fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

有名画家の子孫は何をしているのか?(その2)
~芸術家の血を受け継ぐルノワールとマティスの系譜

功成り名を遂げた画家は多くの遺産を子孫に受け継がせます。
ピカソは生涯で15万点の作品を制作し、そのうち4万5000点を子孫に残し、遺産総額は7500億円にのぼったと言われています。
ピカソの子孫から相続税を徴収するために、フランス政府がわざわざ現物納付の制度を作ったほどです。 ピカソほどでなくても、有名画家の子孫は莫大な財産を受け継いで、その管理だけで暮らしていくことができると言われています。
彼らはその後どのような暮らしをしているのか、調べてみました。

 

 

才能を受け継いだ、ルノワールの子孫

前回ご紹介したゴッホの子孫のテオドルス・ファン・ゴッホのような映像プロデューサーとして思い当たるのは、ルノワールの子どもたちです。
印象派画家のルノワールには3人の息子がいました。この3人のうち2人は、絵画に代わって台頭してきた映画芸術に携わる仕事につきました。
長男のピエール・ルノワールは俳優になり、『天井桟敷の人々』など、いくつかの映画に出演しました。
次男のジャン・ルノワールは高名な映画監督になり、後に、アカデミー賞名誉賞やフランス政府のレジオンドヌール勲章などを受賞しています。
三男のクロード・ルノワールは陶芸家となり、ルノワールの遺産の管理人となりました。

ルノワール≪ジャン・ルノワールの肖像≫1910

ちなみに、長男のピエール・ルノワールの息子、つまり画家ルノワールの孫は叔父と同じクロード・ルノワールという名前で、映画の撮影カメラマンとなりました。彼はもう一人の叔父のジャン・ルノワール監督の映画のほか、人気映画『007/私を愛したスパイ』やピカソのドキュメンタリー映画『ミステリアス・ピカソ 天才の秘密』などで撮影監督を務めました。
このクロード・ルノワールには子どもが2人います。画家のルノワールの曾孫にあたるこの2人の兄妹も映像芸術の担い手になりました。
兄のジャック・ルノワールは父と同じく映画の撮影監督となり、妹のソフィー・ルノワールは女優として活躍しました。彼女はエリック・ロメール監督の映画『友だちの恋人』などに出演しています。

 

では、ルノワールの子孫には結局、画家は誕生しなかったのでしょうか。
いいえ、実は他にも子どもがいたのです。
あまり知られていませんが、ルノワールもピカソのようにプレイボーイとして有名でした。
ルノワールの描いた女性の絵を見れば、彼がさまざまな女性を愛してきたことがわかります。
ルノワールが愛妻アリーヌ・シャリゴと正式に結婚したのは49歳のときですが、交際自体はその10年前から続いていて、婚姻前にはすでに長男のピエールが生まれていました。
ルノワールがなかなか結婚しなかったのは、他にも交際相手がいたからです。例えばユトリロの母であるシュザンヌ・ヴァラドンもルノワールのモデル兼恋人の一人でした。ユトリロの父はルノワールではないかとの説まであります。
そして、初期にルノワールの絵のモデルとなったリーズ・トレオは、ルノワールの娘のジャンヌ・トレオを産んでいます。ルノワールは生前には決して認知しませんでしたが、晩年は密かにジャンヌに経済的援助をしていました。
さらに、同時代の女性画家フレデリック・ビソンもルノワールの娘リュシエンヌ・ビソンを産んでいます。婚外子として育ったリュシエンヌは、両親のようにパリで画家となりました。エコール・ド・パリの時代のことです。

 

 

 

アーティスト・ファミリーとなったマティスの子孫

画家の子孫のよくあるパターンは、やはり美術業界で生きていく道です。その中には、芸術家や画商として成功する人もいます。
アンリ・マティスには3人の子どもがいました。
長女のマルグリット・マティスは父の財産管理人となり、長男のジャン・マティスが彫刻家となる一方、次男で末っ子のピエール・マティスはニューヨークに渡って、画商として成功しました。
画商ピエール・マティスは現代美術の中心地がパリからニューヨークへと移り変わる以前に、ヨーロッパのアートをアメリカで紹介して、時流に乗りました。
彼はミロやシャガールといった大御所から、ポロックやバルテュスといった新進画家まで幅広く現代アートを扱い、ビジネスで成功します。

アンリ・マティス≪ピエール・マティスの肖像≫1954

 

ピエール・マティスは、その商売柄、さまざまなアーティストと交流がありました。そのためか3人の子どもたちのうち2人は、長じて現代アーティストとなります。
ポール・マティスジャクリーン・マティスです。この2人はアンリ・マティスの孫に当たります。
また、ピエール・マティスは3回結婚しましたが、最初の妻アレクシーナ・マティスはピエール・マティスとの離婚後に、あのマルセル・デュシャンと再婚してアレクシーナ・デュシャンとなりました。 そのため、ポールやジャクリーンを含む3人の子どもたちは、デュシャンを義父として持つことになります。まさにアーティスト・ファミリーですね。
さらに、彫刻家ポール・マティスの娘であるソフィー・マティスは、アメリカの現代アーティストとして、父のポールや叔母のジャクリーンよりも有名になりました。
ソフィー・マティスは曽祖父が高名な画家アンリ・マティスで、祖父が画商のピエール・マティス、義理の祖父がマルセル・デュシャン、父親も叔母もアーティストという家柄から、「アートの王族」と呼ばれています。
ソフィー・マティスの娘のガイア・マティスは、セレブ一家の娘として20代ニューヨーカーのカリスマとも言われ、トランプ元大統領の娘のティファニー・トランプとも交流があります。

 

 

マティス作品一覧はこちら >>

 

有名画家の子孫は何をしているのか?(その1)~遺産の管理に追われるゴッホとピカソの系譜


 

 

アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?