アートコラム

ミッフィーの作者が影響を受けた画家とは?

2020/03/24

ミッフィーというウサギをご存じでしょうか?
オランダのグラフィック・デザイナー、ディック・ブルーナが絵本のキャラクターとして生み出したミッフィーは、世界中で大人気となり、アニメ化もされています。
このミッフィー、実は本国オランダでは「ナインチェ・プラウス」という名前です。
英語圏に翻訳されたときにミッフィーという英語風の名前がつけられて、世界中に広まったのです。日本では、ミッフィーではなく「うさこちゃん」の名前になっています。
ところでミッフィーの作者ディック・ブルーナが、もともと画家志望で、同時代の美術運動に大きな影響を受けていたことをご存じでしょうか。

 

ブルーナの青は、マチスの青?

マチス
≪ロザリオ礼拝堂の
ステンドグラス(一部)≫

ブルーナが最も影響を受けた画家は、色彩の魔術師と呼ばれたアンリ・マチスです。
インタビューで、ブルーナは次のように述べています。
「アンリ・マチスからは今でも展覧会に行くたびに学ぶことも多いですね。どうやって色を組み合わせているのだろうか、どうやって線を描いているのだろうかと」

 

ブルーナが初めてマチスの作品を見たのは21歳のときです。
マチスが晩年に4年間かけてデザインした、ヴァンスのロザリオ礼拝堂を訪れて、ステンドグラスや壁画をはじめとする作品に心打たれたそうです。
マチスの使った青と緑は、たしかにブルーナの作品にもよく登場しています。

 

マチス
≪ジャズ(一部)≫

ブルーナの絵本は、ブルーナ・カラーと呼ばれる6色で構成されています。
それは赤、青、黄、緑、茶、グレーの6色です。
中でもブルーナが最も大切にしたのが青です。ブルーナの世界では、空も海も青で表現されます。
マチスもまた、青をよく使いました。晩年の切り紙作品「ジャズ」には、ブルーナのような青が使われています。
というより、マチスの青に影響を受けたのが、ブルーナの青なのでしょう。

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

 

カタログ請求はこちら


 

 

 

ミッフィーもマチスが好きだった?

マチス
≪コリウールの開いた窓≫

ブルーナは次のようにも述べています。
「私はいつも枠のある窓辺に魅せられます。マチスは窓から見える風景を絵にしました。素晴らしいものです。私は外の世界を窓で囲まれた範囲から眺めるのが大好きなのです。」
ブルーナの絵本に窓がよく出てくるのはファンには周知の事実ですが、そこにはマチスの影響があったのですね。

ディック・ブルーナ
『うさこちゃん びじゅつかんへいく』
(福音館書店)

そんなブルーナは、自分の好きな美術を題材にミッフィーの絵本を描いていました。
タイトルはストレートに『うさこちゃん びじゅつかんへいく』。ミッフィーが美術館に出かけて、いろいろな作品を見ていろいろな感想を抱くおはなしです。
この本の表紙には、ミッフィーがもっとも感銘を受けた作品が描かれています。
それは、いろとりどりのうさぎの顔の型がランダムに並べられたものです。

 

アンリ・マチス
「植物」
作品詳細 >>

 

本文には、次のように書かれています。
「たくさんの うつくしい いろ。 まるで はさみで きりぬいたよう」
この絵も、マチスの切り紙の作品を思い起こさせます。
実は、ブルーナもまた、絵本の色を筆で塗るのではなく、ブルーナ・カラーの6色の色紙を切って作っていたのだそうです。だから、ブルーナの絵には塗りムラがありません。

 

 

ブルーナの絵は抽象美術?

ディック・ブルーナ
『うさこちゃん びじゅつかんへいく』(福音館書店)

ミッフィーは美術館で、ほかの絵も見ています。
たとえば、こんな絵。
どこかで見たような気がしませんか?

 

この絵は、ブルーナと同じオランダの画家、ピエト・モンドリアンやテオ・ファン・ドゥースブルフの抽象絵画を彷彿とさせます。

ピエト・モンドリアン
≪コンポジション≫

モンドリアンとドゥースブルフは、
デ・ステイル(ザ・スタイル)というグループを作って、様式美を追求しました。
ブルーナはこの美術運動にも影響を受けました。黒くて太い線と、赤青黄色の平面的な着色は、まさにブルーナの絵の世界です。

テオ・ファン・ドゥースブルフ
≪コントラ・コンポジション≫

ブルーナは子どもの頃は、同じオランダの画家レンブラントが好きだったそうですが、やがてマチスやレジェなどのフランス近代美術、そしてデ・ステイルなどオランダの現代美術を好むようになりました。
そうして、シンプルな線と明快な色彩が特徴のミッフィーを生み出して、世界中の子どもたちを喜ばせたのです。

 

ブルーナは惜しくも2017年に89歳で亡くなりましたが、2020年現在もNHKでアニメが放送されているように、そのキャラクターは今後もずっと生き続けます。

1954年に没したマチスの絵が今も愛されているように、芸術は永遠の命を持つのです。

 

参考文献:
『ディック・ブルーナの世界 パラダイス・イン・ピクトグラムズ』(駸々堂出版)
『ブルーナが語るミッフィーのすべて 絵本からグラフィックワークまで』(白泉社)

 

 

マチスお勧め作品

お問い合わせ >>

 

マチス作品一覧はこちら >>

 

現在、翠波画廊では「明るい気持ちになれる絵画展」として、
マチスなどの色彩豊かな画家の展示会を開いています。ぜひお立ち寄りください。

 

明るい気持ちになれる絵画展

開催中~3月28日(土)

10:00~18:00 日祝休廊

 

展覧会詳細 >>

 

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 


無料進呈中! 絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る