアート)のフェスティバル(祭典)であるフェスティグラフも、毎年ダカールで開催されています。こちらは2019年に10回目を迎えました。このイベントには、アフリカだけでなくヨーロッパからもグラフィティアーティストが多数参加しています。
セネガルの初代大統領は、アフリカ系として初めてアカデミー・フランセーズの会員になった詩人のサンゴールです。そのためセネガルはアートに対して力を入れている国として知られています。
ちなみにサンゴール大統領は、自らセネガル国家の歌詞も書いています。チェコの初代大統領であるヴァーツラフ・ハヴェルも劇作家として有名でしたが、芸術家が国のトップになると、その国に対するイメージが良くなりますね。

 

 

ドウツお勧め作品

お問い合わせ >>

 

ドウツ作品一覧はこちら >>

 

現在、翠波画廊では「日本初 ドウツ作品展」として、
セネガル出身のアーティスト、ドウツの作品展を開いています。ぜひお立ち寄りください。

 

日本初 ドウツ作品展

開催中~4月24日(金)

11:00~17:00 土日祝休廊

 

展覧会詳細 >>

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る