アートコラム

エコール・ド・パリの画家に恋した画商夫妻

2019/12/10

芸術の都パリで有名な美術館といえば、ルーブル美術館、オルセー美術館、そしてオランジュリー美術館です。
なかでもオランジュリー美術館は、印象派からエコール・ド・パリまで、フランス近代美術の最も華やかな時代の作品を集めて、人気を集めています。
現在、横浜美術館では30周年記念として『オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち』展を開催しています(2020年1月13日まで)。
12人の画家とは、いったい誰のことでしょうか?

 

 

オランジュリー美術館のコレクションの秘密

アメデオ・モジリアーニ
≪新しき水先案内人ポール・ギヨームの肖像≫

オランジュリー美術館に、印象派からエコール・ド・パリまで、つまり19世紀末から20世紀初頭の作品が集まっているのは、当時の絵画コレクターだったポール・ギヨームの収集品を基に作られているからです。
ポール・ギヨームはエコール・ド・パリの時代の画商です。モジリアーニやスーチンなど、エコール・ド・パリの画家を中心に、ピカソやマチスやルソーなどの前衛画家の作品を取り扱いました。
親交の深かったモジリアーニは、ポール・ギヨームの肖像画を何点か残しています。そのうちの一点≪新しき水先案内人ポール・ギヨームの肖像≫は、今回、横浜美術館に来日しています。
エコール・ド・パリの画家であるキスリングと同い年だったポール・ギヨームですが、残念ながら1934年に42歳の若さで亡くなりました。

マリー・ローランサン
≪ポール・ギヨーム夫人の肖像≫

そのコレクションを受け継いだのは、妻のドメニカ・ポール・ギヨームでした。ドメニカの肖像画も、ドランやローランサンによって描かれています。
まだ若かったドメニカは、ポールの死後に富裕な建築家のジャン・ヴァルテルと再婚し、さらにコレクションの拡充に励みます。
こうして集められた作品は、ドメニカの死後に「ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム コレクション」として、オランジュリー美術館に寄贈されました。
今回は、そのうち70点が横浜美術館に飾られています。

モジリアーニ作品一覧はこちら >>

ローランサン作品一覧はこちら >>

 

 

ルノワールとパリに恋した12人の画家って誰?

横浜美術館
「ジュニア鑑賞ガイド
・ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」より)

横浜美術館は開館30周年記念ということで、今回の『ルノワールとパリに恋した12人の画家たち』展にとても力を入れています。
子どもたちに大人気のポケモンとコラボレーションした「ジュニア鑑賞ガイド」まで作って、おおぜいの人たちに美術鑑賞の窓口を広げています。
今回、入手した「ジュニア鑑賞ガイド」には、ルノワールも含めて13人の画家が、顔イラストとともに紹介されていました。
その内訳は以下のとおりです。
印象派からは、オーギュスト・ルノワール、クロード・モネ、ポール・セザンヌ、アルフレッド・シスレーの4人。
印象派とエコール・ド・パリとの間をつなぐ画家たちとして、アンリ・マチス、パブロ・ピカソ、アンリ・ルソー、アンドレ・ドランの4人。
最後にエコール・ド・パリからは、モーリス・ユトリロ、マリー・ローランサン、アメデオ・モジリアーニ、シャイム・スーチン、キース・ヴァン・ドンゲンの5人です。

ユトリロ作品一覧はこちら >>

 

 

コレクションにまつわる黒いうわさ

キース・ヴァン・ドンゲン
≪ポール・ギヨームの肖像≫

キース・ヴァン・ドンゲンやアンドレ・ドランは、あまり日本では見ることができないので、この機会にぜひ足をお運びください。
それにしても、彼らがそれぞれに描いたポール・ギヨーム夫妻の肖像画を見ると、同一人物かとみまがうほどに印象が異なって見えます。
実は、ポール・ギヨーム夫人のドメニカには、フランスでは黒いうわさがついています。
ポール・ギヨームが若くして亡くなったことはすでに述べましたが、実はその後にドメニカが結婚した大富豪のジャン・ヴァルテルも交通事故で不審死を遂げています。

アンドレ・ドラン
≪大きな帽子を被るポール・ギヨーム夫人の肖像≫

また、当時のフランスの法律では未亡人が夫の遺産を相続をするためには息子が必要だったため、子どものいなかったドメニカは男子を養子として迎えているのですが、その息子も殺されそうになったというのです。
当然、世間の嫌疑の目は未亡人のドメニカとその愛人に向けられますが、証拠がなかったために逮捕とはなりませんでした。
しかし、口さがないマスコミに、ドメニカは悪女としてさんざん叩かれました。
ドメニカのコレクションが、「ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム コレクション」としてドメニカの名を冠していないのも、そのような理由からかもしれません。
一説によると、死後のコレクションの寄贈を条件に逮捕を免れたとまで言われていますが、真相は定かではありません。

 

 

展示の目玉はルノワールの出世作

ルノワール
≪ピアノを弾く少女たち≫

今回の目玉作品となっているのが、ルノワール≪ピアノを弾く少女たち≫です。
≪ピアノを弾く少女たち≫は、ルノワールが初めてフランス政府に買ってもらえた作品です。つまり、公的に良い画家として認められるようになった記念の絵となります。
ルノワールの友人であった詩人のマラルメが、当時の美術長官に熱心に売り込んだ結果、フランス政府からルノワールへの絵画制作の依頼が決まりました。
興奮したルノワールは、同じモチーフで6点の絵画を作って、最も完成度の高いものを選んで4000フランで売ったといいます。
フランス政府が購入した絵は、現在、オルセー美術館に所蔵されていますが、ルノワールの手元に残った5点のうち1点は、ルノワールの死後にポール・ギヨームのコレクションとなり、最終的にオランジュリー美術館に収められ、今回、企画展の目玉作品として横浜美術館に来日しています。

ルノワール作品一覧はこちら >>

 

 

翠波画廊でも現在「魅惑のフランス近現代絵画展」と題して、エコール・ド・パリの画家作品を展示しています。お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。

魅惑のフランス近現代絵画展

12月9日(月)~28日(土)

10:00~18:00 日祝休廊

 

展覧会詳細 >>

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る