fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

かつてユーゴスラビアと呼ばれた国の画家
~ヤクシッチ、ペトロヴィッチ、アブラモヴィッチ

2019年10月22日、日本人初の国連難民高等弁務官となった緒方貞子さんが亡くなりました。個人や国家の欲望にとらわれず、世界のために働かれた方でした。合掌。
今もなお、世界では難民問題が連日のように報道されています。 特にアフリカとヨーロッパ、アジアとヨーロッパのボーダーが難民問題を抱えています。
中でも火種がくすぶっているのがバルカン半島です。
アジアに属するトルコと、ヨーロッパに属するギリシャ、ブルガリアが接するバルカン半島は、古来よりヨーロッパの火薬庫と呼ばれてきた紛争地域です。
アジアとヨーロッパの交わるこの地には昔から多様な民族が入れ替わり居住し、キリスト教徒とイスラム教徒の争いが繰り広げられました。
今回はあまり知られていないバルカン半島のアーティストを紹介します。

 

ユーゴスラビアの誕生

バルカン半島は第一次世界大戦の引き金となった場所としても有名です。
当時、この地域の北側はハプスブルグ家の支配するオーストリア=ハンガリー帝国となっていましたが、支配下に置かれたスロベニアやクロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナは、隣国セルビアの力を借りての独立を画策していました。
1914年、オーストリア=ハンガリー帝国の次期皇帝に当たるハプスブルク家のフランツ・フェルディナント夫妻が、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボを訪問中、ボスニア系セルビア人によって暗殺される事件が起きました。
これに怒ったハプスブルク家のオーストリア=ハンガリー帝国は、セルビアに対して宣戦布告し、戦争が始まります。
しかし、セルビアの裏にはバルカン半島への進出を目論むロシアがついていました。ロシアとセルビアは同じルーツを持つスラブ人の国として同盟関係にあったからです。
これに対して、オーストリア=ハンガリー帝国の味方をしたのは、ハプスブルク家の故郷であるドイツです。 ドイツはどさくさにまぎれてフランスにも宣戦布告し、そうなればフランスを救うためにイギリスがドイツに宣戦布告し、イギリスと同盟を結んでいた日本やアメリカも参戦するなど、世界中に戦火が拡大していきました。
最終的に負けたのはオーストリア=ハンガリー帝国とドイツでした。オーストリア=ハンガリー帝国は解体され、バルカン半島には南スラブ人の国を意味するユーゴスラビア王国が誕生します。

 

 

セルビア人に愛されるボヘミアン

ユーゴスラビアの紙幣に登場していた人気画家を紹介しましょう。
1994年の通貨切り下げ時に新しく発行された20ノビ・ディナール紙幣の肖像画となった、ゲオルギー・ジュラ・ヤクシッチ(Georgije “Đura” Jakšić)です。
1832年にヤクシッチが生まれたとき、セルビアはオスマントルコ帝国から独立したばかりの小公国でした。 しかもヤクシッチが生まれた場所であるスルプスカ・クルニャは、いまだオーストリア=ハンガリー帝国の支配下にありました。
この地域に住んでいたのはほぼセルビア人であったため、1848年のハンガリー革命でハンガリー王国が独立するとともに、ヤクシッチの故郷はセルビアと合併することになりました。
晴れてセルビア国民になったヤクシッチは、首都ベオグラードに出てきて自由を謳歌します。
当時、「ベオグラードのモンマルトル」と呼ばれたスカダルリヤには、多くの芸術家が集っていました。ヤクシッチも詩人、画家、作家として活躍します。
また、愛国者のヤクシッチは、セルビアの独立を守るために、オーストリア=ハンガリー帝国やオスマントルコ帝国との戦いに積極的に身を投じました。そのためもあってか、健康を害し、若干46歳で亡くなってしまいます。
今もなお、ベオグラードのスカダルリヤにはヤクシッチの銅像が残されています。

ユーゴスラビア20ノビ・ディナール紙幣(ゲオルギー・ジュラ・ヤクシッチ)

 

ゲオルギー・ジュラ・ヤクシッチ(1832-1878)≪青の少女≫

 

ユーゴスラビアの分裂と現在

オーストリア=ハンガリー帝国やオスマントルコ帝国との戦いの中で独立した南スラブ人の国ユーゴスラビアは、しかし細かく見れば言語や文化が少しずつ異なる別々の民族が合わさった連合王国であり、それぞれが自治を要求する難しさを最初から抱えていました。
それでも、20世紀前半はナチス・ドイツの脅威などに対抗する中で国がまとまり、戦後はチトー大統領の強力なリーダーシップもあって社会主義国家として、1990年代まではなんとか一つの国としてのかたちを維持します。
しかし、冷戦が終わって民主化運動が始まると、自治を求める民衆と統制を求める国家との間で内戦が起き、分裂を止めることができなくなりました。
1990年代に起きたユーゴスラビア紛争では、敵対する民族を虐殺する「民族浄化」なる言葉がメディアに出回り、悲惨さを印象付けました。後にこの言葉が一方から依頼を受けた広告代理店による印象操作のプロパガンダであることも暴露されるなど、対立の根深さが浮き彫りになりました。
現在、ユーゴスラビアは、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、北マケドニアの6つの国家に分割しています。コソボ自治州も独立宣言を行いましたが、日本やアメリカやフランスなどの承認は得られたものの、セルビアやロシアや中国が拒否しているなど、いまだに紛争の火種が絶えていません。

 

戦乱に見舞われたセルビアの画家

連邦国家ユーゴスラビアの解体後、その政体を受け継いだのは、首都ベオグラードを擁するセルビアです。 もちろんユーゴスラビアができる以前から、セルビアは独立国家として存在していました。
そのセルビア王国に生まれ、ドイツで学んだのが、女性画家のナデジダ・ペトロヴィッチ(Nadežda Petrović)です。当時の芸術の最先端地だったパリにも、2年間滞在して修業しています。
彼女の生きた時代、故郷のセルビアは戦乱のただなかにありました。
第一次世界大戦が起きると、ナデジダはボランティアの従軍看護婦として前線の病院に出ました。そこで感染症にかかり、わずか41歳で亡くなってしまったのです。
2001年、国のために身を挺して働いたナデジダは、ユーゴスラビアの200ディナール紙幣の肖像に採用されました。
2006年にユーゴスラビアが完全に解体された後も、政府と国立銀行を継承したセルビア共和国の紙幣として、今もなお使われています。

セルビア200ディナール紙幣(ナデジダ・ペトロヴィッチ)

 

ナデジダ・ペトロヴィッチ(1873-1915)≪収穫≫

 

ユーゴスラビア出身の現代アーティスト

アート情報サイトArtnetは2017年に、過去100年に最も影響力のあったアーティストとして、デュシャンやウォーホルやバンクシーと並べて、マリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramović)を選びました。
マリーナ・アブラモヴィッチは、第二次世界大戦後の1946年にユーゴスラビアの首都ベオグラードに生まれた女性の現代アーティストです。
アブラモヴィッチが美術アカデミーで学んだのは絵画でしたが、卒業後はコンセプトアートやパフォーマンスアートといった現代アートに取り組みます。
パフォーマンスアートとは、自らの身体を用いて、形に残らないその場だけのアートを作り上げることです。シナリオと予定調和を排した、何が起こるかわらないハプニングの要素がアート性を担保しています。
アブラモヴィッチは1974年の≪リズム・ゼロ≫で、6時間にわたって彼女自身の身体を観客の意のままにさせました。美術館内の展示スペースではありましたが、観客によって彼女の服はカミソリで切り裂かれ、上半身を裸にされ、身体にも傷がつけられ、血が流れました。実弾の入った拳銃の銃口が、彼女のこめかみに押しつけられました。他の観客が止めなければ、行為はもっとエスカレートしていたことでしょう。
アブラモヴィッチはこのパフォーマンスによって、人がいかに簡単に他人をモノ扱いしてしまえるかを衆目にさらしました。
2010年のMOMA(ニューヨーク近代美術館)の回顧展では、67日間にわたって毎日7時間以上椅子に座り続けて、向かい側に置かれた椅子に順番に腰かける来場者と黙って見つめ合うパフォーマンスを行いました。
63歳のアブラモヴィッチには肉体的にも果敢な挑戦でしたが、アブラモヴィッチと相対するために、シャロン・ストーンやイザベラ・ロッセリーニといったセレブが順番待ちの行列に並んだそうです。また、彼女と見つめ合った多くの人が、感情を刺激されて涙を流したそうです。
パフォーマンスがアートであるかどうかには議論もありますが、観客の心を動かすという意味では優れて芸術的であったと思います。

アブラモヴィッチの名声は徐々に高まり、今やパフォーマンスアートの第一人者と見なされるようになりました。2018年にもアート・バーゼル香港でパフォーマンスを披露するなど、72歳という年齢を感じさせません。 アブラモヴィッチは現在アメリカで暮らしています。そして出身地を問われたときはセルビアとは言わず、ユーゴスラビアと答えるそうです。モンテネグロ出身の両親を持つ彼女にとって、分裂前のユーゴスラビアだけが祖国と言えるものなのでしょう。
2019年12月6日まで、現代美術センター北九州CCAギャラリーにて、アブラモヴィッチの展覧会が開催されています。お近くの方はぜひ。


 

 

翠波画廊 取り扱い作品一覧はこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?