fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

マネとモネの違いは?
カードゲーム「マネとモネとマネのマネ」って何?

中村誠
『マネとモネとマネのマネ』

印象派の兄貴分として知られた画家マネ(Manet)と印象派の画家モネ(Monet)。
この二人は名前も活躍した時代も似ているため、よく混同されます。
マネのほうが8歳年上でサロンデビューも早かったので、のちにモネがサロンに登場したとき、マネは自分のニセモノが現れたと勘違いして憤慨したとの逸話も残っています。
誤解が解けてからはお互いに気の合う仲間となったのですが、その名前の類似は現代で美術史を学ぶ私たちをもいまだに混乱させています。
そんなマネとモネを題材にしたカードゲームがあります。
ゲームの名前は『マネとモネとマネのマネ』。
なんだか早口言葉のようですね。いったいどんなゲームでしょうか。

マネとモネの絵がコンパクトなカードに

マネ《庭のモネ一家》
(左からモネ、モネ夫人カミーユ、モネ長男ジャン)

『マネとモネとマネのマネ』の箱絵は、マネ《草上の昼食》でピクニックをする3人の人物と、マネをオマージュしたモネ《草上の昼食》の絵とが組み合わさったデザインです。
箱を開けると30枚の絵画カードと取扱説明書が入っています。
絵画カードのほとんどはマネとモネの絵画です。
マネの絵のカードには「マネ」、モネの絵のカードには「モネ」と書かれています。マネとモネ以外の絵もあります。
たとえば、マネ《オランピア》をゴーギャンが模写した絵には「マネのマネ」と書かれています。マネの真似(模写)という意味です。
マネの自画像にも「マネのマネ」と書かれています。マネが描いたマネだからです。
もちろん、モネの自画像は「モネのモネ」です。モネが描いたモネです。
また、マネが描いた《庭のモネ一家》という絵には「マネのモネ」と書かれています。マネが描いたモネという意味です。混乱してきました。
マネやモネが好きな人は、絵が美麗なカードになっているのを見るだけでも楽しめます。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


『マネとモネとマネのマネ』の遊び方

マネとモネの絵がコンパクトなカードに

左から「モネ!」「マネ!」「マネのマネ!」
「マネのモネ!」と続けて宣言

まず、すべてのカードをよくまぜて、裏向きの山札を一つ作ります。
最初のプレイヤーは山札のいちばん上にあるカードをめくって、それを絵が見えるように場において、何のカードであるかを宣言します。マネの絵なら「マネ!」、モネの絵なら「モネ!」、マネの自画像なら「マネのマネ!」といった具合です。カードには「マネ」、「モネ」などと書かれているので、最初は間違えることはありません。
次のプレイヤーは、同じように山札のいちばん上をめくって、それを前の人が置いたカードの文字部分を隠して絵だけが見えるように重ねて、下から順に「マネ!」、「モネ!」、「マネのマネ!」などと宣言します。
正しく宣言できたら、次の人も同じようにカードをめくって場に重ね、下から順に「マネ!」、「モネ!」、「マネのマネ!」、「モネ!」などとリズム良く宣言していきます。リズムが合わなかったり宣言を間違えたりしてそれを指摘された場合はラウンド終了となります。
文字が隠れたカードは記憶に頼って宣言するため、ゲームが長く続くほど宣言を続けるのが難しくなります。
4枚くらいしか並べられていないときは「マネ!」、「モネ!」、「マネのマネ!」、「モネ!」などと覚えることができるのですが、これが5枚、6枚と増えていくにつれて「マネ!」、「モネ!」、「マネのマネ!」、「モネ!」、「マネ?」……とあやふやになってしまいます。

「ドガのマネ」や「ルノワールのモネ」もあります

画像提供:中村誠

『マネとモネとマネのマネ』において、どんどん覚えねばならないカードが増えていく様子は、詩人の谷川俊太郎さんの絵本『これはのみのぴこ』や、イギリスの童謡マザーグースの言葉遊び歌「これはジャックの建てた家」と同じ趣向です。
「これはジャックの建てた家」「これはジャックの建てた家に寝かせた麦芽」、「これはジャックの建てた家に寝かせた麦芽を食べたネズミ」、「これはジャックの建てた家に寝かせた麦芽を食べたネズミを殺したネコ」と、どんどん文が長くなっていく言葉遊びを聞いたことがある人は多いでしょう。
「これはジャックの建てた家」のような積み上げ歌には一応ストーリーがあって覚えやすくなっているのですが、『マネとモネとマネのマネ』の場合は、逆に間違えやすくなるようにカードが作られています。
たとえば、モネ《草上の昼食》のカードは「モネ」と思ったら、マネへのオマージュだから「マネのマネ」だったり、マネが描かれているから「モネのマネ」と思ったら「ドガのマネ」だったり、モネが描かれているから「マネのモネ」と思ったら「ルノワールのモネ」だったり、ひっかけ問題がたくさん隠れているので油断ができません。
『マネとモネとマネのマネ』は、モネの《睡蓮》の神経衰弱ゲーム『スイレントスイレン』をデザインした中村誠さんによるインディーズゲームで、「ゲームマーケット2022大阪」で販売されました。
マネやモネが好きな方にはぜひ遊んでいただきたいのですが、制作数が少ないので入手は難しいかもしれません。どこかで見つけたらぜひプレイしてみてください。

翠波画廊では、睡蓮を描く、現代の印象派、ギィ・デサップ作品のご用意がございます。
作品はこちらよりご覧ください。

ギィ・デサップ 作品一覧はこちら >>

ギィ・デサップ おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

ギィ・デサップ 作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?