アートコラム

元永定正の絵本の世界

2019/07/02

最近、翠波画廊は現代美術の取扱作家を拡充しました。
話題のバンクシーに、抽象絵画のフランク・ステラ、先日亡くなったばかりの「もの派」関根伸夫、フランスで活動したアンフォルメルの今井俊満、そして「具体美術協会」の元永定正です。
元永定正は画家としての活動だけではなく、商業出版の絵本作家としても活躍しました。
今回は元永定正の絵本を紹介します。

 

絵本作家・元永定正の出発点は英語絵本?

元永定正は1922年生まれの現代美術家です。
海外で言えば、同じく翠波画廊取扱い作家のサム・フランシスやロイ・リキテンスタインと同世代になります。
当初は漫画家を志していたそうですから、ポップカルチャーよりの気質もあります。当時の漫画といえば「のらくろ」や「冒険ダン吉」でしょうか。
その後、洋画を学び始め、具体美術協会創設者の吉原治良に認められて、協会員になります。この具体美術協会は日本の前衛美術運動の団体です。
元永定正の他には、足で絵を描いた白髪一雄や、草間彌生やオノ・ヨーコに並ぶ女性パフォーマーとして有名な田中敦子などが参加していました。
元永も「これまでに見たことのないものを作ろう」と意気込んで、抽象表現絵画の制作に取り組みました。ビニール袋に色水を入れてぶらさげた「水の彫刻」を発表したのもこの頃です。

 

元永の初めての絵本は、1973年の英語絵本『ポアン・ホワンけのくもたち』でした。
文章を書いたラクダ・コブニは、詩人の谷川雁です。
続けて『うみがたずねてきた』もラクダ・コブニとのコンビで出しています。
当時の元永は、海外に名前を売ろうとしていた時期でした。

 

『ポアン・ホワンけのくもたち』1973

『うみがたずねてきた』1975

 

谷川俊太郎とのコンビで話題を呼ぶ

絵本画家としての元永定正の名前を高めたのは、1977年、詩人の谷川俊太郎と一緒に作った『もこ もこもこ』です。
カラフルな抽象画の世界に、もこもこ、にょきにょきと現れる怪物たち。そこからお話は意外な方向へと転換し、やがて始まりのシーンにつながっていきます。
絵本業界のニューウェーブともいえる『もこ もこもこ』は当初こそ賛否両論でしたが、現在ではロングセラーの定番絵本として年代を問わず幅広く親しまれています。

『もこ もこもこ』(文研出版)1977

 

文章の力に頼らずに、赤ちゃんでも楽しめる絵の力を持つ元永の絵本は、幼児向けとして出版されるようになります。
絵本に強い福音館書店が、2~4歳児向け絵本「年少版こどものとも」として『ころころころ』、『せん』、『がちゃがちゃ どんどん』を続けて出版しました。いずれも、文章まで元永自身が作りました。
幼児でも楽しめるように、ほとんど擬音だけで構成された楽しいシリーズです。

 

 

年少版こどものとも『ころころころ』(福音館書店)1984

年少版こどものとも『せん』(福音館書店)1988

年少版こどものとも『がちゃがちゃ どんどん』(福音館書店)1990

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら


 

言葉遊びと抽象絵画の幸福な出会い

次に話題になったのが、ジャズ・ピアニスト山下洋輔と組んだ『もけら もけら』です。
当時の山下洋輔一派はタモリとつるんでハナモゲラ語というナンセンスな言葉遊びを楽しんでいました。「外国人の耳に聞こえる日本語」をモチーフに、ユニークな音感と言語センスが炸裂した傑作絵本です。

『もけら もけら』(福音館書店)1990

 

しばらく間をおいて5~6歳児向け絵本「こどものとも」として出版された『カニ ツンツン』は、「イーニ ミーニ ムー ロッシーニ シショーニ スプモーニ トトーニ スイート トスカニー」といった言葉がすべてのページに並ぶナンセンス絵本で、リズムが良いので声に出して読みたくなります。
谷川俊太郎の友人の英文学者・金関寿夫が文章を書きました。

こどものとも『カニ ツンツン』(福音館書店)1997

 

私が個人的に最も好きなのは『いろながれ かたちうごいて ぱぴぷぺぽ』です。
これまで抽象画絵本とはいっても、子ども向けにユーモラスなかたちで、彩度の高いカラフルな絵を描いてきた元永が、福音館書店を離れて、水彩画のにじみやぼかしを活かした新しい表現に取り組んでいます。見ていて不安になるような狂気も感じられます。

『いろながれ かたちうごいて ぱぴぷぺぽ』(光村教育図書)1999

 

 

幼児向け絵本で大活躍した晩年

2000年代になると、また福音館書店から幼児向け絵本のシリーズに取り組みました。
幼稚園児向けの「こどものとも」よりさらに年少の0~2歳児向けの「0.1.2えほん」シリーズが新たに創刊され、そこにも起用されました。
ようやく時代が追いついたのか、元永は絵本を量産しています。

 

こどものとも年中向き『かげひかり』(福音館書店)2004

0.1.2えほん『しろろん くろろん』(福音館書店)2005

0.1.2えほん『きたきた うずまき』(福音館書店)2005

 

 

こどものとも『いろ いきてる!』(福音館書店)2006

『ちんろろきしし』(福音館書店)2006

 

 

0.1.2えほん『おおきい ちいさい』(福音館書店)2008

0.1.2えほん『わ』(福音館書店)2010

 

2010年代には、『もこ もこもこ』を制作した詩人の谷川俊太郎と再びコンビを組んで、いくつかの絵本を出版します。
しかし、この頃にはすでに身体が病にむしばまれていました。
2011年、元永定正は惜しまれながら88歳で亡くなりました。
その後に出た『どん』は、元永定正の絵に、俳人・坪内稔典が言葉を付けた絵本です。
生前に描き貯めていた絵に、谷川俊太郎が後から文章を付けた『あみだだだ』が、最後の絵本となりました。

 

『ココロのヒカリ』(文研出版)2010

『おははししましょう』(福音館書店)2011

 

 

こどものとも年中向き『どん』(福音館書店)2012

『あみだだだ』(福音館書店)2014

 

 

元永定正作品一覧はこちら >>

 

 


 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 


無料進呈中!
絵画購入で失敗しないための
「絵画の買い方・楽しみ方」テキスト

・絵を初めて買ってみようとお考えの方
・絵画コレクションをより充実させたい方

 

絵画購入の前に、疑問や不安を解決しませんか?

 

カタログ請求はこちら

 

 

絵画購入をご検討でしたら、 翠波画廊にご相談ください。

~ 私たちにできること ~

1. 絵画購入のご相談

絵画購入について、ご質問やご不安なことはお気軽に翠波画廊にご相談ください。お支払いは、クレジットカード・お振込み・代引きなどからお選びいただけ、さらには10回分割無金利のサービスもございます。30日以内の返品保証があるので、初めての方も安心。作品はすべて額装でお届けし、配送時の保険・送料は私たちが負担させていただきます。

 

2. お部屋に合わせた絵画のご提案

「この部屋のこの場所にあう絵を探している」そんなご相談も承ります。サイズやお部屋の雰囲気、ご予算のご希望などお知らせください。1,000点以上の豊富な在庫作品から、あなたのお部屋にぴったりの1枚をご提案させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

3. 絵画を使った節税対策

2015年度から美術品に関する税制が変わり、取得価額が100万円未満の美術品が償却資産に出来るようになりました。経費での絵画購入をご検討の場合は、まずは翠波画廊にご相談ください。購入後の流れ、売却なども視野に入れた具体的な内容をアドバイスします。

 

 

お電話、メールでもお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3561-1152(平日土/10:00~18:00)

メール:info@suiha.co.jp

 

 

コラム一覧に戻る