fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

ピカソの愛人10人の秘密!
画風の変化と女性関係の驚くべき関係とは?(後編)

2023年6月、フランソワーズ・ジローが101歳で亡くなったことがニュースになりました。
フランソワーズ・ジローは、今回紹介するピカソの愛人の一人です。
ピカソの4人の子どものうちの2人を産み、また自らピカソを振った唯一の愛人としても知られていました。
今年2023年はピカソ没後50年でもありますが、50年経ってもなおアート業界にこれだけの影響力を誇るピカソ、恐るべしです。

1~5人目のピカソの恋人について解説した前編はこちらです。
>>ピカソの愛人10人の秘密!画風の変化と女性関係の驚くべき関係とは?(前編)

6人目、新古典主義の時代のオルガ・コクロヴァ

ピカソ《ひじかけ椅子に座るオルガ》1917年
Musée national Picasso-Paris

ピカソの最初の妻となったのは、ロシア人のオルガ・コクロヴァでした。
1917年、詩人のジャン・コクトーに誘われて、ロシア・バレー団の舞台美術の仕事をした36歳のピカソは、巡業に同行するなかで、踊り子の一人であった26歳のオルガに目をつけます。
しかし、ロシア貴族のお嬢様だったオルガは、それまでの相手のように簡単には手に入りませんでした。ピカソはオルガを射止めるために婚約し、2人は1918年にパリで結婚します。
貴族の娘オルガとの結婚は、ピカソに社会的地位をもたらしました。
オルガはピカソを上流階級の集まる世界に連れて行き、ピカソは社交界で富裕層とも付き合うようになります。
また、オルガはピカソの前衛絵画と実験にあまり興味を持たず、自分を描くのならわかりやすくきれいに描いてくれと注文をつけたそうです。
こうしてピカソはキュビスムから離れて、古典主義風の絵画に回帰します。この時代のピカソの作風を「新古典主義」と呼びます。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


7人目、シュルレアリスムの時代のマリー=テレーズ

1921年、オルガはピカソの長男パウロを出産します。
結婚後しばらくは家庭的な男を演じていたピカソですが、だんだんと退屈してきたのでしょうか、1927年になると新たな愛人を作ります。
17歳のマリー=テレーズ・ウォルターです。出会った当時、ピカソは45歳でした。
ピカソとマリー=テレーズの愛人関係は、オルガには秘密のまま何年も続けられました。
ピカソは、マリー=テレーズを芸術の霊感を与えてくれる女神として、何枚も絵を描いています。中でも有名なのが1932年の《夢》です。
この頃、ピカソは、「シュルレアリスム宣言」を発表したアンドレ・ブルトンの敬愛を受けて、シュルレアリスム運動への共感を見せていました。
すでに大家の地位を築いていたピカソは、この若者の運動に積極的に荷担こそしなかったものの、作品にはシュルレアリスムの影響が見られます。
《夢》は、眠るマリー=テレーズを描いたものです。鼻梁を挟んで二つに塗り分けられた顔は、左半分だけを見ると眠る横顔のように見えます。また、マリー=テレーズの丸みを帯びた右肩とドレスは、陰茎と包皮のようでもあります。


1935年、「夢」のモデルになったマリー=テレーズは、ピカソの娘であるマヤを生みます。これに先立って、マリー=テレーズの妊娠を知ったピカソの妻オルガは、息子のパウロを連れて家を出て行きました。とうとうピカソに愛想が尽きたのです。
しかし、ピカソとオルガは正式には離婚しませんでした。宗教上の理由とも、オルガが拒絶したとも、ピカソが財産分与を嫌がったとも言われています。
オルガは南フランスにあるピカソの別荘で暮らすことになり、ピカソはパリでの独身生活を楽しみ、週末だけマリー=テレーズとマヤの住む家に帰るようになります。

8人目、ゲルニカの時代のドラ・マール

たいていの人は50歳を超えれば落ち着くものですが、怪物ピカソは違いました。
マヤが生まれた翌年の1936年、54歳のピカソは新たな愛人を作ります。
シュールレアリストのサークルに出入りしていた28歳の写真家、ドラ・マールです。
ドラ・マールは、しばしばマリー=テレーズに嫉妬しました。ピカソのアトリエでマリー=テレーズと鉢合わせして、喧嘩になったこともあるそうです。ピカソもまた、そんな二人を止めることなくなすがままにしていたそうです。
嫉妬に狂うドラ・マールの姿を、ピカソは《泣く女》という作品に残しています。この作品はピカソの代表作で、油絵や版画を含めてさまざまなバージョンが作られました。

ピカソ《泣く女》1937年
Tate Modern

ドラ・マールとマリー=テレーズの女の戦いを制したのは、ドラのほうでした。
ドラ・マールはその後、横幅が約8メートルの大作壁画《ゲルニカ》の制作過程を写真で記録するなど、公私ともにピカソのパートナーとして活躍します。
後年のドラは、冗談交じりで《ゲルニカ》はピカソと自分の共作だと語っていました。

9人目、円熟期のフランソワーズ・ジロー

ピカソ《花の女》1946年
Pablo Ruiz Pikasso net

ピカソの女性に対する情熱は、なおも止まりませんでした。
1943年、62歳のピカソは、画家志望の学生だった、当時22歳のフランソワーズ・ジローと知り合います。彼女はピカソの長男パウロよりも年下で、ピカソとは40歳の年齢差があったのですぐに恋愛関係には発展しませんでした。
しかしピカソはフランソワーズの知性に魅了され、フランソワーズもピカソの愛情に応えて、1946年から同棲が始まります。
フランソワーズは、1947年にピカソの息子クロード、1949年には娘パロマを生みます。 オルガの息子パウロとマリー=テレーズの娘マヤと合わせて、ピカソには合計4人の子供ができました。
とはいえ、正妻オルガの地位は揺らぎませんでした。ピカソはマヤを通じてマリー=テレーズとの関係も続け、ドラ・マールも手放しませんでした。
60代のピカソはいわゆるピカソらしさのあふれる円熟期の作品を量産しました。
当時描かれた《花の女》のモデルがフランソワーズ・ジローです。

10人目、晩年を看取ったジャクリーヌ・ロック

1953年、71歳のピカソは、26歳で離婚歴のあるジャクリーヌ・ロックに惚れて、口説き落とします。
それを知ったフランソワーズは、ピカソと別れる決心をし、パリに出て画家として自立の道を歩み始めます。
画家として成功後に、おそらく初めて女性のほうから愛想を尽かされたピカソは、激怒してフランソワーズの画家としてのキャリアを邪魔しようとします。
彼女が同世代の画家リュック・シモンと結婚してからは、復縁をもちかけて離婚させたのですが、1961年にフランソワーズがシモンと離婚した途端、ピカソはジャクリーヌと結婚してしまいました。よほどフランソワーズのことが許せなかったのでしょう。
ちなみに、前妻オルガは1955年に亡くなっていたので、ピカソは誰と結婚するのも自由でした。フランソワーズの存在がなければ、ジャクリーヌとの結婚もなかったかもしれません。
ジャクリーヌは、ピカソが1973年に亡くなるまで、公私ともにマネージャーとして献身的に尽くしました。結婚時に80歳になっていたピカソは、さすがに女遊びはできなくなったのか、晩年はおとなしくジャクリーヌに従っていました。
当時のピカソが熱中していたのは、古典作品をピカソ風に翻案して描きなおすことでした。そのうちの一つが《アルジェの女たち》です。
この作品は、アルジェリアのハーレム(後宮)を描いたドラクロワの同名作品を元にしていて、左側に描かれた女性はジャクリーヌをモデルにしています。


ピカソ《アルジェの女たち(バージョンO)》1955年
Christie’s 2015

ピカソ《アルジェの女たち(バージョンO)》は、2015年のニューヨーク・クリスティーズのオークションで、手数料込み約1億8000万ドル(約215億円)で落札され、当時の美術品の史上最高落札価格となりました。2023年現在もなお史上3位の記録です。

翠波画廊ではピカソの作品を取り扱っています。
ぜひご覧になってください。

ピカソ 作品一覧はこちら >>

ピカソ おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

ピカソ 作品一覧はこちら >>


Amazonランキング1位!最新刊が好評発売中!!

アートの価値転換はどのように起こったのか
美術商の視点から読み解いた翠波画廊・髙橋の最新刊!

 

 

画商が読み解く 西洋アートのビジネス史

 

単行本:350ページ
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
著者:髙橋芳郎

 

価格:2,200円(税込)

全国書店、amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中!
※翠波画廊にて本書をお求めいただいたお客様は、配送料無料、著者のサイン入り本をお届け!

 

 


翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?