fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

エコール・ド・パリ時代の画家を、どれほど知っていますか?<西欧・北米編>
~パウル・クレーやルネ・マグリットもパリで修行した

20世紀初頭は、パリを中心に芸術が花開いた時代でした。
パリには、各国から有為の若者が集まり、その腕を競っていたのです。いわゆるエコール・ド・パリの時代です。当時は、全世界的に画家に注目が集まっていました。前回に続き、各国にどのような画家がいたのかを見てみましょう。

 

前回はドイツから東欧にかけて、九か国の代表を選びました。

今回は、さまざまな才能が集まるフランスから考えてみましょう。
当時のフランス人画家で最も名声が高かったのは、アンリ・マティス(1869-1954)です。しかし、マティスはやや世代が上になるので、エコール・ド・パリの画家とは考えられていません。同時代人なら、フランス代表はモーリス・ユトリロ(1883-1955)が適当でしょう。
ちなみに後に現代アートで名を馳せるマルセル・デュシャン(1887-1968)も、ユトリロと同世代です。

 

ユトリロ 「幻の村:モンマルトルの小径」 作品詳細 >>

 

次にスペイン代表です。
一般的にはエコール・ド・パリに含まれませんが、同時代にパリで活躍した大画家といえば、 パブロ・ピカソ(1881-1973)をおいて他には考えられません。
ピカソの場合は、成人後はフランスに定住してしまったために、フランスの画家というイメージも強いですが、スペイン代表として誰もが認める画家でしょう。
スペインには他にも ジュアン・ミロ(1893-1983)やサルバドール・ダリ(1904-1989)もいて、選択が難しいところです。

 

ピカソ 「顔No.0」 作品詳細 >>

 

フランスやスペインの場合は、候補者がたくさんいるために意見が分かれますが、満場一致で代表が決まりそうな、巨星の輝く国もいくつかあります。
例えば、スイス代表はパウル・クレー(1879-1940)で決定でしょう。
クレーの場合は、ドイツで活躍した時期が長いのですが、生まれてから18歳までスイスで教育を受けましたし、亡くなったのもスイスです。
このように、人口の少ない国の場合は、候補者が少ないため比較的容易に代表を決めることができます。

 

クレー「セネシオ」

 

ベルギー代表としては、シュルレアリズムの画家として知られる、ルネ・マグリット(1898-1967)が順当でしょう。
マグリットはパリにも出てきましたが、あまり肌が合わなかったのか、3年でブリュッセルに戻って、終生をベルギーで過ごしました。

ここから多少、難しくなります。
ベルギーの隣国、オランダ代表は、知名度や人気から言えば、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が輝いています。
しかし、エコール・ド・パリの同世代人で言えば、ピエト・モンドリアン(1872-1944)の方が適任です。

 

モンドリアン「赤・青・黄・黒のコンポジション」

 

さらに難しいのがイギリスです。
20世紀初頭の、ベル・エポック(良き時代)や、レ・ザネ・フォル(狂乱の時代)の時代に活躍した有名画家があまり見当たらないのです。原田マハさんが小説の題材に選んだオーブリー・ビアズリー(1872-1898)がモンドリアンと同年生まれですが、25歳で夭折したため20世紀を生きていません。
そこで、日本での知名度はそれほど高くありませんが、キュビスムに影響を受けた抽象絵画のベン・ニコルソン(1894-1982)を推薦したいと思います。

海を渡ってアメリカに移ります。
アメリカも、戦後のコンテンポラリー・アートには人材が多いのですが、19世紀末から20世紀初頭だと、適当な人がなかなか見つかりません。
同時代人だと、エドワード・ホッパー(1882-1967)か、女性画家のジョージア・オキーフ(1887-1986)でしょうか。
ここまでの候補者に女性画家がいなかったので、ここはオキーフにしておきましょう。オキーフは日本の草間彌生の渡米を支援したことでも知られています。
ちなみに、オキーフの夫は写真家のアルフレッド・スティーグリッツで、マルセル・デュシャンの「泉」の写真を撮影したことでも有名です。

次に隣国のカナダです。
カナダには、映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』で取り上げられた女性画家モード・ルイス(1903-1970)がいます。
しかし、エコール・ド・パリの同世代人としては、パリでも学んだ国民的画家エミリー・カー(1871-1945)が相応しいでしょう。カーも当時としては珍しい女性画家です。

 

カー「グラベル・ピットの上で」

 

女性画家といえば、知名度が高いのはメキシコのフリーダ・カーロ(1907-1954)ですが、彼女は若すぎるので、フランスにも滞在して、エコール・ド・パリともかかわりの深い、カーロの夫ディエゴ・リベラ(1886-1957)をメキシコ代表に選びました。

 

リベラ「花売り」

 

以上、前回に続いて1870~90年代生まれの画家から9か国9人を選抜しました。

フランス代表:モーリス・ユトリロ(1883-1955)
スペイン代表:パブロ・ピカソ(1881-1973)
スイス代表:パウル・クレー(1879-1940)
ベルギー代表:ルネ・マグリット(1898-1967)
オランダ代表:ピエト・モンドリアン(1872-1944)
イギリス代表:ベン・ニコルソン(1894-1982)
アメリカ代表:ジョージア・オキーフ(1887-1986)
カナダ代表:エミリー・カー(1871-1945)
メキシコ代表:ディエゴ・リベラ(1886-1957)

 

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?