fbpx
アクセス アクセス お問い合わせ お問い合わせ

世界一人気の画家とは?

世界でいちばん人気のある画家は誰でしょうか?
オークションの売上でいえばピカソです。
展覧会の回数と集客でいえばゴッホでしょうか?
昨今のメディアの登場回数でいえばバンクシーかもしれません。
この手の議論は、好みが分かれるので決着がつきません。
イギリスのアートサイトArtSupplies.co.ukは、この問題にグーグルにおける検索回数という客観的なデータを用いて一つの回答を提示しました。
グーグルキーワードプランナーを使って、2020年の1年間に、世界各国でそれぞれ最も検索された画家を調べたのです。

 

アジアで人気の画家は?

アジアで最も人気の画家 出典:ArtSupplies.co.uk

日本で最も検索されていた画家は、バンクシーです。
コロナ禍に襲われた2020年は、バンクシーのストリートアートが注目を集め、その作品の価格が急上昇した年でもありました。
アジアで、同じくバンクシーを最も多く検索していたのは、ロシアと台湾です。
そのほかの国では、バンクシーがいちばん人気だったわけではありません。
イギリスで生まれた現代アートのバンクシーは、ともすれば富裕層の道楽と見られる面があり、価格の話も、アジアの多くを占める低所得国ではひびきません。
インドやアラブ首長国連邦など南アジアを中心に21か国の支持を集めたのは、誰が見てもその技術の高さがわかる、古典絵画のレオナルド・ダ・ヴィンチでした。
また、カザフスタンやキルギスタンなどコーカサス地方、イスラエルやサウジアラビアなどの中東地域、そしてタイやベトナムなど東南アジアの合計15か国で幅広く人気だったのは、情念が見る人に伝わってくる、近代絵画のフィンセント・ファン・ゴッホでした。
そのほか、インドネシアではジョアン・ミロが、韓国ではデイヴィッド・ホックニーが、イエメンではウィリアム・ブレイクがそれぞれ1位でした。それぞれの国でメディア報道などをからめた何らかの事情があったのかもしれません。
変わっているのはフィリピンです。他の国が美術史のビッグネームを検索しているのに対して、フィリピンの人々が最も多く検索したのは、フィリピン人画家のフアン・ルナでした。おそらくフィリピン国内でとても愛されている国民的な画家なのでしょう。

ヨーロッパで人気の画家は?

ヨーロッパで最も人気の画家 出典:ArtSupplies.co.uk

では、ヨーロッパではどのような画家が最も多く検索されていたのでしょうか?
ヨーロッパは出身国イギリスを含むだけにバンクシーの人気が高く、イギリスやフランスやオランダなど10か国でバンクシーが1位でした。
このバンクシーと同数で並んだのが、メキシコの女性画家フリーダ・カーロです。
メキシコの旧宗主国であるスペインをはじめ、ギリシャやトルコなどの地中海東岸部、そしてスウェーデンやフィンランドなど幅広い地域でフリーダ・カーロが支持されました。
しかし、最も多くの国で検索されていたのは、やはりレオナルド・ダ・ヴィンチです。チェコ、ポーランド、ウクライナ、ルーマニアなど経済面で西欧に遅れをとる東欧諸国では、ダ・ヴィンチの古典絵画が人気を集めたようです。
少数票となったのがベラルーシのパブロ・ピカソ、ベルギーのキース・ヘリング、エストニアのニコ・ピロスマニでした。
それにしてもジョージア(グルジア)の山下清とも言われるニコ・ピロスマニが、なぜ遠く離れたバルト海のエストニアで最も検索されているのでしょうか。
その答えとして、エストニア国内の有名レストラン・チェーン店の存在があげられます。ジョージア料理を出すそのレストランは、その名前を故国の画家への敬愛からピロスマニとしているのです。
アメリカ人のマクドナルドさんの名前が世界中で検索されるのと同じ現象が起きているのでしょう。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


アフリカで人気の画家は?

アフリカで最も人気の画家 出典:ArtSupplies.co.uk

ここまでの結果から見られるように、世界各国で人気の画家は、それぞれの国の政治的、地理的、経済的事情の影響を受けます。
それが最も顕著にわかるのがアフリカです。
アフリカは、地理的に北アフリカ、西アフリカ、中部アフリカ、東アフリカ、南部アフリカの5つの地域に分けられます。
地中海に面していて、古くからヨーロッパとの交易があり、アラブ人が多いためにホワイト・アフリカとも呼ばれる北アフリカでは、ゴッホが人気でした。
一方、フランスやベルギーの植民地となっていて、公用語がフランス語となっている西アフリカや中部アフリカでは、フランスで活躍したピカソが最も多く検索されていました。
また、イギリスやドイツやポルトガルの植民地となっていて、主に英語を公用語とする東アフリカや南部アフリカでは、レオナルド・ダ・ヴィンチがよく検索されています。
このように見ると、ピカソは世界的な人気ではダ・ヴィンチにはまだ届かないようです。
西アフリカや中部アフリカでも、フランス語圏ではないガンビアやギニアビサウ、シエラレオネ、リベリア、ガーナ、赤道ギニアでは、ピカソよりもダ・ヴィンチの検索回数のほうが上位に位置していました。
同様に、ナイジェリアとウガンダではディエゴ・ベラスケスが、チャドとジブチではフリーダ・カーロが人気となっていました。

2020年に世界でいちばん検索された画家は?

以上の結果に、南北アメリカとオセアニアの各国を加えて集計された結果は、レオナルド・ダ・ヴィンチが82か国で、ダントツの1位でした。
2位はフリーダ・カーロで29か国、3位はフィンセント・ファン・ゴッホで24か国です。
4位に食い込んできたのが、本国イタリアをはじめ、ドイツやオーストラリア、中国などで最も多く検索されたアルテミジア・ジェンティレスキです。
アルテミジアは、ルネサンス以降のイタリアの女性画家です。フィレンツェの美術アカデミーにおける初の女性会員になったことからもわかるように腕は確かでしたが、女性画家の少ない時代ゆえに性差別を受けることも多く、レイプ裁判などスキャンダルの的になりました。
2020年7月8日に、グーグルがアルテミジアの生誕427周年を記念して、トップページに彼女のグーグル・ドゥードルを掲載したことから、ネットでの知名度があがりました。
アルテミジア・ジェンティレスキに次ぐ5位には、アフリカでの人気を反映してパブロ・ピカソ、6位にはバンクシーが入っています。

世界で最も人気の画家 出典:ArtSupplies.co.uk

2020年に世界各国のGoogleで最も検索された画家ランキング

1. レオナルド・ダ・ヴィンチ 82か国
2. フリーダ・カーロ 29か国
3. フィンセント・ファン・ゴッホ 24か国
4. アルテミジア・ジェンティレスキ 23か国
5. パブロ・ピカソ 18か国
6. バンクシー 14か国

ちなみに、Artpriceによれば、2021年上半期の世界の美術市場の売上高ランキングでパブロ・ピカソは1位、バンクシーは5位となっています。
どちらのランキングにおいても、存命アーティストのトップがバンクシーであることは、彼の影響力の大きさを示しています。
2021年12月5日まで、東京・天王洲の寺田倉庫G1ビルにて「バンクシーって誰?」展が開催されています。バンクシー非公認の展覧会ですが、展示が充実しているので一見の価値があります。

 

バンクシー お勧め作品

お問い合わせ >>

バンクシー作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?