絵画買取・販売の翠波画廊 > 取り扱い作家 > 20世紀巨匠作家 > マルク・シャガール

マルク・シャガール MARC CHAGALL

夢の世界を描き続けた色彩の画家マルク・シャガール
20 世紀を代表する版画家の一人でもあります。翠波画廊では、シャガールが
生前に残したオリジナル版画やリトグラフポスターを中心に多数取り揃えております。



        1922~1979年のリトグラフ全作品を網羅した
        講談社刊(全三巻)のカタログレゾネ




        1950~1975年のリトグラフ・ポスター86点を掲載
        したソルリエ編纂のカタログレゾネ


シャガールは、絵画の他にもステンドグラスや本の挿絵(挿画本)、陶芸、舞台装置、モザイク作品など生涯にわたって非常に多くの作品を手がけ、今なお世界的な人気を博しています。

シャガール絵画買取も致しております。
シャガール作品売却をお考えの方は無料査定も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

マルク・シャガール

マルク・シャガール
MARC CHAGALL

マルク・シャガール

夢の世界を描き続けた色彩の画家マルク・シャガール
20 世紀を代表する版画家の一人でもあります。翠波画廊では、シャガールが
生前に残したオリジナル版画やリトグラフポスターを中心に多数取り揃えております。



        1922~1979年のリトグラフ全作品を網羅した
        講談社刊(全三巻)のカタログレゾネ




        1950~1975年のリトグラフ・ポスター86点を掲載
        したソルリエ編纂のカタログレゾネ


シャガールは、絵画の他にもステンドグラスや本の挿絵(挿画本)、陶芸、舞台装置、モザイク作品など生涯にわたって非常に多くの作品を手がけ、今なお世界的な人気を博しています。

シャガール絵画買取も致しております。
シャガール作品売却をお考えの方は無料査定も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

作品一覧Work List

1 / 8123...最後 »

マルク・シャガール略歴Biography

1887年 マルク・シャガール、ロシア・ヴィテブスクのユダヤ人地区に9人兄弟の長男として生まれる。
1907年 ペテルブルグ(サンクト・ペテルブルグ)の王立美術学校に奨学金を得て通学する。
1910年 ヴィナヴェルの資金提供によってパリへ出る。
1911年 「蜂の巣」(ラ・リュッシュ)と呼ばれるアトリエに移る。ロベール・ドロネー、フェルナン・レジェ、モディリアーニらの画家とも知り合う。
1912年 アンデパンダン展に初参加。10月にはサロン・ドートンヌに初出品する。
1915年 ベラ・ローゼンフェルトと結婚。モスクワの美術展に油彩画25点を出品。
1915年 長女イダ誕生。
1918年 シャガールの美術学校「ヴィテブスク・アカデミー」が認可される。ソヴィエト政府が、12点の作品を購入する。
1919年 ヴィテブスク・アカデミーの校長に就任する。
1920年 校長を辞め、モスクワへ移る。ユダヤ劇場の舞台装置などを手がける。
1921年 ユダヤ人の戦争孤児院で美術を教える。ロシア語の自叙伝「わが回想」を編み始める。
1922年 ベルリンで、出版社パウル・カッシラーの依頼により、「わが回想」のための挿絵を銅版画で制作し始める。
1923年 画商のアンブロワーズ・ヴォラールから招かれパリに移る。ゴーゴリの小説「死せる魂」の版画をヴォラールに依頼される。
1925年 版画集「死せる魂」の銅版画を完成する。
1941年 第二次大戦のため米国に脱出、ニューヨークで絵画活動を続ける。
1944年 妻ベラが死去。悲しみのあまり、しばらくの間、制作ができなくなる
1946年 ニューヨーク近代美術館で展覧会(マルク・シャガール回顧展)開催。「アラビアン・ナイト」を主題に、初めて多色刷りのリトグラフ(石版画)による版画作品に取り組む。
1947年 パリの国立近代美術館で展覧会(マルク・シャガール回顧展)開催。
1948年 アメリカからフランスへ移り、パリ郊外に住む。第24回ヴェネツィア・ビエンナーレで版画大賞を受賞する。
1950年 刷り師シャルル・ソルリエと親交を結ぶ。ミュンヘンの美術館でマルク・シャガール展開催。
1952年 ヴァランティーナ・ブロドスキー(愛称ヴァヴァ)と知り合い、結婚する。
1956年 雑誌「ヴェルヴ」(No.33.34)のため、サーカスを主題としたリトグラフ(石版画)と16枚の「聖書」のリトグラフ(石版画)を制作。テリアッドから「聖書」が出版される。
1957年 パリ国立図書館で版画の展覧会(マルク・シャガール回顧展)。
1958年 色彩銅版画集「悪童たち」が出版される。
1959年 パリ装飾美術館で展覧会(マルク・シャガール回顧展)。
1961年 パリの装飾美術館でステンドグラス「イスラエルの12の部族」の展覧会開催、ニューヨーク近代美術館に巡回。「ダフニスとクロエ」リトグラフ(石版画)集がテリアッドから出版される。
1964年 パリのオペラ座天上画が完成。
1966年 ニューヨークのメトロポリタン歌劇場の壁画を制作。リトグラフ(石版画)集「出エジプト記」を出す。
1967年 リトグラフ(石版画)「サーカス」がテリアッドから出版される。
1968年 木版画集「ポエム」がジェラルド・クラメールから出版される。
1970年 パリの国立図書館で版画作品のマルク・シャガール回顧展開催。
1973年 国立マルク・シャガール聖書のメッセージ美術館開館。
1974年 リトグラフ(石版画)「オデュッセイア」の制作にとりかかる。
1975年 フェルナン・ムルロから「オデュッセイア」が出版される。リトグラフ(石版画)「テンペスト」が出版される。銅版画集「以心伝心」が、翌年にかけて出版される。
1976年 日本でマルク・シャガール展開催。
1977年 フランスのレジオン・ドヌール最高勲章を授与される。ルーブル美術館で展覧会開催。
1985年 マルク・シャガール、ヴァンスの自宅で死去。

電話 : 03-3561-1152

平日・土曜 10:00〜18:00E-mail : info@suiha.co.jp