fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

草間彌生のオークション落札価格ランキングトップ12!
会員限定コラム特別公開中!

2023年、草間彌生とルイ・ヴィトンのコラボレーション・キャンペーンが世界を席巻しています。
パリのシャンゼリゼ通りにはビルよりも背が高い草間彌生人形が出現し、ニューヨーク、ロンドン、東京のルイ・ヴィトン店舗のウィンドウディスプレイでは、草間彌生を模したヒューマノイドロボットが水玉を描くパフォーマンスを行っています。
新宿のビルボードには3Dアートの草間彌生も現れました。
今回は、毎年のように記録更新する草間彌生のオークション落札価格ランキングを紹介します。

Louis Vuitton x Yayoi Kusama Around the Globe | LOUIS VUITTON

1.草間彌生《Untitled (Nets)》1959年(出典:Phillips)約13億5000万円(2022年)

草間彌生の史上最高額作品は、2022年にフィリップス・ニューヨークにて1050万米ドルで落札された油彩キャンバス《無題(網)》です。
この作品は「無限の網」シリーズ最初期のもので、事前見積価格の倍以上で落札されて草間彌生のオークションレコードとなりました。
2022年の草間彌生はオークション売上高の総計で、存命アーティストとしてはゲルハルト・リヒターに次ぐ2位となり、史上最も成功した女性画家となりました。
2022年にオークションで販売された草間彌生作品の数は900点以上にのぼり、そのうち半数(46%)はシルクスクリーンなどの版画でした。

 

2.草間彌生《Pumpkin (L)》2014年(出典:Sotheby’s)約10億5000万円(2023年)

2023年4月5日に香港で行われたサザビーズのオークションに、草間彌生の作品5点が出品され、合計2290万ドル(約30億円)を売り上げました。
そのうち、草間のスタジオが2014年に制作したブロンズ製の特大カボチャの彫刻《Pumpkin(L)》は、6264万香港ドル(約10億5000万円)で落札されました。
これは日本人作家による彫刻の落札価格の新記録であり、草間彌生作品としても1959年に描かれた《Untitled (Nets)》の約13億5000万円に次ぐ第2位の記録となりました。

 

3.《Pumpkin》1995年(出典:Phillips)約9億5200万円(2023年)

Image

2023年は、草間彌生のカボチャがオークションで大人気でした。この作品は3200万香港ドルからスタートしましたが、すぐに複数の入札者から関心を集め、手数料込5610万香港ドル(約720万米ドル)で落札されました。
この作品は、23年間所有していたコレクターのカレン&ロバート・ダンカン夫妻から、米国アイオワ州クラリンダにあるクラリンダ・カーネギー美術館に寄贈され、そこから市場に出てきました。この売却益は、国際社会に芸術を広めるという美術館の使命に貢献するとともに、地元の芸術と青少年プログラムを支援することになっています。

 

4.草間彌生《A-Pumpkin (BAGN8)》2011年(出典:Sotheby’s)約9億2000万円(2023年)

Image

2023年4月5日には、黒い水玉模様のカボチャの絵画《A-Pumpkin(BAGN8)》にも、5517万香港ドル(約9億2000万円)の高値がつき、草間彌生作品史上4位の記録になりました。
この作品は、2位のカボチャの彫刻と同じ日に落札されたものです。
3位の作品は、数日前の3月30日に5611万香港ドル(約9億5000万円)で落札されたので、2023年の春に草間彌生作品の高額記録トップ5のうち3作品が更新されたことになります。

 

5.草間彌生《Pumpkin》2013年(出典:Christie’s)約9億900万円(2021年)

草間彌生の作品で有名なのは、渡米初期の「無限の網」と、渡米中に考案したインスタレーション「無限の鏡の間」、そして日本帰国後の「かぼちゃ」です。
2013年の《かぼちゃ》は背景に網目模様、かぼちゃの中には水玉模様と、草間彌生の好むモチーフをふんだんにとりいれた人気の作品です。
2021年12月にクリスティーズ香港にて6254万香港ドルで落札されて、当時の草間彌生のオークションレコードとなりました。


トレンドマーケットコラムを読めるのは、翠波画廊会員様だけ。

現在のアートシーンを踏まえて、最新のオークション情報やアートマーケットに関するアートコラムを、会員様限定ページにてお届けいたします。

翠波画廊会員へのご登録はこちら>>

会員限定コラムはこちら>>


6.草間彌生《Interminable Net No.4》1959年(出典:Sotheby’s)約8億8100万円(2019年)

1959年の《終わりのない網 No.4》も「無限の網」シリーズの一つです。このシリーズは、渡米した草間が、飛行機の窓から見えた海上の波が延々と広がっていく様子にインスピレーションを得て制作したものです。
2019年4月にサザビーズ香港にて6243万香港ドルで落札されて、当時の草間彌生のオークションレコードとなりました。

7.草間彌生《No. Red B》1960年(出典:Sotheby’s)約8億4500万円(2015年)

《No. Red B》も「無限の網」シリーズの一つですが、白の網目模様の作品が多い中で、ヴィヴィッドな赤が印象的です。
草間はこの「無限の網」について、「宇宙は無に満ちていて、水に落ちる雫のように、永遠に膨張して、永遠に自壊し続ける」と独特の言葉で語っています。
2015年10月にサザビーズ香港にて5452万香港ドルで落札されました。相場が円高に振れていたこともあって、当時の草間彌生のオークションレコードとなりました。

8.草間彌生《White No.28》1960年(出典:Christie’s)約8億2300万円(2014年)

《White No.28》も「無限の網」シリーズの一作です。
草間は同シリーズの制作意図について「私は網にとりつかれている。網は私を覆って首を絞めている。網は私を魅了し悩ましている」と語っています。
「無限の網」は草間彌生が苦しめられた強迫神経症から生まれたと考えられています。
2014年11月にクリスティーズ・ニューヨークにて711万米ドルで落札されて、当時の草間彌生のオークションレコードとなりました。
それまではゆっくりと右肩あがりを続けていた草間彌生の価格が急激に上昇し始めたのはこの2014年からです。

9.草間彌生《Pumpkin》2017年(出典:Christie’s)約8億600万円(2021年)

草間彌生といえば二次元の絵画がイメージされますが、実はオークション売上の15%はかぼちゃなど三次元の立体作品からあがっています。
この彫刻《かぼちゃ》は、高さ180cm、幅180cmと、たいていの人間よりも大きく、表面に規則的に描かれた水玉模様が見る者を幻惑します。「無限の鏡の間」と同じく、観客の空間認識と現実感覚をゆさぶる効果があるのです。
この作品は2021年にクリスティーズ香港にて5545万香港ドルで落札されて、草間彌生の彫刻作品のオークションレコードとなりました。

10.草間彌生《Pumpkin》2010年(出典:Sotheby’s)約7億6900万円(2019年)

今やトレードマークともなった《かぼちゃ》を草間彌生がはじめて描いたのは10代の頃でした。現在の作風とは異なり、日本画の技法を用いてリアリズムで描いたものです。その後も描いていたそうですが、渡米を機に抽象的な作風に転換したため、かぼちゃの絵を描くことはなくなります。
草間彌生が再びかぼちゃを描くようになったのは日本に帰国してしばらく経ってからです。
自伝『無限の網』では「私がカボチャに造形的興味を受けたのは、その太っ腹の飾らぬ容貌なのだ。そして、たくましい精神的力強さだった」と記しています。
この作品は、2019年にサザビーズ香港にて5446万香港ドルで落札されました。

11.草間彌生《A Pumpkin SKLO》2013年(出典:Christie’s)約7億3600万円(2021年)

草間彌生のかぼちゃを見ると、それぞれのかたちが大きく違っていることに気づきます。
同じモチーフを用いつつも、一つひとつをしっかりと丁寧に描く作者のこだわりが、模写のようなコピーを許さないのでしょう。
自伝『水玉の履歴書』には「南瓜は私の人生の伴侶です」という記述があります。小学生の頃に祖父の畑でかぼちゃに魅せられて以来、ずっと草間彌生の心から離れない大切なモチーフなのでしょう。
この作品は、2021年5月にクリスティーズ香港にて5065万香港ドルで落札されました。香港は草間彌生や奈良美智など日本の現代アート作家にとって、重要なマーケットとなっています。

12.草間彌生《Pumpkin》1990年(出典:Ravenel International Art Group)約7億2500万円(2019年)

草間彌生のかぼちゃが有名になったきっかけは、1993年のヴェネツィア・ビエンナーレに出品した「鏡の間(かぼちゃ)」です。
四方八方が鏡張りのミラールームは草間彌生の人気インスタ―レーションです。このときは数千個の小さなかぼちゃの彫刻を中に配して、無限にかぼちゃが増殖する部屋を作りました。
草間彌生は幼い頃に実家の花畑で見渡す限りの花々に囲まれて「花に消される」という感覚を持ちました。草間が「鏡の間」で表現しようとしているのは、その感覚なのでしょう。
この作品は、2019年6月に台湾のラヴェネル・インターナショナル・アート・グループにて1億9856万台湾ドルで落札されました。

草間彌生のオークション落札額ランキング(2023年8月現在)太字は最近の記録

1.《Untitled (Nets)》1959年:約13億5000万円(2022年)網
2.《Pumpkin (L)》2014年:約10億5000万円(2023年)南瓜(彫刻)
3.《Pumpkin》1995年:約9億5200万円(2023年)南瓜
4.《A-Pumpkin (BAGN8)》2011年:約9億2000万円(2023年)南瓜
5.《Pumpkin》2013年:約9億900万円(2021年)南瓜
6.《Interminable Net No.4》1959年:約8億8100万円(2019年)網
7.《No. Red B》1960年:約8億4500万円(2015年)網
8.《White No.28》1960年:約8億2300万円(2014年)網
9.《Pumpkin》2017年:約8億600万円(2021年)南瓜(彫刻)
10.《Pumpkin》2010年:約7億6900万円(2019年)南瓜
11.《A Pumpkin SKLO》2013年:約7億3600万円(2021年)南瓜
12.《Pumpkin》1990年:約7億2500万円(2019年)南瓜
7~12位までの価格差は小さく、ドル換算やポンド換算にすると当時の為替差によっては順位が入れ替わります。

 

 

草間彌生 作品一覧はこちら >>

 

草間彌生作品をお売りになりたいお客様はこちらをご覧ください。

草間彌生作品 買取強化中 >>

 


最新のアートマーケット情報を購読しませんか?

翠波画廊会員にご登録いただいた方には、今回お読みいただいたような最新のアートマーケットコラムを会員限定ページにて配信しております。
ぜひこの機会にご登録ください!

 

【配信コンテンツ】

 

特典1 会員専用ページをご用意

 パスワードにて会員ページにログインいただきますと、価格をご覧いただけます。
※一部作品につきましては「お問い合わせ」となっております。

 

特典2 会員限定割引特典

作品のご購入の際、割引特典をご用意。
※一部作品は対象外となります。

 

特典3 新入荷情報をいち早くお知らせ

毎週選りすぐりの新入荷作品をご紹介。

 

特典4. 特別価格作品のご案内

会員様限定で、お得作品のご案内やシークレットセールを開催。

 

特典5. 翠波画廊開催の展覧会案内

人気画家の個展や、画廊で開催する特別イベントなどもご案内。

 

特典6 役立つアートコラム配信

最新のオークション情報や、知って得するアートコラムをメルマガで配信。
会員限定ページにて、アートマーケットコラムを配信予定。

 

多くの方にご登録いただいております!↓↓

新規会員登録 詳しくはこちら

 


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?