アートコラム

村上隆が描いたCDジャケット

2020/07/27

日本の現代アートといえば、村上隆、奈良美智、草間彌生の3人の名前がすぐにあがってくるでしょう。
子どもの頃から好きだったアニメと、東京藝大で学んだアートとを組み合わせた作品を発表していた村上隆の名前が一躍知れ渡ったのは2008年のことです。
村上隆の制作した、エロティックなアニメ風キャラクターの等身大彫刻≪My Lonesome Cowboy≫が、日本人作家の作品としては過去最高額の1516万ドル(約16億円)で落札されたからです。
この記録は、2019年に奈良美智の絵画≪Knife behind back≫の落札で塗り替えられるまで10年以上も輝き続けました。
今回は、村上隆が手掛けたレコードジャケットの特集です。

 

ゆず『ユズモア』SENHA&Co.(2002)村上隆

早くから村上隆に目をつけたゆず

オークションでの記録的落札が話題になった2008年以前から、村上隆は日本の現代アートシーンでよく知られた存在でした。
ともすればワビサビと言って暗く沈んだトーンになりがちな日本美術界の中で、若手とはいえ、アニメを意識したポップでカラフルな作風は目立っていました。
2002年には村上隆の絵が、フォークソングデュオのゆずの4枚目のアルバム『ユズモア』のジャケットデザインと、アルバムからのシングル曲『アゲイン2』のミュージックビデオに起用されています。

ゆず「アゲイン2」Music Video

 

 

ゆず『またあえる日まで』SENHA&Co.(2002)村上隆

同じ年には、映画『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』の主題歌に選ばれたゆずのシングル曲『またあえる日まで』のアートワークも担当しました。
ゆずという人気スターを前面に押し出してはいるものの、村上隆の絵も脇役ながら驚くほどの存在感を放っています。
現代アート界随一の戦略家として知られる村上隆は、自分が考案した花のキャラクターを使うことで、村上隆自身のブランディングも同時に行っているかのようです。

 

ゆず『1~ONE~』SENHA&Co.(2004)村上隆

通常、ミュージシャンとアーティストのコラボレーションはアルバム1枚と、それに伴ういくつかのシングル曲だけで終わるものです。
アルバムごとに異なるテイストを打ち出したいミュージシャンは、同じアーティストを使うことで、前と同じように見られるのを避けたいからです。
しかし、ゆずは2年後の6枚目のアルバム『1~ONE~』で、再び村上隆をアートワークに起用しました。よほど気に入られたのでしょう。

翌年に発売された、ゆずの初めてのベストアルバム『Home [1997-2000]』と『Going [2001-2005]』の2枚も村上隆がジャケットデザインを担当しました。
アート作品では時にエログロも辞さない村上隆ですが、CDジャケットのようなコマーシャルワークではクライアントの意向に沿うかのように、さわやかな面を強調しています。
作風が異なっていても、村上隆が手掛けたことがわかるようになっているのはさすがです。

 

ゆず『Home [1997-2000]』
トイズファクトリー(2005)村上隆

 

ゆず『Going [2001-2005]』
トイズファクトリー(2005)村上隆

 

現代アート好きのカニエ・ウェストに見初められる

やがて村上隆の名前は国内にとどまらず海外にも広まっていきました。
そんな村上隆を次に起用したのが、現代アート好きとして有名なヒップホップアーティストのカニエ・ウェストです。

 

Kanye West『Graduation』
Roc-a-Fella(2007)村上隆

2007年のアルバム『グラデュエーション』と、そこからカットされた5枚のシングル曲のアートワークは、すべて村上隆の手によるものとなりました。
カニエ・ウェストは、音楽ファンではない日本人にはなじみのない名前かもしれませんが、アメリカではプロデュースする曲のすべてがヒットするナンバーワンアーティストで、グラミー賞を20回以上も受賞したレジェンドです。
当然『グラデュエーション』も大ヒットとなり、シングル曲『ストロンガー』はアメリカ国内で500万枚以上も売れました。
カニエ・ウェストの曲とともに、村上隆のアートワークも全米に広まりました。
漢字で「蟹江」と書いてみたり、カタカナで「カニエ」と記してみたり、遊び心満載のジャケットは、日本人アーティスト村上隆の面目躍如となりました。

 

Kanye West『Can’t Tell Me Nothing』
Roc-a-Fella(2007)村上隆

 

KanKanye West『Stronger』
Roc-a-Fella(2007)村上隆

 

Kanye West『Good Life (featuring T-Pain)』
Roc-a-Fella(2007)村上隆

 

Kanye West『Flashing Lights (featuring Dwele)』
Roc-a-Fella(2007)村上隆

 

Kanye West『Homecoming (featuring Chris Martin)』
Roc-a-Fella(2008)村上隆

ちなみに、カニエ・ウェストは『グラデュエーション』の次のアルバムではカウズを起用し、その次のアルバムではジョージ・コンドにアートワークを任せました。
超富裕層のセレブであるカニエ・ウェストは、現代アートのコレクターとしても有名です。
近年のカニエ・ウェストは、2024年の大統領選挙への出馬を表明して騒がれました。
4年後のことなのでどうなるかはわかりませんが、アメリカでは元俳優のロナルド・レーガンや不動産王のドナルド・トランプが大統領になっていますから、ミュージシャン出身の大統領の誕生も十分にありえるでしょう。

 

ミュージシャンに合わせて作風を変える対応力

AKB48『涙サプライズ』キングレコード(2009)村上隆

カニエ・ウェストとのコラボレーションを終えた村上隆が、次に受けたオファーは、あの秋元康がプロデュースする国民的アイドルグループAKB48のアートワークです。
2005年に結成されたAKB48は、CDを買うと中に封入された握手券や人気投票券が手に入るとあって社会現象ともいえる人気を巻き起こしました。熱心なファンが同じCDを何枚も買うことでCDの売上も上々でした。
村上隆がジャケットデザインを手掛けた2009年は、ちょうどその人気がうなぎのぼりだった頃です。村上隆は着実に人気者とコラボレーションを重ねていきました。
やんちゃなイメージのカニエ・ウェストのジャケットとは作風がまったく異なりますが、その違いが、逆に批評性すら感じさせます。

 

ゆず『LAND』SENHA&Co.(2013)村上隆

その後、しばらくコマーシャルワークから離れていた村上隆ですが、2013年のゆずの11枚目のアルバム『LAND』で、久しぶりにジャケットデザインに復帰します。
近年は、鬼や妖怪を描くことの多い村上隆は、ゆずのアルバムジャケットでも、サーカスの芸人など異形の者たちを登場させました。
村上隆といえば、いまだにアニメ調の絵が代表作であると思っている人も多いのですが、アーティストは常に変化や進化し続けるものです。

 

ゆず『ゆずイロハ 1997-2017』SENHA&Co.(2017)
村上隆、名和晃平、東信

ゆずのデビュー20周年を記念したオールタイムベストアルバムのジャケットでは、デビュー当時からのゆずのマスコットキャラクター・ゆず太郎を、これまでにゆずとコラボレートしてきた3人のアーティストがそれぞれにリミックスする表現手法がとられました。
ジャケットの真ん中にいる黄色いオリジナルのゆず太郎に対して、右端が村上隆のゆず太郎、左端が彫刻家・名和晃平のゆず太郎、左から二番目がフラワーアーティスト東信(あずままこと)のゆず太郎です。

 

Kids See Ghosts『Kids See Ghosts』
Good Music(2018)村上隆

続けて2018年には、カニエ・ウェストとキッド・カディの2人によるユニット「Kids See Ghosts」(子供たちは幽霊を見る)のアルバムジャケットをデザインしました。
今回は、アニメではなく日本画の村上隆で、幽霊のような妖怪のような生きものが描かれています。
ぱっと見ではいわゆる村上隆っぽくはないものの、よく見ると左側には、村上隆バージョンのゆず太郎のような、丸い顔をしたキャラクターが描かれていて、それとわかります。

 

さらに2019年には、まだ10代の才能あふれるシンガーソングライター、ビリー・アイリッシュの『you should see me in a crown』のミュージックビデオの監督をしています。
ビリー・アイリッシュはこの曲を含むデビューアルバムで、2020年のグラミー賞主要4部門すべてを独占受賞しました。これは1981年のクリストファー・クロス以来、39年ぶり史上2人目の快挙でした。

 

Billie Eilish – you should see me in a crown (Official Video By Takashi Murakami)

 

J. Balvin『Colores』Universal Latino(2020)村上隆

2020年現在、村上隆によるアートジャケットの最新作は、J・バルヴィンの7枚目のアルバム『コロレス』です。コロレスとは、スペイン語でカラーズ(色)を意味します。
J・バルヴィンは南米コロンビアのシンガーソングライターで、スペイン語で歌っているのにもかかわらず、アメリカのヒットチャートで1位に輝いた人気ミュージシャンです。
スペイン語のレゲエやラップと、ラテン系のサルサ音楽などが組み合わさった、レゲトンと呼ばれる音楽を得意としていて、ラテン系アーティストとしては例外的にグローバルな人気を獲得しました。
人気者とあれば村上隆の出番です。カラフルでポップな初期の村上隆の作風で彩られた『コロレス』は、南米にまで村上隆の名を広めるかもしれません。

 

村上隆お勧め作品

お問い合わせ >>

 

村上隆作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓


配信希望のメールアドレスをご記入ください 

メールアドレス
※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシー >

※携帯、スマートフォンのメールアドレスに返信ご希望の方は、当画廊(info@suiha.co.jp)のメールアドレスからのメールを受信可能な状態にしていただきますようお願い致します。

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る