fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

世界一有名な絵画はこれだ!
誰でも自由に使える名画の秘密とは?

世界一有名な絵画とは何でしょうか。
この質問に答えるのは簡単ではありません。
みんなが知っている名画はたくさんありますが、いろいろな意見があるので「一番」を決めるのは難しいです。
そこで今回は、ほとんどの人が「一番」と認める絵の候補を5点選びました。
次の5作品は、誰もがどこかで一度は見たことがあるような有名絵画です。
なぜかといえば、いずれも著作権保護期間が過ぎているので、パブリックドメイン(公共財産)としてアパレルやステーショナリーへの二次使用が盛んに行われているからです。

レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》

レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》

最初に紹介するのは、やはり《モナ・リザ》でしょう。
5点の中で最も古い作品ですし、現在にまでつながる西洋美術史の始まりを開いたルネサンスの記念碑的作品でもあるからです。
2023年現在、世界一高く売買された絵画は同じくダ・ヴィンチの描いた《救世主》で約508億円ですが、もし《モナ・リザ》が市場に出てきたとしたら、その記録は簡単に更新されるだろうと言われています。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


ヨハネス・フェルメール《真珠の耳飾りの少女》

ヨハネス・フェルメール《真珠の耳飾りの少女》

《真珠の耳飾りの少女》は《モナ・リザ》ほどの名声を得ているとは言えませんが、どこかで目にする機会はとても多いです。
作者のフェルメールは死後に忘れられた画家となり、その作品も30数点しか残っていませんが、再発見されてからは大人気となりました。
《真珠の耳飾りの少女》も1881年のオークションでは作者不詳とされて約1万円で落札されたのですが、落札後にクリーニングしたところ左上にフェルメールのサインがあることがわかって、のちに美術館に寄贈されることになりました。
日本ではフェルメール人気が高く、数少ない作品のうち《聖プラクセディス》は2014年のクリスティーズ・オークションで日本人が11億円で落札し、国立西洋美術館に寄託されて常設展示となっています。
《聖プラクセディス》の所有者は「くふうカンパニー」とクレジットされていて、取締役会長の穐田誉輝(あきたよしてる)氏の意向と目されています。穐田氏はカカクコムやクックパッドの社長を歴任してきたプロの投資家です。

エドワルド・ムンク《叫び》

エドワルド・ムンク《叫び》

ムンクの《叫び》は、ある意味では《モナ・リザ》よりも有名かもしれません。
なぜかといえば、古典的なリアリズムから脱した近代絵画であるために、ピカソのように奇妙な味わいがあって、いじられることが多いからです。
≪叫び≫というタイトルは、描かれた人物が叫んでいるからだと誤解されることが多いのですが、実際は得体のしれない叫び声を聴いて耳を塞いでいる場面だとムンク自身が記しています。ムンクは幻覚や幻聴に悩まされていたのです。
ところで、この《叫び》には5つのバージョンがあることをご存じでしょうか。
ここに掲載したのはオスロ国立美術館所蔵の油彩画ですが、そのほかにテンペラ画が1枚、パステル画が2枚、リトグラフが1枚残されています。
当時から人気が高かったために、何度も描かれたのだと考えられています。

フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》

フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》

ゴッホもたいへん人気のある画家ですが、生前にはたった1枚しか絵が売れなかった悲劇の人物として知られています。
世界的に見ると有名なのは《星月夜》のほうかもしれませんが、日本では《ひまわり》が特に人気があります。
なぜかといえば、この花瓶に生けられた《ひまわり》の7つのバージョンのうち2つが日本にあるからです。
ここに掲載したSOMPO美術館所蔵の《ひまわり》は、1987年に当時の美術品オークション高額記録を大幅に更新する約58億円で落札されたことで有名です。
新聞の一面トップを飾るニュースとなり日本人の記憶に焼き付きました。
もう1つは戦前に実業家の山本顧彌太が、武者小路実篤の依頼で購入したもので、阪神大空襲で焼失しました。
ゴッホ《ひまわり》が何枚も残されているのは、ムンク《叫び》のように人気があったからではなく、ゴッホ自身がひまわりの絵に固執していたからです。
一説では、アルルで住んでいた家の各部屋に飾るためにたくさん描いたのだそうです。

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》

葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」シリーズの1つ《神奈川沖浪裏》は、2024年から発行される新千円札の裏側に図があしらわれたことで、まさに誰でも知る絵画になりました。
作者の葛飾北斎は世界で最も有名な日本人とも言われており、アメリカの「LIFE」誌で、ゴッホを差し置いて19世紀最高の画家に選ばれています。
《神奈川沖浪裏》は浮世絵の版画なので、何十枚も刷られてたくさんの点数が現存しています。そのなかには状態の良いものとそうでないものがありますが、初期に刷られて発色も良く保存状態のよいバージョンは、2023年に約3億6000万円で落札されています。

異論・反論の種は尽きませんが……

みなさんの中には、もしかすると以上の5点のセレクションに満足しない方がいるかもしれません。
たとえば、このリストには、ピカソ《泣く女》やダリ《記憶の固執》やウォーホル《マリリン・モンロー》といった有名絵画が入っていません。これらはまだ著作権保護期間が切れていないので、人々の目に触れる機会が少ないのです。
また、ボッティチェッリ《ヴィーナスの誕生》は、すでにパブリック・ドメインになっていて目にすることも多いのですが、女性のセミヌードが中心になっているので使いどころが難しいのです。
今回の5点は多くの人が考える有名絵画の最大公約数を目指しました。NHKの美術教養音楽番組「びじゅチューン!」でも、もれなくとりあげられています。

[びじゅチューン!] お局のモナ・リザさん | NHK
[びじゅチューン!] 真珠の耳飾りのくノ一 | NHK
[びじゅチューン!] ムンクの叫びラーメン | NHK
[びじゅチューン!] ひまわりがお掃除しちゃうわよ | NHK
[びじゅチューン!] ザパーンドプーンLOVE | NHK


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?