fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

フランスの女流画家といえば?
~18世紀のエリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブランから20世紀のローランサンまで

3月8日は女性の日です。1904年3月8日にニューヨークで起きた、婦人参政権のデモを記念して、国際女性デーが提唱されたのです。
2018年3月8日も、スペインで約540万人が参加した、男女平等を求める2時間のストライキがありました。
絵画の世界でも、かつては女性が差別されていました。正統な歴史画では男性の裸体が必須だったために、女性は絵画教育のアカデミーから締め出されていたのです。
それでも、個人としての技量を背景に、名を挙げた女性画家はわずかながら存在しました。
また、19世紀以降アカデミーが女性に徐々に門戸を開くと、数多くの女性画家が生まれました。
今回はフランス近代絵画における女性画家の活躍を見てみましょう。

 

18世紀フランスで最も有名な女性画家は、エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン(1755-1842)です。当時の女性画家の例にもれず、エリザベートも画家の父親から絵を習いました。女性はアカデミーに入学できなかったので、身内からしか学ぶ機会がなかったのです。
裸体を描くことが許されなかった女性画家の常として、エリザベートは肖像画家として身を立てました。そして王妃マリー・アントワネットの肖像を描いて気に入られたことが、エリザベートの地位を確かなものにしました。革命で王妃が処刑された後は他国に亡命しましたが、外国でもその腕は高く評価されました。

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン「自画像」1790

 

19世紀フランスで最も有名な女性画家は、ローザ・ボヌール(1822-1899)です。ローザは、女性画家として初めてフランス政府からレジオンドヌール勲章を受けるなど、女性の地位を高めました。
画家であった父に絵を学び、サロンに参加するようになったローザは、すぐにその技量を認められて何度もメダルを獲得し、国際的にも有名になります。
同性愛者だったローザは女性のパートナーとともに暮らしたり、男性の格好をしたりと当時の規範を逸脱していましたが、特別の才能を持つ芸術家として、その行動も許容されました。

ローザ・ボヌール「ニヴェルネの耕作」1849

 

19世紀フランス近代絵画といえば、印象派の誕生が有名です。その印象派展には、女性画家が3人参加していました。
1人目は、地元の画家の私塾で学んだマリー・ブラックモン(1840-1916)です。マリーは画家のフェリックス・ブラックモンと結婚し、夫婦で印象派展に参加しました。
2人目は、裕福な家に生まれ、お嬢様の手習いとして絵を学んだベルト・モリゾ(1841-1895)です。美しかったベルトはマネのモデルを務め、マネの弟と結婚しました。
3人目は、フランス系アメリカ人で、パリに絵の勉強に来たメアリー・カサット(1844-1926)です。カサットはピサロに絵を学び、印象派の絵をアメリカに紹介しました。
4人目として、印象派展には出品していないものの、マネの唯一の弟子だったエヴァ・ゴンザレス(1849-1883)も、印象派の女性画家に数えられることがあります。

 

ベルト・モリゾ「夏の日」1879

 

メアリー・カサット「ボックス席で真珠のネックレスをつけた女性」1879

 

やや時代は下って、19世紀後半に名を残したのが、世間的にはモーリス・ユトリロの母として知られるシュザンヌ・ヴァラドン(1865-1938)です。貧困層の私生児として生まれたシュザンヌは、やがて絵画モデルとして働くようになり、ルノワールやロートレックの絵にその姿を何度も残しています。

そのうちに自らも絵を描くようになったシュザンヌは、その技量をロートレックやドガに見込まれて、フランス国民美術協会初の女性会員になりました。その一方で、私生児として産んだユトリロのことはなかなか認めず、絵も教えなかったそうです。

 

シュザンヌ・ヴァラドン「自画像」1898

 

次に、20世紀前半のフランス女性画家といえば、マリー・ローランサン(1883-1956)です。やはり私生児として生まれたマリーですが、この頃にはアカデミーも女性の入学を認めていたために、高校卒業後に普通に画家を志します。アカデミーでブラックと知り合いになったマリーは、ブラックを通じてピカソやアポリネールなど、当時の前衛芸術運動(キュビスム)の仲間になりました。その独自の作風から、さまざまな外国人画家の集まりであるエコール・ド・パリの一員に分類されています。

 

マリー・ローランサン「ココ・シャネルの肖像」1923

 

20世紀後半のフランス女性画家として名声を博したのが、ニキ・ド・サンファル(1930-2002)です。1930年生まれのニキは草間彌生と一歳違いです。ニキはフランス人の父とアメリカ人の母との間に生まれて、3歳のときにアメリカに移住したので、育ったのはアメリカです。しかし、絵を描き始めたのは、22歳でパリに戻ってからなので、画家としてのキャリアはフランスで積んでいます。
正式な美術教育を受けていないニキですが、絵の具を仕込んだキャンバスをライフルで打つ射撃絵画などのパフォーマンスが認められて、ヌーヴォー・レアリスムの一員になると、斬新な発想で現代アートの旗手となりました。

男女平等がうたわれる現在、草間彌生を始めとして女性画家の数はだいぶ多くなりました。女性の地位向上のために尽力した先達に敬意を表しつつ、今後の新しい女性画家の登場に期待しています。

 

ローランサン 作品一覧はこちら >>

 

草間彌生作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?