fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

キース・ヘリングの版画価格が急上昇!
奈良美智や村上隆と同世代のポップアートの天才

キース・ヘリングの版画作品の平均販売価格推移(単位:英ポンド)
出典:MyArtBroker

キース・ヘリングは、ウォーホルとリキテンスタインに続くポップアートのスターです。
ウォーホルよりも30歳年下のヘリングは、実は奈良美智や村上隆と同世代なのですが、若くしてその才能を認められつつも90年代を迎える前に逝去したため、1980年代のイメージがついて回っています。バスキアにも同じことが言えます。
キース・ヘリングは地下鉄の広告掲示板に絵を描いて回るなどストリートアートの先駆者でもあり、現代につながる強度を持ったアーティストです。
根強い人気を誇るキース・ヘリングの版画価格を調べてみました。

キース・ヘリングの人気の底堅さ

キース・ヘリング《Best Buddies》1990年

良い意味でも悪い意味でもキース・ヘリングは人気の安定したアーティストで、その版画が大幅な価格変動に見舞われることはほぼありません。
物故したアーティストで作品の流通量が増えないため、マーケットにおける取引総量はここ5年の間ほぼ一定でした。
しかし近年のアート価格の上昇はキース・ヘリング作品にも影響を及ぼし、2017年から2022年にかけて、キース・ヘリングの版画の平均価格は148%も上昇しました。つまり5年間で2.5倍になりました。
なかでもキース・ヘリングが亡くなった年に制作された版画《Best Buddies》は、5年間で約640%の利益を生みました。
この作品は発達障害者を支援する団体「Best Buddies」のロゴとして制作されたものです。版画の販売利益は「Best Buddies」に寄贈され、その総額は50万ドル以上に及びました。社会貢献活動にも熱心であったキース・ヘリングを象徴する作品として非常に人気が高く、マーケットで価格が上昇するのもよくわかります。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


キース・ヘリングの開店したポップ・ショップ

キース・ヘリング《Pop Shop I, Plate IV》1987年
(翠波画廊で過去に販売)

これまでに翠波画廊で販売したキース・ヘリングの版画も、この5年間でその価格を大きく伸ばしています。
たとえば《Pop Shop I, Plate IV》は「ポップ・ショップ」シリーズの一作で、2017年から2022年の5年間で価格が約270%も上昇しています。
ポップ・ショップとはキース・ヘリングが1986年にニューヨークに開いた店の名前です。開店の理由は当時あまりにもキース・ヘリングの人気が高く、その絵を勝手に流用した多くの粗悪な雑貨が出回っていたことでした。
キース・ヘリングは自身の作品が高すぎて購入できない子どもたちにも、きちんと本物のアートを届けられるように自ら店を開いて、安価でキース・ヘリング・グッズを販売しました。
1988年には東京にも開店したポップ・ショップでしたが、日本ではすでに精巧なニセモノが流通していたために売り上げが伸びず、わずか半年で閉店してしまいました。
ニューヨークのポップ・ショップはキース・ヘリングの没後もファンの聖地として続いていましたが、2005年に家賃の高騰に耐えられずに閉店し、以降はネットショップとして継続しています。

入手しやすいキース・ヘリングの作品

キース・ヘリング《International Youth Year》1985年
(翠波画廊で過去に販売)

キース・ヘリング《Pop Shop I, Plate IV》は200部の限定生産でしたが、なかにはもっと多く生産されたためにマーケットに出回りやすい作品もあります。
翠波画廊でも過去に取り扱った《International Youth Year》は1000部も刷られたため、他の版画よりも市場に流通することが多くなっています。
それでもここ5年間で価格が約3倍になり、195%もの利益を生んでいるのですから、その人気のほどがうかがえます。
「International Youth Year(国際青年年)」とは、青少年を啓発して世界の問題に関心を向けてもらおうと国連が定めたもので、1985年がその記念年となりました。
日本でも1985年5月2日に「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」という大規模な音楽フェスティバルが開催され、オフコースやサザンオールスターズなど当時の人気アーティストが勢ぞろいしました。

キース・ヘリングの版画の価値

キース・ヘリングの版画の収益率(2017年から2022年にかけて)
出典:MyArtBroker

2017年から2022年の5年間の取引で価格比較が可能なキース・ヘリングの版画31作品を調べると、価格が下がったのはわずか1作品だけでした。
そのほかの30作品は利益を生んでおり、そのうちの一作《Best Buddies》は、前述のように7倍以上の価格になりました。
また、全体の8割では価格が2倍以上になっており、キース・ヘリングの版画がその希少性ゆえにじわじわと価格上昇していることがわかります。
ヘリングはウォーホルやリキテンスタインよりも30歳以上若い世代であるために、絶対的な価格ではまだその2人に追いついていませんが、死後すでに30年を経過していることもあり、その評価は揺るぎないものとなっています。
特に日本では人気が高く、世界で唯一の専門美術館である中村キース・ヘリング美術館も、2023年で開館から16周年を迎えています。

翠波画廊では、キース・ヘリングの作品を取り扱っています。
ぜひご覧になってください。

キース・ヘリング作品一覧はこちら >>

キース・ヘリングおすすめ作品

お問い合わせ >>

 

キース・ヘリング 作品一覧はこちら >>

 

Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?