fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

バンクシーとイスラエルとパレスチナの関係
~ベツレヘムの壁画に込めた思い

2023年10月7日、パレスチナのガザ地区を実効支配する政治組織ハマスが、敵対する隣国イスラエルに軍事侵攻し、1000人以上を殺害し約200人の人質を取る事件が起きました。イスラエルはすぐさまガザ地区に報復の空爆を開始し、2000人以上を殺害しました。
ハマスとイスラエルとの間にはこれまでにも何度も事件が起きています。
近いところでは2021年5月10日にも、ユダヤ人国家イスラエルと、イスラム組織ハマスとの間で武力衝突が起きています。
東エルサレムでイスラエル人が土地収用を行って、パレスチナ人世帯が立ち退きを求められた問題に対して抗議運動が起き、それを取り締まるためにイスラエル治安当局がイスラム教徒の礼拝所アルアクサ・モスクで、催涙ガスや閃光弾を使ったことが発端です。
イスラエル治安当局のアルアクサ・モスクからの撤退を求めたハマスは、イスラエル側に向けてロケット弾を発射し、イスラエルもガザ地区のハマスの拠点などを空爆して報復し、お互いに暴力がエスカレートしました。
21日の停戦までに、パレスチナでは子ども66人を含む243人の犠牲者が、イスラエル側にも子ども2人を含む12人の死者が出たそうです。
このようなイスラエルとパレスチナの対立に深い関心を寄せているのが、ストリートアーティストのバンクシーです。
実はバンクシーは、エルサレムの南方9kmにあるパレスチナの都市ベツレヘムを過去に何度も訪れて、作品を残しているのです。

 

ベツレヘムの壁に絵を描くバンクシー

Banksy『Wall and Piece』パルコ 2011年

 

バンクシーが初めてベツレヘムで作品を発表したのは2003年のことです。
ベツレヘムの分離壁に、有名な《Love is in the Air》(愛は空中に)を描きました。
これは手榴弾の代わりに花束を投げるテロリストを描いて平和を訴えるもので、バンクシーのアイコンとして非常に有名です。
2011年に日本語版が出版された自薦作品集『Wall and Piece』(壁と平和)の表紙も《Love is in the Air》でした。
ちなみに、2021年5月12日のサザビーズ・オークションでは、《Love is in the Air》のキャンバス作品が約14億円で落札されました。
これは3月にクリスティーズで落札された《Game Changer》の約25億円に次いで、円換算でバンクシー作品歴代2位の高額記録になりました。

緑が国連の定めた分離ラインで、青が分離壁。
パレスチナ領土を侵食するかたちで分離壁が建設されている。

 

ベツレヘムの分離壁とは、4度の中東戦争を経てなおも対立を続けるイスラエルとパレスチナとの間に作られた、全長800キロメートルに及ぶ巨大なコンクリート壁のことです。
分離壁は、かつての冷戦時代のベルリンの壁のように、両者の断絶の象徴となっています。
2002年から壁を作りはじめたのはイスラエル側で、アラブ諸国のテロリストから自国の住民を守るという名目がありました。
しかし、その壁の位置は国連が定めた分離ラインよりもパレスチナ側に寄っており、領土の侵攻として新たな火種となりました。
2003年の国連による非難決議に続き、2004年には国際司法裁判所も違法勧告をしましたが、イスラエルはそれを無視して、今もなお壁の建設を進めています。
2021年5月の武力衝突も、イスラエル人によるパレスチナ人の土地の収奪がきっかけとなりました。
2003年にバンクシーがエルサレムの南にあるベツレヘムの分離壁を訪れて絵を描いたのは、このようなイスラエルの武力行使に抗議する意味がありました。

 

バンクシーを世界的に有名にした絵

イスラエルとパレスチナの分離壁に描かれた
「風船を持った少女」

 

バンクシーのパレスチナへの関心は深く、旅は一度にとどまりませんでした。
2年後の2005年にもパレスチナを訪れて、分離壁にいくつかの作品を残しました。
その一つが、バンクシー作品にたびたび登場する《Girl With Balloon》(風船を持った少女)です。
数多くの風船を持った少女が宙に浮いていく絵は、壁の撤去と移動の自由を求める住民の願いを反映したものです。
絵柄こそ異なりますが、オークション落札直後のシュレッダー事件で有名になった《Love is in the Bin》(愛はごみ箱の中に)も、元の題名は《Girl With Balloon》(風船を持った少女)でした。
2005年のバンクシーによる分離壁へのストリートアートは、世界中のニュースにとりあげられました。
イスラエルとパレスチナの問題に知識人が関心を持っているところに、それをわかりやすくデフォルメして、大衆に広めてくれる格好の素材がバンクシーのアートでした。
監視塔のイスラエル兵に狙撃される危険を冒しながら描いたとバンクシー自身が宣伝したことでも話題になりました。
イギリスのローカルアーティストだったバンクシーが、政治的なメッセージを発するストリートアーティストとして、世界的に有名になったのはこれがきっかけです。

 

 

翠波画廊では、2021年5月29日(土)~6月12日(土)まで現代アート展を開催しています。バンクシーをはじめ、ウォーホル、カウズ、キース・ヘリングなどを揃えているのでぜひお立ち寄りください。

「現代アート展」詳しくはこちら >>

 

 

バンクシーお勧め作品

お問い合わせ >>

 

バンクシー 作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?