アートコラム

なぜピカソは≪ゲルニカ≫を描いたか?

2019/11/26

パブロ・ピカソの一般的なイメージは、人を驚かせる前衛画家であり、若い愛人を何人も持った艶福家でしょう。
その一方で、ピカソは戦争の悲惨さを訴える政治的な壁画≪ゲルニカ≫の作者としても有名です。
親しい友人であった画商のカーンワイラーが、ピカソを「政治意識の薄さでは人後におちない」と形容しているように、それまでのピカソの人生には政治的な行動はほとんど見られませんでした。
ピカソだけでなく、自分自身の美を追求するアーティストの多くは、他人の幸福を泥にまみれながら追求する政治には、あまり興味を持たないものです。
なぜ、ピカソは≪ゲルニカ≫を描いたのでしょうか?

 

ピカソ作品一覧はこちら >>

 

≪ゲルニカ≫はスペイン政府からの依頼だった

ピカソが≪ゲルニカ≫の制作に着手したのは1937年1月のことです。
同年5月からパリで開催される万博(万国博覧会)のスペイン館に飾るために、共和国政府からの依頼があったからです。
ちなみに、当時スペイン共和国の政府軍は、元陸軍総長のフランシス・フランコの指揮する反乱軍との内戦を戦っていました。
スペインを二分したこの内戦で、ピカソは政府軍を支持し≪フランコの夢と嘘≫と題した風刺の詩とそれに添える銅版画を制作して販売し、売上を政府軍に寄付していました。共和国政府からの壁画制作の依頼は、ピカソへの恩返しでもあったのでしょう。
当初、ピカソが壁画の主題に考えていたのは、政治とは無関係のものでした。しかし同年4月に、ドイツ空軍の助力を得たフランコの反乱軍が、バスク地方の小さな街ゲルニカを無差別爆撃して、一般市民を多数殺害したことがニュースになると、一転してこの事件をテーマに絵を描くことにしました。
当時、戦争は軍と軍との間で行うものでした。戦略拠点があるとはいえ、一般市民への空爆は史上初の惨事でした。

ピカソ≪ゲルニカ≫1937

 

ゲルニカ爆撃とは何だったのか?

当時の政治情勢は複雑でした。
第一次世界大戦中にロシアで共産主義革命が起こり、皇帝一家が殺され、1922年にソビエト連邦(ソ連)が成立しました。
私有財産を否定し、人民の平等を理想とする共産主義は世界中の急進的な若者の間で流行となりましたが、各国政府は体制を転覆する共産主義革命に恐怖を覚えました。
成立したばかりのソ連は各国から仮想敵国と見なされて、ゲルニカ爆撃の前年の1936年には日独伊防共協定(日本・ドイツ・イタリアで共産主義を防ぐ共同防衛宣言)が調印されています。
一方、この日本やドイツやイタリアも、イギリスやフランスやアメリカからは異端の目で見られていました。
イギリスやフランスやアメリカは、議会制民主主義をいちはやく達成した先進国でしたが、日本やドイツやイタリアは経済的に遅れを取っていて、そのために中央集権的な政府による産業推進策を取っていたからです。
ドイツのヒトラー、イタリアのムッソリーニ、そして日本の昭和天皇は、国民を一つに統合する強力なリーダーと見なされていました。資本主義による自由を推進していたイギリスやフランスやアメリカは、ドイツやイタリアや日本を、急速に力をつける全体主義国家として警戒していました。
共産主義のソ連も、民主主義国家のイギリスやフランスよりも、専制国家のドイツやイタリアをより敵視していました。
スペインでは、民主主義的な共和国政府に対し、軍人のフランコが専制国家を目指して内乱を仕掛けていました。そこでソ連は共和国政府軍を支援するために軍隊(人民戦線)を送りこみました。逆にドイツやイタリアは、フランコの反乱軍を支援しました。スペイン内戦は、共産主義・民主主義と全体主義との戦いだったのです。
そして1937年、中央集権政府に国民の力を結集しようとする全体主義国家のドイツは、自治や独立の気風が強いバスク地方とそこに拠る人民戦線を叩くために、空軍を使ってゲルニカ爆撃を行いました。
これを格好のテーマとしたのがパリにいたピカソでした。

 

ピカソ作品一覧はこちら >>

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


 

 

なかなかスペインに帰れなかった≪ゲルニカ≫

高さ3.5m、幅7.8mの巨大な絵画≪ゲルニカ≫は、パリ万博のスペイン館の目玉となりました。
同じくスペインの画家であるミロも「スペインを救え!」と書いた労働者のポスターをスペイン館のために制作して、共和国政府への支援を訴えましたが、最も話題になったのは≪ゲルニカ≫でした。
スペイン政府はピカソに絵の代金として15万フランを支払い、万博終了後、絵はスペインに運ばれるはずでした。しかし、内戦が続くスペインで、敗色濃厚な共和国政府に絵を無事に保管する計画もなく、絵はそのままフランスに留め置かれました。
1939年、フランコが内戦に勝利すると、ピカソは≪ゲルニカ≫をニューヨーク近代美術館に貸し出しました。ちょうどそのときピカソの回顧展が開催されることになったからです。
以降、30年以上にわたって、≪ゲルニカ≫はニューヨーク近代美術館が「一時的に保管」することになったのです。
ピカソは≪ゲルニカ≫の所有権がスペインにあることを常に表明していましたが、1971年にピカソが亡くなるまでフランコがスペインの国家元首として君臨していたため、生前の≪ゲルニカ≫の返還は叶いませんでした。
ピカソが故国スペインに帰らず、終生をフランスで過ごしたのも、ゲルニカ爆撃を行ったフランコ政権が続いていたためだと言われています。
1975年にフランコが死去した後、フランコの意志に基づいてスペインは王制に復帰し、新国王フアン・カルロスが民主化を推進したことで、ようやく≪ゲルニカ≫はスペインに帰国することになりました。
≪ゲルニカ≫の受入れにはスペイン国内の多くの美術館が手を上げました。ゲルニカの傍にある県都ビルバオ、ピカソの生誕地マラガなどを抑えて、首都マドリードのプラド美術館別館に収められることになったのは、セキュリティ上の理由が大きかったそうです。
現在≪ゲルニカ≫は、首都マドリードのソフィア王妃芸術センターに飾られています。

 

≪ゲルニカ≫といえば、国連本部に同じ大きさのタペストリー(タピスリ)が掲げられていることがよく知られています。その前で記者会見が行われることが多いので、テレビにもよく映ります。
このタピスリは3点存在していて、そのうちの1点は日本の群馬県立近代美術館の所蔵となっています。2019年12月8日まで群馬県立館林美術館がそのタピスリを借りて「ピカソ展 ゲルニカ[タピスリ]をめぐって」を開催しています。興味のある方はぜひ。

 

参考文献
ラッセル・マーティン『ピカソの戦争 ≪ゲルニカ≫の真実』白水社

 

 

ピカソ作品一覧はこちら >>

 

 


 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 


無料進呈中! 絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る