fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

2023年も現代アート市場が大躍進!
売上高が22年間で22倍に!

現代アートオークション年間売上高の推移
出典:Artprice by Artmarket

20世紀のあいだ、現代アートはあまりお金にならないものだと思われてきました。
しかし21世紀に入ってからは、古典的なアート市場を大きく凌駕する伸びを見せています。
2000/2001年に1億300万ドルだった現代アート市場の売上高は、2022/2023年には23億ドル、つまり22倍になりました。
2022年下半期から2023年上半期にかけての現代アート市場は、オークションの取引量では12万3400点と過去最高数を記録し、年間売上高においては22億9000万ドルと過去4番目の好成績をあげました。
その中身を分析してみましょう。

現代アートなら価格高騰前の作品が買える

現代アートオークション価格帯別内訳
出典:Artprice by Artmarket

現代アート市場は20年前には年間売上高が1億ドル程度の市場でした。
それが大きく伸びたのは2006/2007年です。この頃からコレクターの目が現代アートの作品に注がれはじめ、2010年代からはその傾向が明確になりました。
この理由の一つに、現代アート作品が他のアート作品に比べて、相対的に価格が安いことがあげられます。
2022/2023年の現代アート作品のオークション取引量は12万3400点でしたが、そのうち10万点近い作品は5000ドル以下で落札されています。
一般に、オークションでの取引では高額落札ばかりが話題になりますが、同時期に100万ドルを超えた落札は300点未満しかありません。
高額落札は売上高に与える影響は大きいのですが、市場全体を見ると現代アート作品の人気はリーズナブルな価格帯の作品に牽引されたものと言えます。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


現代アート作品はどの地域でよく売れているのか?

現代アートオークション売上高上位15か国(2022/2023年)
出典:Artprice by Artmarket

では、現代アート作品は誰が最もよく買っているのでしょうか?
他のアート作品と同様に、現代アートでも最も大きい市場はアメリカとイギリスです。この2か国が市場に占めるシェアは、10年前は65%でした。
しかし、近年はアジアのアート市場が大きく拡大し、中国がイギリスを抜いて世界第2位の市場になっています。
2022/2023年の年間売上高では、前年と比較してアメリカが19%減、イギリスが23%減となるなか、中国は5%減にとどまりました。
その結果、2022/2023年は、現代アートの年間売上高で香港市場がロンドン市場を上回りました。
とはいえ、現代アート作品が最も多く落札されるのはやはりロンドン市場であり、香港で落札された作品数が2200点であるのに対し、ロンドンでは8000点を超えています。
無名作家の作品を果敢に青田買いするという面では、やはりロンドンのコレクターのほうが一日の長があるのかもしれません。
中国以外で躍進しているアジア市場は日本と韓国です。5位の日本と7位の韓国の現代アート市場は、過去10年間で10倍以上に成長しています。

現代アート市場の人気アーティストとは?

ジャン=ミシェル・バスキア《El Gran Espectaculo》(ナイル )クリスティーズより

現代アート作品の相場に比べて、作品が高く売れる少数の有名アーティストを「ブルーチップ(優良株)」と呼びます。
全世界の現代アートの総売上高の85%は、トップ500のブルーチップ・アーティストによって担われています。
もっと言えば、現代アート市場の売上高の過半数は、上位50人のアーティストによって作られています。
また、トップ10のアーティストの売上高シェアは、全体の27パーセントにのぼります。
人気商売はどこも似たようなものですが、典型的なロングテール現象が見られるのです。

なかでも絶大な人気を誇るのがジャン=ミシェル・バスキアです。
35年前に死去したバスキアは13年連続トップで不動の1位を堅持しています。
バスキアの作品の売上高は現代アート市場の総売上高の1割を占めて、この市場に欠かせない作家となりました。
2022/2023年に6710万ドルで落札された《El Gran Espectaculo》(ナイル )は、現代アート市場で唯一5000万ドル以上の価格がついた作品です。

この作品は2005年にオークションにて510万ドルで落札されてから、わずか18年で13倍になりました。
また、2022/2023年に現代アート市場で1000万ドル以上がついた11作品ののうち6作品がバスキアの作品でした。

2022/2023年の現代アーティスト売上高トップ10

1. ジャン=ミシェル・バスキア(米)2億3550万ドル(13年連続トップ)
2. 奈良美智(日)9770万ドル(前年3位から2位に浮上)
3. バンクシー(英)4880万ドル(前年2位から3位に降下)
4. セシリー・ブラウン(英)4770万ドル(前年5位から4位に浮上)
5. ジェフ・クーンズ(米)3600万ドル(前年7位から5位に復活)
6. キース・ヘリング(米)3580万ドル(前年25位から6位に急上昇)
7. クリストファー・ウール(米)3370万ドル(前年6位から7位に降下)
8. ダミアン・ハースト(英)3270万ドル(前年11位から8位に躍進)
9. ジョージ・コンド(米)3200万ドル(前年4位から9位に降下)
10. マーク・グロッチャン(米)3000万ドル(前年16位から10位に上昇)
次点. 村上隆(日)2520万ドル

そのほか、15位にロッカクアヤコ(日)2070万ドル、22位にカウズ(米)1520万ドルが入っています。

翠波画廊では、バスキアの作品を取り扱っています。
ぜひご覧になってください。

バスキア作品一覧はこちら >>

バスキアおすすめ作品

お問い合わせ >>

 

バスキア 買取はこちら >>

 


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?