fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

【会期終了】世界の現代アート展

7月1日(土)〜7月15日(土)

会場:翠波画廊 東京店

10:00~18:00*日祝休廊

いま話題の作品が一堂に!

いま世界のアートトレンドとなっている現代アート。
市場は年々大きな盛り上がりを見せており、国内外を問わず新たなアーティストが次々と輩出されています。


そこで翠波画廊では、人気の現代アーティストの作品をはじめ、今後アートシーンをにぎわせる可能性を秘めた若手アーティストの作品まで、多彩な作品を一堂に展示・販売する展覧会を開催いたします!
この貴重な機会をお見逃しなく。

アンディ・ウォーホル「キャンベル・スープII 61」
1969年 シルクスクリーン 250部
詳しくはこちら>>

展覧会で見逃せない、注目作品はこちら!!

①バンクシー作品が新入荷!

バンクシー「Sale Ends(V.2)」
2017年 シルクスクリーン 500部
詳しくはこちら>>

アートに興味のない方でも、名前は知っているというような稀有なアーティスト、バンクシー。


2021年にはオークションレコードを更新し続け、2022年にはウクライナに作品を残し、世界中で話題をさらいました。

そんなバンクシーの壁画作品は手に入れることが難しいですが、まだ手に入れることが可能な版画作品に、コレクターたちの注目が集まっています。

今回、バンクシーが2017年に新作として自身で発表した貴重な版画作品である一枚が入荷いたしました!

本作はバンクシー自身が作品販売をしていたショップ、「Pictures on Walls」が閉店することを受け、2006年に制作された作品をアップデートし、Version2として制作された、メッセージ性に富んだ一枚です。

翠波画廊では、バンクシー作品はすべて公式の鑑定書であるCOAが付いたものだけを取り扱っております。この機会にお見逃しなく。


②ウォーホルの貴重な初期作品

ポップアートの旗手として、ピカソやデュシャンなどと同様、美術の定義そのものを変えたアーティストの1人であるアンディ・ウォーホル。美術家「アンディ・ウォーホル」として認知される前は、イラストレーターとしても活躍していたことをご存じですか?


本作は、イラストレーター時代に母親、友人などと協力して自主制作した貴重な作品です。空想のレシピを描いたユニークな本作は、若きウォーホルの遊び心を感じます。

アンディ・ウォーホル「ワイルド・ラズベリー:ベイクド・ハワイ」
1959年 オフセットリトグラフ
詳しくはこちら>> 
アンディ・ウォーホル「リンカーン・センターの入場券」
1967年 シルクスクリーン 500部
詳しくはこちら>> 

その後、1962年に「スープ缶」を展示した初の個展を皮切りに、ポップ・アーティストとしてのデビューを果たしたウォーホル。

そんな60年代には、ニューヨークのリンカーン・センターで、第5回ニューヨーク・フィルム祭の為に依頼され、チケット型の大判作品を制作しました。ウォーホルを象徴するフラワーのモチーフや、ポップな色使いが思わず目を惹かれる作品です。

このような貴重な初期作品から、代表作である「キャンベル・スープ」まで、ウォーホル作品の軌跡を辿ることのできる作品を一堂に展示販売いたします。


③草間彌生のアイコニックな「かぼちゃ」

いまや誰もが知る日本の現代アーティスト草間彌生。今年3月に94歳を迎えた現在も、変わらず精力的に制作を行っています。

2023年にも、ルイ・ヴィトン2度目のコラボレーションを行い、彼女の代名詞であるサイケデリックな水玉模様やアイコニックなかぼちゃ世界中を席巻しました。

またアート市場でも近年ますます注目が集まり、今年4月にはかぼちゃのブロンズ作品が日本の彫刻の史上最高額を更新!
その人気はとどまるところを知りません。

大きな画面に人気No.1の図柄である黄色いかぼちゃが描かれた「かぼちゃのひるね」。
草間彌生の水玉とかぼちゃを目一杯にご堪能いただけます。

草間彌生「かぼちゃのひるね」
1993年 シルクスクリーン
詳しくはこちら>>

④お問い合わせの絶えないミスター・ブレインウォッシュ

ミスター・ブレインウォッシュ「M-Classic」2020年 シルクスクリーン、ミクストメディア 
詳しくはこちら>>

翠波画廊でもご紹介の度に、大反響をいただいているミスター・ブレインウォッシュ作品。

独自のユニークな表現と、コンテンポラリーアートの流れを受け継ぐような作風が、多くのお客様の目にとまり、ご好評をいただいております。

昨年末にオープンしたブレインウォッシュだけのミュージアムでも、世界中から多数の来場を記録しているようで、ブレインウォッシュ作品の盛り上がりを感じます。

これからの活動からも目が離せないアーティストです!


⑤新たに取り扱いを開始!期待のストリートアーティスト

シャノワール(CHANOIR)

コロンビア系フランス人であるシャノワールはパリを中心にロンドンやNY、コロンビアなど世界各国で活躍する若手アーティストです。

現在はパリに設立したスタジオでのキャンバス制作と、パリ、バルセロナ、ボゴタ、ウィンウッド・マイアミのストリートでのスプレー・ペインティングを交互に行っています。2019年には文化大臣より芸術文化勲章を授与しており、Samsung 、Audi、ディズニーのような一流ブランドとのコラボレーションも発表するなど、今後の活躍にも目が離せないシャノワール。


今回の展覧会にて初お披露目いたします!
シャノワールの世界をお楽しみください。

シャノワール「シャノワールのネオン」
アクリル 
詳しくはこちら>>

雑誌の表紙も飾っています


2023年、フランスで出版されているコンテンポラリーアートに特化した著名な雑誌「URBANEARTS」の表紙を飾りました。

シャノワールは今ヨーロッパをはじめ、最も注目を集め、世界的に高い評価を得ている現代アーティストです!

日本では、いち早く翠波画廊がご紹介いたします。この機会をお見逃しなく。

詳しくはこちら>>


「世界の現代アート展」

2023年7月1日(土)~7月15日(土)

10:00~18:00 日祝休廊

会場:翠波画廊 東京店

入場は無料です。ぜひこの機会にご来廊ください。

現代アート作品一覧はこちら>>

ストリートアート作品一覧はこちら>>

お知らせ一覧