アートコラム

あの2人の仲は友情か、それとも恋愛か?

2021/03/16

印象派の画家エドガー・ドガは、気難し屋で人付き合いが下手でしたが、親友ともいえる女性画家がいました。
10歳年下のアメリカ人メアリー・カサットです。
アメリカ人なのにフランスの印象派画家の一人として数えられるカサットは、明るく元気な男勝りの女性でした。
実は、ドガの母親は当時フランスの植民地だったアメリカのニューオーリンズ生まれのクレオール(現地人)です。
母の生まれ故郷であるアメリカから来た女性に、ドガはいったいどのような感情を抱いていたのでしょうか?

 

ドガとカサットの運命の出会い

カサット(写真)

カサットは画家修業をするためにわざわざフランスまで来た女性です。
当時の慣習に従って、最初は官展のサロン・ド・パリに出品していましたが、古臭いルールに縛られたサロンの絵には馴染めないものを感じていました。
そんなときに見かけたドガの絵が、彼女の人生を変えました。街の生活をそのまま活写したドガの絵は、カサットの求める新しさを持っていたのです。
その後、変化したカサットの絵をたまたま見つけたドガも、相手のことを何も知らないまま「私と同じ感性を持った画家がいる」と感じたそうです。
やがて運命の出会いを果たした二人は、サロンに対する批判と理想の芸術観で意気投合します。
そしてドガは第4回印象派展への出品をカサットにうながし、カサットも喜んで承諾しました。以後、カサットは二度とサロンに出品せず、権威ある賞の受賞も拒んで、ドガとともに印象派展への出品を続けました。
ドガが他の画家と喧嘩をして不参加だった第7回印象派展では、カサットもドガとともにボイコットをしています。

 

カサット
「自画像」1878年

ドガとカサットが似ているのは、芸術観と絵に対する取り組みだけではありません。
実はカサットもドガと同様、82年の生涯をずっと独身で通しました。
カサットの場合は、身体が弱いために独身を通した姉と、娘を追ってフランスに移住してきた両親の世話をしなければならなかったという理由もあります。
しかし、やはりドガと同様に、結婚よりも芸術を選んだ面が大きいでしょう。
無理に結婚するよりも、好きに絵を描いているほうが幸せだったのかもしれません。

 

ドガとカサットの間には何があったのか?

カサット
「子どもの入浴」1893年

ドガとカサットは、周囲も認めるほどの親友同士でした。
毎日のように会っている時期もありましたし、一緒に仕事をしたこともありました。
二人はお互いを認め合っていました。
当時の風潮に従って男尊女卑の気があったドガでしたが、カサットのことだけは「これほどデッサンの巧みな女性がいるとは思わなかった」と賞賛しています。
カサットもドガに対する賛美を惜しみませんでした。一般的な評価が低い時期から「将来、ドガの絵は必ず値が上がる」といって、友人に熱心に購入を勧めていました。
裕福な生まれで、知的で、芸術を愛し、デッサンこそ絵画の基本だと考えていた二人は、たしかに気が合っていたのです。

 

ドガ
「メアリー・カサットの肖像」1884年

しかし、二人が結婚に至ることはありませんでした。
何らかのロマンスがあったかどうかもわかりません。
なぜならばドガの死後、カサットはドガからもらった手紙をすべて燃やし、ドガに描いてもらった肖像画も売ってしまったからです。
ドガの生前こそ遠慮していましたが、カサットはその絵を気にいっていませんでした。
「ドガは私を美しく描いてくれなかった」と、悲しんでいたそうです。
カサットはドガに思いを抱いていたかもしれませんが、ドガはそれに応えませんでした。

 

ドガ
「入浴」1887年

親友のマネ夫妻の絵を描いたときも、夫人を醜く描いてその部分を切り取られたくらいですから、ドガは見たとおりに描くのが正しいと思っているのでしょう。
ルノワールのように仕事だと割り切って美化した肖像画を描いたり、ブーグローのように理想化された美を描いたりには、ドガは興味を持ちませんでした。
ドガが描きたいのは、今そこにあるリアルです。
ですからドガは、相手が女性であっても、ことさらに美しく描こうとはしません。
ドガは裸の女性の入浴姿を数多く描きましたが、それらは美しさよりも造形的な面白さにフォーカスしたものです。
逆に言えば、他人にはあまり見られたくないであろうポーズも散見されます。

 

実生活よりも芸術を愛したドガ

ドガ
「エトワール(スター)」1878年

コラムニストの山田五郎さんはドガを「真の変態」と形容しましたが、そのヘンタイさは極めて現代的です。
フツーの人は、芸術家といっても、どこかで名声やお金や異性に気を取られるものです。
現代でも「モテたくてミュージシャンになった」と公言する人が少なからずいるように、名声や成功への渇望が創作の動機になることはよくあります。
しかしドガは、芸術がすべてだと言わんばかりに禁欲をつらぬき、頭でっかちに誰彼かまわず議論をふっかけて、自我をこじらせていきます。
おそらく、周囲からは面倒くさい人と思われていたはずです。
いちばんの理解者であったカサットですら、最後はドガのもとを去っていきました。
パーティーピープルになれないオタク。
三次元より二次元を愛するヘンタイ。
それがドガです。
ですが、個性尊重の現代を生きる私たちの中には、少なからずドガが息づいているような気がします。

 

ちなみに、原田マハ『ジヴェルニーの食卓』所収の短編「エトワール」では、メアリー・カサットの目を通して、芸術至上主義者ドガの姿をしみじみと描いています。
ドガを好きな方はぜひ読んでみてください。

 

20世紀巨匠お勧め作品

お問い合わせ >>

 

20世紀巨匠一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。
 アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。
 気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!
無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。
30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。
購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、
さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。
サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。
1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。
経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。
購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

コラム一覧に戻る