絵画買取MENU

アートコラム Column

メルマガ配信アートコラム

最も偉大なアメリカ人画家とは?

 

2017年までに、最も高額で取引された絵画のベスト15を眺めると、そうそうたる画家の名前が挙がっています。ダ・ヴィンチ、セザンヌ、ゴーギャン、モディリアーニ……一方で、ゴッホ、モネ、ルノワールといった名だたる画家の作品はベスト15の圏外です。
その中で、3人の画家が複数作品でランクインしています。ピカソ、デ・クーニング、そしてポロックです。今回は、ジャクソン・ポロックに焦点をあててみましょう。

 

ジャクソン・ポロック 「ナンバー17A」 1948年 油彩

 

最も高額で取引されたジャクソン・ポロックの絵画は、1948年に描かれた「ナンバー17A」。ドリッピングの技法を使い始めた初期の絵で、いわゆるポロックらしさに溢れています。
売買価格は、およそ2億ドル。2015年に、デヴィッド・ゲフィンが投資家のケネス・グリフィンに売却しました。
このとき、顧客のグリフィンはデ・クーニングの「インターチェンジ(Interchange)」も同時に買い、2枚で5億ドルを支払ったとされています。
ポロックとデ・クーニングは、どちらもアメリカの抽象表現主義の画家で、ニューヨーク・スクールの一員でした。

ジャクソン・ポロックは1912年、ワイオミング州で、男ばかりの5人兄弟の末っ子として生まれました。アルコール依存症の父は転職を繰り返した末に家出し、母は生活に追われて冷淡になり、あまり幸せな幼少期ではありませんでした。そのせいかポロックは素行も悪く、喧嘩のせいで軍隊や高校を退学になっています。
画家を目指したポロックは30歳頃まで無名でしたが、富豪のコレクター、ペギー・グッゲンハイムに目をつけられて名を上げます。やがて、ドリッピングの技法を使い出すと、「ライフ」誌で「ジャクソン・ポロックは現存するアメリカのもっとも偉大な画家か?」という特集を組まれて人気作家になります。
その活躍は長く続きませんでした。1956年、44歳のときに、飲酒運転による自動車事故でポロックは世を去ります。同乗していた愛人ルースは一命を取り留めましたが、一緒にいた彼女の友人は死亡しました。

波乱万丈のポロックの人生を、研究者のスティーヴン・ネイフとグレゴリー・ホワイト・スミスがまとめた伝記「Jackson Pollock: An American Saga」(未訳)は、1991年のピューリッツアー賞伝記部門を受賞しました。
その伝記を原作として、作られたのが映画『ポロック 2人だけのアトリエ』です。映画の原題はただ「Pollock」ですが、邦題では妻である画家リー・クラズナーの存在を大きくしています。実際、酒浸りだったポロックを立ち直らせ、「あなたは天才だ」と褒めて勇気づけ、マネージャーとして画商に売り込んだのは、姉さん女房のリーです。彼女がいなければ、ポロックは見出されることがないまま、歴史の闇に埋もれていたかもしれません。

 

映画『ポロック 2人だけのアトリエ』より

ところが、死の直前は愛人の存在などから夫婦の関係は悪化していました。ポロックが自動車事故で亡くなったのは、妻のリーが単身でヨーロッパへ旅立った一か月後のことです。

ポロックの絵は、たっぷりと絵具をつけた筆から絵具をしたたらせて描くもので、ドリッピングとかアクションペインティングと呼ばれました。
重力や慣性の法則によってつくられる線は美しく、何よりもまったく新しい絵であったことから、当時はたいへんな話題を呼びました。いきなりやってきた名声に、ポロック自身が振り回されてしまった面もあるのでしょう。
ポロックを献身的に支えてきた妻のリーは、ポロックの死後は自分の絵の製作に打ち込み、75歳の天寿を全うしました。

華やかな成功を収めたアーティストが、人気のピークを超えたところでスランプに苦しみ、酒に溺れて、愛人と共に自動車事故で死亡というのは、ロックバンドT.REXのマーク・ボランを彷彿とさせます。このような死に方はアーティストを神格化するものでもあります。
実際ポロックの人生は、芸術家のストーリーとしても人々を魅了するものでした。

フランシス・ゴヤの「裸のマハ」からペンネームを取ったとされる作家の原田マハさんは、2017年の小説『アノニム』でジャクソン・ポロックを題材にしました。元美術館キュレーターで、画家をモチーフにした作品で知られる彼女は、そのほかにも短編集『ジヴェルニーの食卓』でモネ、セザンヌ、ドガ、マチスを、『楽園のカンヴァス』でルソーを、『暗幕のゲルニカ』でピカソを、そして最新作『たゆたえども沈まず』ではゴッホを描いています。

 

余談ですが、ポロックの伝記を書いてピューリッツアー賞を受賞した2人は、後に、ゴッホの残された手紙から伝記『ファン・ゴッホの生涯』(国書刊行会)をまとめ、そこでゴッホの死は自殺ではなかったとの新説を披露しています。
ゴッホもポロックも、生活面ではいろいろと難があったようですが、それゆえに狂気の天才のイメージが定着し、人気が高まった面があるのでしょう。

 

 

高額取引絵画ベスト15(2017年12月現在)
1. ダ・ヴィンチ「サルバトール・ムンディ」2017年、約4億5000万ドル
2. デ・クーニング「インターチェンジ」2015年、約3億ドル
3. セザンヌ「カード遊びをする人々」2011年、約2億5000万ドル
4. ゴーギャン「いつ結婚するの?」2014年、約2億1000万ドル
5. ポロック「Number 17A」2015年、約2億ドル
6. ロスコ「No.6」2014年、約1億8600万ドル
7. レンブラント「マールテン・ソールマンスとオーペン・コーピットの肖像」2015年、約1億8000万ドル(2枚1組)
8. ピカソ「アルジェの女たち(バージョンO)」2015年、約1億7900万ドル
9. モディリアーニ「横たわる裸婦」2015年、約1億7000万ドル
10. リキテンスタイン「マスターピース」2017年、約1億6500万ドル
11. ピカソ「夢」2013年、約1億5500万ドル
12. クリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ」2016年、約1億5000万ドル
13. ベーコン「ルシアン・フロイドの3つの習作」2013年、約1億4200万ドル(3枚1組)
14. ポロック「No.5,1948」2006年、約1億4000万ドル
15. デ・クーニング「女性Ⅲ」2006年、約1億3700万ドル

 

 

翠波画廊では20世紀巨匠から現代アーティストまで
 幅広い作品を取り揃えております。
ぜひご覧ください。

翠波画廊取り扱い作家 一覧 >>



関連リンク

ご購入にお得な3つの特典

  • 特典1
    作品はすべて額装でお届け
    作品に相応しい額を付けていますがご希望があれば交換も可能です。
  • 特典2
    配送時の保険・送料は当画廊が負担
    お客様のもとへ作品が届くまでの費用は一切かかりません。
  • 特典3
    30日以内の返品受付、返品保証
    お部屋に飾って合わない場合は30日以内の返品を受け付けております。

※分割払いをご希望の場合は、10回まで無金利でご利用いただけます。

ご購入・絵画販売について

来店のご案内

ぜひ画廊にお越しいただき、現品をご覧ください。

展示会等に出品中で、作品等が店頭にない場合がございます。
ご希望の作家、作品がございましたら、事前に電話やメールにてお問い合わせください。

アクセス