fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

1億ドルを超えるピカソの絵画ランキング
~美術品オークション高額落札トップ24【2024年最新版】

2021年5月13日、ニューヨークのオークションで、パブロ・ピカソが1932年に描いた油絵≪窓辺に座る女≫が1億340万ドル(約113億円)で落札されました。
ピカソの作品が1億ドルを超える価格で売買されるのは、これで6作品目です。
なぜ、ピカソはこれほど人気なのでしょうか?

 

1.アルジェの女たち(バージョンO)

ピカソ ≪アルジェの女たち(バージョンO)≫
1955年 (1億7940万ドルで落札)
Christie’s 2015

ピカソの作品で最も高額で落札されたのは、1955年に描かれた≪アルジェの女たち(バージョンO)≫で、手数料込1億7940万ドル(約215億円)でした。
当時の史上最高額です。
この作品は、フランスの巨匠ドラクロワの≪アルジェの女たち≫をピカソ流に描き直したものです。
当時の愛人ジャクリーヌ・ロックをモデルとして描いたもので、「ドラクロワはジャクリーヌと出会っていた」とピカソ自身がコメントしています。
ちなみにピカソがジャクリーヌと出会ったのは、作品が描かれる2年前の1953年。
当時、ピカソは72歳で、ジャクリーヌはバツイチ子持ちの26歳でした。
この作品が描かれた1955年には、ピカソの正式な妻であったオルガが死去しました。
その6年後の1961年にジャクリーヌはピカソと結婚して、ピカソの最期を看取ることになります。

2.夢

ピカソ ≪夢≫ 1932年
(1億5500万ドルで売買)
TATE MODERN EXHIBITION THE EY EXHIBITION
PICASSO 1932 – LOVE, FAME, TRAGEDY

ピカソの作品で2番目に高額で売買されたのは、1932年に描かれた≪夢≫です。
描かれているのは、当時の愛人マリー・テレーズ・ワルテルです。
絵の中で眠る女性の右肩からドレスにかけてが、屹立するペニスのかたちになっていて、左半身には乳房と乳首、あるいは皮を被ったペニスがダブルイメージで描かれています。
この作品は1941年にコレクターが7000ドルで購入して長く所有していましたが、その死後の1997年にオークションに出品されて4800万ドルで落札されました。
さらに2001年には6000万ドルで売買、2013年には1億5500万ドルで売買されるなど、取引のたびに価格が大きく上昇しています。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


3.腕時計の女

ピカソ《腕時計の女》
1931年(1億3900万ドルで落札)
Sotheby’s 2023

ピカソの作品で3番目に高額で売買されたのは、1931年の≪腕時計の女≫です。
2023年にサザビーズ・ニューヨークで落札されました。
ここに描かれているのも、マリー・テレーズ・ワルテルです。
ピカソの有名絵画にはマリー・テレーズを題材にしたものが多いのですが、それは彼女とつきあっていた時期のピカソが女性の絵をよく描いていたからです。

4.花かごを持つ少女

ピカソ≪花かごを持つ少女≫
1905年(1億1500万ドルで落札)
HYPEBEAST

ピカソの4番目に高額な作品は、1905年に描かれた≪花かごを持つ少女≫で、1億1500万ドル(約125億円)で落札されました。
この作品はピカソが抽象画を描き始める以前の「ばら色の時代」のもので、まだ成熟していない10代の少女がモデルとなっています。
最初の所有者は、ピカソと交流があったレオ・スタインとガートルード・スタインの兄妹で、1905年にわずか30ドルでピカソから直接購入したと見られています。
その後、1968年に大富豪のデイヴィッド・ロックフェラーに680万ドルで購入され、彼の死後にオークションに出品されて1億1500万ドルで落札されました。

5.ヌード、観葉植物と胸像

ピカソ≪ヌード、観葉植物と胸像≫
1932年(1億650万ドルで落札)
Christie’s 2010

ピカソの5番目に高額な作品は、1932年に描かれた≪ヌード、観葉植物と胸像≫で、1億650万ドルで落札されました。
1930年代前半に描かれたピカソの絵の多くは、当時の愛人マリー・テレーズ・ワルテルをモデルにしています。
この作品もその一つで、肌の色が白く美しいブロンドの髪の毛をもっていたマリー・テレーズの魅力を存分に描いています。
60年近くコレクターの手元に置かれていましたが、死後にオークションに出品されて高い評価を受けました。

6.パイプを持つ少年

ピカソ≪パイプを持つ少年≫
1905年(1億420万ドルで落札)
thisismedia

ピカソの作品で6番目に高額なのは、1905年に描かれた≪パイプを持つ少年≫で、1億420万ドルで落札されました。
この作品は先に紹介した≪花かごを持つ少女≫と同じく「ばら色の時代」の代表作で、頭に花輪をつけた10代の少年を描いています。
「ばら色の時代」のピカソは、それまでの「青の時代」とはうってかわって、赤を基調とした温かみのある作品を多く描きました。

7.窓辺に座る女

ピカソ≪窓辺に座る女≫
1932年(1億340万ドルで落札)
REUTERS

7番目は1932年に描かれた≪窓辺に座る女≫です。2021年にクリスティーズで落札されました。
この作品も、≪夢≫や《腕時計の女》や≪ヌード、観葉植物と胸像≫と同様にマリー・テレーズ・ワルテルをモデルにしています。
クリスティーズの担当者は「(ピカソの作品の中でも)マリー・テレーズの肖像画に対する評価は非常に強い」と語っています。
この作品は2013年にサザビーズに出品された際には約42億円で落札されており、8年間で3倍近く価格が上がった計算になります。

美術品オークションの落札記録(2024年1月現在)

オークションにおいて1億ドルを超えた美術品はこれまでに24作品あります。
この美術品落札記録トップ24にピカソは6作品も入っています。
つまり高額落札記録の4分の1がピカソ作品で占められています。
なぜピカソはこれほどまでに高く売買されるのか。
やはり美術史に残した偉大な足跡が今もなお燦然と輝いているからでしょう。


 



1.ダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》4億5030万ドル(2017年)

2.ウォーホル《ショット・セージ・ブルー・マリリン》1億9500万ドル(2022年)

3.ピカソ《アルジェの女たち(バージョンO)》1億7940万ドル(2015年)

4.モディリアーニ《横たわる裸婦》1億7040万ドル(2015年)

5.モディリアーニ《(左向きに)横たわる裸婦》1億5720万ドル(2018年)

6.スーラ《ポーズ集、アンサンブル(プチ版)》1億4924万ドル(2022年)

7.ベーコン《ルシアン・フロイドの3つの習作》1億4240万ドル(2013年)

8.ジャコメッティ《指差す男》1億4130万ドル(2015年)彫刻

9.斉白石(チー・バイシ)《山水十二屏》1億4100万ドル(2017年)アジア人最高価格

10.ピカソ《腕時計の女》1億3900万ドル(2023年)

11.セザンヌ《サント・ヴィクトワール山》1億3790万ドル(2022年)

12.ムンク《叫び》1億1990万ドル(2012年)

13.ゴッホ《ヒノキのある果樹園》1億1718万ドル(2022年)

14.ピカソ《花かごを持つ少女》1億1500万ドル(2018年)

15.モネ《積み藁》1億1070万ドル(2019年)

16.バスキア《無題》1億1050万ドル(2017年)日本人による落札最高価格

17.ピカソ《ヌード、観葉植物と胸像》1億650万ドル(2010年)

18.ゴーギャン《マタニティ II》1億573万ドル(2022年)

19.ウォーホル《銀色の車の事故(二重の災禍)》1億540万ドル(2013年)

20.クリムト《白樺の森》1億458万ドル(2022年)

21.ジャコメッティ《歩く男I》1億420万ドル(2010年)彫刻

22.ピカソ《パイプを持つ少年》1億420万ドル(2004年)

23.ピカソ《窓辺に座る女》1億340万ドル(2021年)

24.ジャコメッティ《二輪戦車》1億100万ドル(2014年)彫刻

*ピカソ《夢》(1億5500万ドル)は個人間取引なのでランキングに入っていない。

ピカソお勧め作品

お問い合わせ >>

 

パブロ・ピカソ 作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載!無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?