アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

現代アート展 開催

奈良美智
「Backwards forwards ?」
2012年 木版画
42.5×29.3cm
価格:お問い合わせください

現代アート展

5月29日(土)~6月12日(土)

10:00~18:00 日祝休廊

 

見る人に新しいものの考え方、見方を提示し、自由に施行する楽しみを与えてくれる、現代アート。

本展では、目まぐるしく変わる現代アートにおいて、世界で活躍する人気作家の作品を一堂に展示販売いたします。


近年特に美術市場を賑わせている現代アート。
オークションでは登場するたびに高値を記録する覆面作家バンクシーや、
毎月のように新作版画を発表している世界的アーティスト村上隆など、
常に新しい世界が生まれ、めまぐるしく変化していきます。

でも、
「そもそも現代アートって何?」
「難しそうでよく分からない」
そう思われている方も多いのではありませんか?

実は、現代アートの楽しみ方は、このように思うことからすでに始まっているんです。

カウズ「GONE BLACK
2019年 ソフトビニール 35.6×17.8×17.8cm
価格:お問い合わせください
キース・ヘリング「Pop Shop VI」
1989年 シルクスクリーン 34x42cm
価格:お問い合わせください

現代アートってどう楽しんだらいい?

「作者は何を伝えたいのか?」
そのように「わからない」と思いながら見ることで
たくさんの解釈や意味が生まれるのが現代アートといえます。
そのため現代アートは、作品そのものでは完結せず、
鑑賞者の思考によって完成するアートと呼ぶこともできるかもしれません。

今回は、見る人へ自由に思考する楽しみを与えてくれる、
現代アートの魅力を感じていただけるよう、
世界で活躍する人気作家の作品を一堂に展示販売する展覧会を開催いたします。

展覧会の見どころをご紹介!

1. 世界で活躍する日本人現代アーティストの作品を一堂に!

 

「水玉の女王」とも称される、日本を代表する世界的天才芸術家、草間彌生
2019年10月6日の香港サザビーズのオークションでは、 作品≪背後のナイフ(Knife Behind Back)≫が約27億円で落札され、 日本人作家によるアート作品の最高価格を更新するなど、世界で活躍する奈良美智
六本木ヒルズに巨大な彫刻を披露するなど、アートシーンで常に注目を集め、今の日本の現代アートを牽引する村上隆
Pixel(画素)とCell(細胞・器)が融合させ、ガラス越しにモチーフを見ることで、鑑賞者に独特の知覚体験をもたらす「PixCell」シリーズなど、素材の特性と最先端技術を掛け合わせた彫刻制作を行う名和晃平
世界各国でライブ・ペインティングや 個展を行うなど、世界的に高い評価を得て活動中の若手作家、ロッカクアヤコなど。

世界を舞台に活躍する日本人現代アーティストの作品には、引き続き目が離せません。
本展では、作家たちの代表的なモチーフが描かれた作品を一堂にご紹介いたします。
日本を牽引するアーティストたちの魅力ある作品をぜひご覧ください。

 

草間彌生「かぼちゃ(2)」
1990年 シルクスクリーン 52.5x45.4cm
価格:お問い合わせください
ウォーホル「マリリン・モンロー 31(サンデー・B・モーニング版)」
シルクスクリーン 91.5x91.5cm
価格:お問い合わせください

2.ポップアートの巨匠、ウォーホル

ピカソやデュシャンなどと同様、美術の定義そのものを変えたアーティストの1人、アンディ・ウォーホル
「ウォーホルを知らなくても作品は見たことがある」という方も多いのではないでしょうか?
特別な美を描くと考えられてきた美術に反対するかのように大衆的なものを描き、一躍ポップアーティストとして時代の寵児となったウォーホルの作品は、大衆文化の美を発見することとなりました。

今回は、そんなウォーホルの「マリリン・モンロー(サンデー・B・モーニング版)」が新入荷いたしました。
ウォーホル自身が許可した海賊版とでもいうべき作品、「サンデー・B・モーニング版」。
どこにでもあるイメージを複製する、というウォーホル芸術の象徴をぜひご覧ください。

 

3. 人気急上昇中のカウズの版画からフィギュアまで

国内初の大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」が、2021年7月から、六本木の森アーツセンターギャラリーで開催されるなど、日本でもさらに注目度が高まるアーティスト、カウズ
近年では、多岐にわたる活動を行い、さらに活躍の場を広げています。
2019年6月、ユニクロがカウズとコラボレーションしたTシャツとトートバッグ「カウズ:サマー」を発売した際には、先行販売された香港のユニクロに長蛇の列ができて、開店と同時になだれ込む群衆と、商品の奪い合いが、テレビや新聞で報じられるほどのニュースになりました。

本展では、カウズの世界を楽しんでいただける鮮やかなシルクスクリーンの作品も展示いたします。
さらに、ユニークなフィギュア作品も展示いたしますので、どうぞお見逃しなく!

カウズ「PRESENTING THE PAST」
2014年 シルクスクリーン 
81.3x81.3cm
価格:お問い合わせください

お勧め作品

奈良美智「Over the Rainbow(Nara E-2005-004 & 005)
2005年 リトグラフ 30×23.2cm
価格:お問い合わせください

デュッセルドルフの美術館「K21」で行われていた
同名の展覧会に合わせて制作された作品。
「女の子」と「犬」の2枚の絵柄から成り、
奈良美智の代表的なモチーフをお楽しみいただけます。

お問い合わせ >>

村上隆「ドラえもん ありがとう」
2020年 シルクスクリーン 47.9×37.4cm
価格:お問い合わせください。

大人気キャラクター「ドラえもん」に村上隆のアイコンモチーフ、「フラワー」が描かれた鮮やかな作品です。細かい部分まで楽しんでいただける、お部屋が明るくなる一枚です。

お問い合わせ >>

詳細は随時更新予定!

他にもたくさんの現代アート作品をご用意してお待ちしております。

出品予定作家

草間彌生、村上隆、奈良美智、名和晃平、ロッカクアヤコ、

ウォーホル、キース・へリング、カウズ、バンクシー 他

現代美術作家一覧はこちら >>

お知らせ一覧