fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

エコール・ド・ニューヨークを知っていますか?
~ウィレム・デ・クーニングと仲間たち

『「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画』 (幻冬舎)では、史上最高額の絵画として、2011年に3億ドルで売買されたゴーギャンの絵画『いつ結婚するの?(Nafea Faa Ipoipo)』を取り上げました。
フランス近代絵画ではないために書籍では触れませんでしたが、実は、同じく3億ドルで売買された絵画が、もう一つあります。それが、ウィレム・デ・クーニングの『インターチェンジ(Interchange)』です。
2017年現在、最も高額とされる絵画を描いたデ・クーニングとは、いったいどのような画家だったのでしょうか。

 

「インターチェンジ(Interchange)」1955年 油彩

 

ウィレム・デ・クーニングは1904年に、オランダに生まれました。
同じ年には、スペインでサルバドール・ダリが誕生しています。
二人は、近代絵画が現代絵画へ変わろうとする過渡期の画家で、どちらも成功した画家に相応しい長寿でした。ダリの享年は84歳、デ・クーニングは92歳です。

 

デ・クーニングの生まれたオランダは、面積はそれほど大きくありませんが、大航海時代は、スペインやポルトガルと並ぶ経済大国でした。
そのため文化の発展も顕著で、17世紀にはレンブラントやフェルメールといった著名画家を輩出しています。
19世紀にも、オランダからはゴッホやモンドリアンが出ていますが、当時のオランダは経済においても文化においてもヨーロッパの中心とは言えず、ゴッホやモンドリアンはフランスで絵の修業をしました。
20世紀生まれのデ・クーニングは、フランスではなくアメリカに渡り、以降、亡くなるまでアメリカで活動しました。ですから、一般的にはアメリカの画家という印象が強いでしょう。

 

デ・クーニングがアメリカに来たのは22歳のときで、当初は商業美術で生計を立てていました。商業美術とは、広告看板などをクライアント(依頼主)の注文に応じて制作するものです。
5歳のとき両親が離婚し、母子家庭で育ったデ・クーニングは、12歳から職人デザイナー見習いとして働いていました。ですからアメリカに渡ったのも、芸術家としてではなく、職人として仕事を得るためでした。


しかし、ニューヨークで数多くの芸術家の卵と触れ合ううちに、デ・クーニングは自らの絵を描くようになります。
また、画家仲間の中には、デ・クーニングと同じくヨーロッパからの移民が少なくありませんでした。例えばアルメニア生まれのアーシル・ゴーキー、ロシア生まれのマーク・ロスコなどです。
そのほか、ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、クリフォード・スティルなどのアメリカの画家とも知り合いになります。そうした人々の中に、1943年に結婚する画学生エレーヌもいました。
彼らはのちに、抽象表現主義の画家たちとして有名になります。

 

ちなみに、1950年代から60年代にかけて盛り上がった、ニューヨークの前衛芸術運動の作家たちを、ニューヨーク・スクールと呼びます。ここでいうスクールとは、学校という意味ではなく、学問や芸術の一派をさします。
エコール・ド・パリも、英語ではパリ・スクールですから、20世紀初頭にはフランスにパリ・スクール(パリ派)があり、20世紀半ばにはアメリカにニューヨーク・スクール(ニューヨーク派)があったことになります。
ニューヨーク・スクールは、画家ばかりでなく、音楽家や舞踏家や詩人なども含んだ集団を指しますが、絵画においては、抽象表現主義やアクションペインティングが特徴的でした。中でも、特に有名になったのが、ポロックとデ・クーニングの2人です。
このニューヨーク・スクールの活躍によって、美術の中心地がパリからニューヨークに移ったと見られるようになりました。
1957年に渡米した草間彌生も、ニューヨーク・スクールの一員です。

 

デ・クーニングは抽象表現主義の大家として知られていますが、最も有名な絵は具象画の連作になります。それが、1950年代から描き始めた、「女性(woman)」のシリーズです。

 

「女性Ⅲ(womanⅢ)」1953年 油彩

 

 

通常、男性画家が女性を描くと、美しさやセクシーさが強調されるものですが、デ・クーニングの描く女性は、荒々しく野蛮な姿をしています。そのため、男性にとっての女性の他者性を描いたものとして、高い評価を受けました。
中でも1953年に描いた『女性Ⅲ(womanⅢ)』は、2006年に1億3750万ドルで売買されたことで、特に有名になりました。
また、1955年に描かれた『ポリス・ガゼット(Police Gazette)』は、同じく2006年に6350万ドルという高値で売買されました。
ちなみに、デ・クーニングの作品の最高価格は、冒頭に書いたように、2015年に3億ドルで売買された『インターチェンジ(Interchange)』になります。この絵が1995年にオークションで落札された時の価格は2000万ドルでしたから、20年で価格が15倍になった計算です。

 

注目すべきは、この3枚の絵画の売主がすべて同一ということです。その人物の名前は、デヴィッド・ゲフィン。アサイラム・レコードやゲフィン・レコードを設立して大成功を収め、後には、映画監督スピルバーグ、元ディズニーCEOカッツェンバーグと共に、映画会社のドリームワークスSKG(3人の頭文字)を創設した、立志伝中の人物です。
コンテンポラリー・アートの熱心なコレクターであるゲフィンは、早い時期からポロック、デ・クーニング、ジャスパー・ジョーンズなどのアメリカの現代アートを収集し、後にそれを高値で売却して、利益を上げました。
2017年現在の、絵画の高額取引ベスト15を見ると、そのうち4つが、ゲフィンを売主としたものであることがわかります。なおかつ、そのうちの2つはデ・クーニングの絵画なのです。
ウィレム・デ・クーニングは1997年に亡くなりましたが、その作品は今もなお人気で、高額で取引されているのです。

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

 

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。

 

ご購入の際には「購入に安心の3つの特典」をご用意しております。 30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。 購入後のアフタケア―のご相談も承っております。

 

お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、 さらには10回分割無金利のサービスもございます。

 

2. お部屋やご予算に合わせた絵画のご提案

 

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。 サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。 1,500点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

 

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。 経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。 購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?