fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

デイヴィッド・ホックニーの版画の値段
~現役最高価格画家の飽くなき探求心

存命の画家として、その絵がオークションの史上最高価格で落札されたことで有名なデイヴィッド・ホックニーは投資する価値のある画家のひとりです。
1937年イギリス生まれのホックニーは、ゲイつながりのウォーホルとの友情でも有名ですが、世代的にはウォーホルよりも一回り年下で、カシニョールやギィ・デサップとほぼ同じ年齢になります。
ホックニーが最初に名声を得たのは1970年代ですが、その後も創作意欲は旺盛で、近年ではiPadによるデジタル・ドローイングのシリーズが話題になるなど、現役の画家として常に注目を集めています。
また、ホックニーは過去5年間の現代アートの版画で最も高い収益率を記録したアーティストです。今やバンクシーやウォーホルの版画は数百万円からに高騰してしまいましたが、ホックニーの版画は数十万円でも購入できたので投資価値が高かったのです。

ホックニーの版画作品の平均販売価格推移(単位:英ポンド)
出典:MyArtBroker

5年間で価格が7倍になったホックニーの版画

デイヴィッド・ホックニー
《Untitled No.516》2016年(iPadで描画)

デイヴィッド・ホックニーの版画マーケットは、2020年にCOVID-19のパンデミックで停滞したことを除けば、ここ5年間にわたって高い成長率を維持しています。
ホックニーの版画作品の平均価格は2017年から2022年にかけて約2倍になりました。それに伴い市場規模(販売総額)も2倍以上に拡大しています。
ホックニーの版画価格の過去5年の年平均成長率は15%になります。
この5年間の取引における価格比較が可能なホックニーの版画83作品を調べると、投資リターンがマイナスとなったのはわずか6作品(7.2%)だけです。
残りの77作品は価格が上昇し、うち5作品は価格が6倍以上になりました。パーセンテージでいえば92.8%は投資リターンがプラスとなり、うち6%は500%以上の投資リターンをもたらしました。
なかでも《Untitled No.516》は、元の価格が廉価であったため5年間で投資リターンが633%という驚異的な数字を記録しました。この作品はiPadで描かれたデジタル絵画で、市場で取引されたのは印刷物に手書きのサインが加えられた250部限定のエディションです。初めてオークションに出品されたときは8700ポンドでの落札でしたが、直近では3万ポンドとなっています。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


版画史上最高額はホックニーの作品

デイヴィッド・ホックニー
《Piscine De Medianoche (Paper Pool 30)》1978年

デイヴィッド・ホックニーは若い頃から新しい技術をとりいれる革新的なアーティストでした。
当初ロンドンでエッチングやリトグラフを制作していたホックニーは、絵画だけでなく写真にも興味を持っていました。しかし現像に時間がかかる従来の写真は、ライブ感を大切にするホックニーを満足させるものではありませんでした。
20代後半でイギリスからアメリカに移ったホックニーは、そこでポラロイドカメラに出会い「ジョイナー」と名づけたコラージュ作品をつくりはじめます。
さらに1986年には業務用のコンピュータ・グラフィックスのワークステーション「クォンテル・ペイントボックス」を使って絵を描く実験にも取り組んでいます。
とはいえ、画家であるホックニーはCG技術にあまり入れ込むことはなく、すぐにアナログに回帰します。
次にホックニーが目をつけたのは、ゼロックスのコピー機でした。ホックニーはコピー機を駆使して、コラージュ作品をつくることに夢中になりました。
プロの刷師や工房が必要であった従来の版画と異なり、コピー機を使えばたった一人で気のすむまで実験を繰り返すことができたからです。「ホームメイドプリント」と名づけられたこれらのシリーズは、その新しさからホックニーの名前を広げました。
そして2008年、ホックニーはiPhoneのドローイングソフトで絵を描き始めます。
2010年に、より大きなディスプレイを持つiPadが発売されると、それはホックニーにとって欠かせない画材となりました。重いスケッチブックや画材を持ち歩かなくても、あらゆる場所であらゆる色と筆触を指先だけで実現できるようになったのです。
印刷機によるデジタルプリント作品の価値を高めたという意味でもホックニーは美術史にとって重要な存在でしょう。
そのほかにもホックニーにはいくつもの勲章があります。たとえば特殊なリトグラフの手法で制作された「ペーパー・プール」シリーズの一つ《Piscine De Medianoche (Paper Pool 30)》は、大量生産の版画作品としては史上最高額の1174万ドル(約13億円)で2018年に落札されました。これは名作の呼び声高いピカソの版画《The Frugal Repast(貧しき食事)》800万ドル(約10億円)を大きく超えています。
また、ホックニー《Woldgate Woods, Winter》は、ビデオ・インスタレーション作品としてブルース・ナウマン《No, No, New Museum》の約163万ドルに次ぐ、史上2位の約110万ドルで落札されています。
絵画はもちろん写真から映像作品まで、興味を持てば何にでも取り組んでしまう幅広い作風がデイヴィッド・ホックニーの魅力の一つです。

存命画家による絵画の史上最高額もホックニーの作品

デイヴィッド・ホックニー
《Portrait Of An Artist (Pool With Two Figures)》1972年

デイヴィッド・ホックニーの最も有名な作品は、2018年11月15日にクリスティーズ・ニューヨークで落札されたアクリル絵画《芸術家の肖像画(プールと2人の人物)》でしょう。
落札価格が9030万ドル(約102億円)となり、ジェフ・クーンズ《バルーン・ドッグ(オレンジ)》を抜いて存命芸術家の作品で当時の史上最高額となったからです。
翌年にはジェフ・クーンズ《ラビット》が記録を塗り替えるのですが、その差額はわずかなもので、絵画としては今でも存命画家作品で最高額の地位を譲っていません。
開放的な屋外プールは、カリフォルニアに移住したホックニーが「イギリスにはない」と感銘を受けたものの一つで、何度も絵のモチーフにしています。また、人物のモデルは当時のホックニーの恋人だと言われています。

翠波画廊では、ホックニー作品のご用意がございます。
作品はこちらよりご覧ください。

ホックニー 作品一覧はこちら >>

デイヴィッド・ホックニー おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

ホックニー 作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?