fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

アンディ・ウォーホルの版画はなぜ人気?
商業展開を意識した芸術家の戦略

アンディ・ウォーホル「聖アポロニア 332」
1984年 シルクスクリーン 限定部数250部
(翠波画廊にて販売中)

アンディ・ウォーホルのキャリアは商業イラストレーターから始まりました。
コマーシャルな描き手として成功したのちに、ファインアートへと転じたのです。
そのためウォーホルは自らの作品制作においても商業展開を意識して、大量生産可能な版画に取り組みました。
また、ウォーホルは版画であっても作品価値が永続することを意識しました。
ですから、ウォーホルの版画は購入しやすく価値も高まりやすいところがあります。
今回はウォーホルの版画の投資価値について調べてみました。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


アンディ・ウォーホルの作品が高騰中!

ウォーホルの版画作品の平均販売価格推移(単位:英ポンド)
出典:MyArtBroker

アンディ・ウォーホルが1987年に亡くなってから36年が経ちますが、その作品の価値は今も上昇を続けています。
2020年にバンクシーをはじめとするストリートアートが大流行したとき、ウォーホルなどのポップアートが古臭いものと見られてマーケットがやや落ち込んだことがありました。しかしストリートアートの先駆者としてその価値が見直され、近年は再びアンディ・ウォーホルに脚光があたっています。
2022年に《ショット・セージブルー・マリリン》が美術品オークション歴代2位の約253億円で落札されたのがその象徴です。
歴代1位のダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》には及びませんでしたが、《ショット・セージブルー・マリリン》は《サルヴァトール・ムンディ》のように油彩ではなくシルクスクリーン版画であったことに注意してください。
当時ウォーホルはこの《ショット・マリリン》シリーズを色違いで5枚同時に制作しているにもかかわらず、これだけの価格になったことは驚きです。
もちろん《ショット・マリリン》シリーズには、シルクスクリーンの中でも特別に手間のかかる技法で作られているとか、拳銃で撃たれて(ショット)穴が開いたなどの固有性がついているとか、高価格になる理由はあります。
ウォーホル自身が、いわゆる大量複製を前提とした「版画」ではなく、一点ものの「作品」として売り出しているといった事情もあるでしょう。
オークションでの高額落札絵画トップ20を調べると、ウォーホルの作品以外はすべて油彩です。シルクスクリーンでランクインするウォーホルはまさに異次元の存在といえます。

コンプリートセットが貴重な理由

アンディ・ウォーホル《Marilyn》コンプリートセット1967年

アンディ・ウォーホルは生涯にわたって版画を作り続けたこともあって、その作品数は多く、比較的入手しやすいです。
そして版画作品は単体での作品価格がそれほど高額にならないこともあり、シリーズのセット販売などもよく行われています。
このセットは、いったんバラバラで販売されてしまうと後から揃えるのは困難であるため、すべてが揃ったコンプリートセットは希少価値が高く、高額で取引される傾向があります。特にエディションナンバーが揃ったセットは価値が高いです。
とはいえコンプリートセットの価格は、単体作品とはけた違いに高くなるため、予算の問題から単体作品を選ぶ人も多いです。
過去5年におけるウォーホルの版画の単体作品価格の年平均成長率は15%で、コンプリートセット価格の年平均成長率は26%でした。
個別の具体例でいえば1967年版《マリリン》のコンプリートセットは、2017年からの5年間で約245%の投資利益を生んでいます。
《マリリン》のコンプリートセットのこれまでの最高額は、2022年5月13日にニューヨークのクリスティーズで落札されたときの498万ドル(約6億4000万円)です。

アンディ・ウォーホルの版画は投資に向いている?

ウォーホルの単体版画の収益率(2017年から2022年にかけて)
出典:MyArtBroker

ウォーホルの版画の単体作品の92.3%は、過去5年間でプラスの利益を生んでいます。
ほぼ半数にあたる48.4%で利益が100%を超える、つまり価格が2倍以上になっています。
さらに全体の2.6%では利益が400%を超えました。
とはいえ、全体の7.7%では利益がマイナスになっているので、人気のない作品やコンディションの良くない作品を信頼のできない業者から購入したりすることのないよう注意が必要です。
ちなみにコンプリートセットに限れば、2017年から2022年の5年間で比較可能な24セットのすべてが、最低でもプラス20%の利益を出しています。
この5年間でウォーホルの版画の販売総量の年平均上昇率が2.5%ある一方で、販売総額の年平均上昇率は27%にのぼっています。これは市場規模の成長の大部分が作品価格の上昇によることを示しており、個々のウォーホルの版画価格の相場が大きく上昇していることを意味します。
たとえば、2022年に亡くなったエリザベス女王の若き日の肖像である版画《Queen Elizabeth II (F. & S. II.336)》 は、単体作品でありながら2017年からの5年間で約480%の利益を生みました。

翠波画廊では、アンディ・ウォーホル作品のご用意がございます。
作品はこちらよりご覧ください。

アンディ・ウォーホル おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

アンディ・ウォーホル 作品一覧はこちら >>


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?