fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

5億円の壺から1億2000万円のアンディ・ウォーホル作品まで!
『開運!なんでも鑑定団』の驚愕の鑑定結果

『開運!なんでも鑑定団』は、テレビ東京で毎週火曜日に放送されている番組です。
この番組では、視聴者から持ち込まれたさまざまな「お宝」を専門家が鑑定し、その歴史や価値を紹介します。
「お宝」の所有者が思っている価格と、鑑定士の評価する価格との差が面白味を生んで人気番組となりました。
その歴史は古く、なんと放送開始は1994年です。来年2024年には放送30年目を迎える、テレビ東京で最も長寿のバラエティ番組なのです。

アンディ・ウォーホル作品の人気が急上昇

ウォーホル《エリザベス・テイラー》

『開運!なんでも鑑定団』は、過去に数々の驚きや感動を生み出してきました。
たとえば、これまでの鑑定の最高額は2005年に持ち込まれた「柿右衛門様式の壺」に対するもので、その金額はなんと5億円でした。
歴代2位の金額は4億3000万円で、これは「那須りんどう湖レイクビュー」という小さなテーマパークの美術館に飾られていたもの絵画15点セットの金額です。
前の経営陣が趣味で買い集めたものなので価値は不明とのことでしたが、鑑定してみるとクールベ、ミレー、コローなどフランス巨匠の本物の作品が揃っていました。なかに1点だけ和紙に描かれた藤田嗣治(レオナール・フジタ)の絵がありました。
単独の絵画でこれまでの最高額となったのは、アンディ・ウォーホルが描いたエリザベス・テイラーの絵で、1億2000万円の鑑定結果となりました。この金額は『開運!なんでも鑑定団』史上9位となっています。
ちなみに、2020年にデーブ・スペクターさんが持ってきた、同じ絵のリトグラフ版画バージョンは、状態がいまひとつだったこともあって300万円でした。

あなたの家に眠っている「お宝」は?

アンディ・ウォーホル《ミック・ジャガー》

アンディ・ウォーホルといえば、2023年8月8日の放送で、お笑いコンビ「ピンクの電話」の竹内都子さんが、大ファンだというローリング・ストーンズのミック・ジャガーのシルクスクリーン版画を持ち込みました。
若い頃にたまたま行ったアンディ・ウォーホル展で見つけたもので、ローンを組んで350万円で購入したものだそうです。本人評価額は控えめに当時と同じ350万円でしたが、鑑定結果は驚きの1800万円
最近ウォーホル作品の価格が高騰していることに加えて、右下にアンディ・ウォーホルのサイン、左下にミック・ジャガーのサインが入ったレアもので、高額になりました。
アンディ・ウォーホルの作品では、2020年に持ち込まれたシルクスクリーン作品も、キャンバスに刷られた一点ものだったことで、8000万円の鑑定結果を出しています。

草間彌生の版画の価格が15年間で42倍に!

草間彌生《朝が来た》

『開運!なんでも鑑定団』は日本の番組なので、持ち込まれる「お宝」も日本のものが多いです。
2023年7月18日の放送では、元NHKアナウンサーの石澤典夫さんが、草間彌生のシルクスクリーン版画《朝が来た》を持ってきました。
15年前にたまたま青山通りを歩いていて見つけたもので、購入金額は7万円でした。当時の草間彌生はそれほど評価が高くなかったのです。
本人評価額は15年の時間を加味して20万円でしたが、鑑定士がつけた評価額はなんと300万円! 草間彌生の評価が、この10年で急速に高まったからです。

『開運!なんでも鑑定団』における草間彌生といえば、2022年の放送で、色紙に描いた絵が1700万円! という驚きの金額も叩き出しています。
また、華道家の假屋崎省吾さんが、1986年にいけばなで新人賞を獲ったときに副賞としていただいたという、紙粘土でつくられた草間彌生のかぼちゃを持ち込んだことがありました。
假屋崎さんは水玉模様のかぼちゃにあまり価値が見出せず、チャリティバザーに無料で出品しようとしたのですが、スタッフに止められて持っておくことにしました。
当時は1~2万円で売られていたという草間彌生の立体かぼちゃですが、2021年時点での鑑定額はなんと1800万円! とっておいてよかったですね。

安定した人気を誇る藤田嗣治の作品たち

2022年12月の『開運!なんでも鑑定団』に持ち込まれた藤田嗣治の水墨画風の絵

日本が誇る世界的画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ)も『開運!なんでも鑑定団』の常連で、以下のように軒並み本人評価額を超える鑑定結果を出しています。
・水墨画風の絵→800万円(2022年12月)
・財布に描かれた猫の絵→200万円(2022年9月)
・デッサン(素描)→800万円(2021年10月)
・版画→120万円(2021年3月)
・リトグラフ→50万円(2020年9月)
・デッサン→400万円(2020年3月)
しかしながら、2021年6月に持ち込まれた「お宝」のデッサンは、一見、藤田嗣治風に見えるものの、鑑定結果では「贋作」で、価格は1000円となってしまいました。

最近では、2023年11月28日の放送に持ち込まれた、11年前に300万円で落札したという鴨居玲の油彩画が1000万円の鑑定結果になりました。
また、2023年12月19日の放送に持ち込まれた横山大観の掛け軸は、本人評価額が100万円なのに鑑定結果が2000万円となり、会場を沸かせています。
『開運!なんでも鑑定団』は、「お宝」好きはもちろん、そうでない人にも楽しめる番組です。ぜひ一度ご覧になってみてください。
「お宝」の世界に引き込まれること間違いなしです。

翠波画廊では、アンディ・ウォーホルをはじめ、草間彌生、藤田嗣治など多数の作家・作品を取り扱っています。
ぜひご覧になってください。

取扱作品一覧はこちら >>

翠波画廊 おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

草間彌生 買取はこちら >>

 


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?