絵画買取MENU

アートコラム Column

メルマガ配信アートコラム

あなたの好きな画家も映画になっている?

多くの画家が伝記映画の主人公になっています。
7月の記事「画家の人生は映画の題材にうってつけか?」では、翠波画廊の書籍『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』でとりあげた11人の画家を中心に、過去の映画をご紹介しました。

今回は、2017年から2018年にかけて日本で新たに公開となった画家の映画をご紹介します。

 

まず、2017年1月28日に日本で劇場公開された映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』です。こちらは伝記映画ではなく、史料を駆使してダ・ヴィンチの人物像に迫るドキュメンタリー作品です。
ちなみにダ・ヴィンチの伝記映画については、レオナルド・ディカプリオ主演で製作される予定です。なんとディカプリオの名前レオナルドの由来は、レオナルド・ダ・ヴィンチにあるそうで、完成が楽しみです。
といっても、映画というものはしばしば製作中止になるので、実現するかどうかはまだわかりません。以前にアル・パチーノ主演でマティスの伝記映画を作るという話がありましたが、その後、音沙汰がなくなっています。

 

同じく、2017年1月28日に日本で劇場公開されたのが『エゴン・シーレ 死と乙女』です。エゴン・シーレはエコール・ド・パリと同時代にオーストリアで活躍した画家で、クリムトの弟子として知られています。シーレは28歳で夭折したことと、その作風が尖っていたこともあり、悲劇の天才画家として人気があります。その生涯は、1980年にも『エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々』というタイトルで映画化されました。

 

ちなみに、愛人と私生児の数が多かったことで知られる師匠のクリムトも、2006年の映画『クリムト』でその人生が描かれています。クリムトについては、2015年の映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』が、伝記映画ではありませんが、その作品を題材にしています。クリムトに興味がなくても面白く観られるのでおすすめです。

 

続いて、2017年9月2日に日本で劇場公開されたのが、画家セザンヌと作家ゾラの友情を描いた映画『セザンヌと過ごした時間』です。セザンヌとゾラは少年時代からの親友でしたが、ゾラが有名になっていく一方で、セザンヌはなかなか芽が出ず、とある事件をきっかけに友情が決裂してしまいます。

▲『ゴッホ 最期の手紙』チラシより

 

そして、2017年11月3日に日本で劇場公開された映画が『ゴッホ 最期の手紙』です。この映画は、まず実写で俳優に演技させた後に、それをすべてゴッホ風の油絵でアニメーション化したことで話題になりました。制作には世界中から応募のあった画家5000人から125人が選ばれ、合計で6万2450枚の油絵が描かれたそうです。12月現在もまだ劇場公開中なので、興味のある方は足を運んでみてください。

 

次に、2017年12月16日に日本で劇場公開されるのが映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』です。15世紀オランダの画家ボスは、現存する絵画がおよそ30点、史料も少なく、その生涯が謎に包まれています。本作品はフィクションではなく、ボスがどのような画家であったかを解き明かすドキュメンタリーとのことです。

それから、2018年1月27に日本での劇場公開が予定されているのが映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』です。ゴーギャンは映画化ではゴッホと並ぶ人気画家で、日本公開映画を数えただけでも3本目になります。脱サラして画家への転身、ゴッホとの同居生活、南国タヒチでの幼妻との生活、薬物摂取と自殺未遂など波乱万丈の人生なので、どこをどのように切り取るかが映画製作者の腕の見せ所でしょう。

 

さらに、2018年3月3日からは、映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の劇場公開が予定されています。モード・ルイスは20世紀のカナダの画家です。家が貧しく、正式な美術教育を受けたことはありませんが、独学でポストカードなどを描きはじめ、その絵が人気を博して国民的な画家になります。日本ではこれから有名になる画家だと思います。

▲熊谷守一「干し大根」

 

最後に、日本の画家・熊谷守一を描いた映画『モリのいる場所』が、2018年5月に劇場公開予定となっています。1880年生まれの熊谷守一は、76歳のときに脳卒中で倒れて以降20年間、家から一歩も出ずに絵を描き、小さな庭を愛でて飄々と暮らしたそうです。映画は伝記ではなく、そんな熊谷の晩年の一日をフィクション仕立てで描いたものです。

 

実は今年2017年は、97歳で亡くなった熊谷守一の没後40周年に当たります。そこで2017年12月1日から2018年3月21日まで、東京国立近代美術館で「熊谷守一展」が開かれています。独特の魅力があるので、まだ熊谷守一を知らない方は、是非ご覧になってください。富裕層の生まれなのに貧乏生活を送り、「画壇の仙人」と呼ばれた熊谷守一の作品は、翠波画廊でも取り扱っています。

 

熊谷守一の作品一覧はこちら >>

 

 



関連リンク

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

  分割でのお支払いもご利用いただけます。
  ※10回までの分割金利は当社が負担いたします。

ご購入・絵画販売について >>

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス >>