fbpx
画廊会員 募集中!! お問い合わせ

ミニマルアートのアルバムジャケット
~イヴ・クラインからサイ・トゥオンブリーまで

ミニマルアートとは、1960年代のアメリカで展開された芸術運動です。
50年代に流行した抽象表現主義をさらに深化させて、単純な幾何学模様の反復や、ベタ塗りの色彩などを特徴としました。
ミニマルアートの作家はフランク・ステラやドナルド・ジャッドなどが有名です。ミニマルアートの流行は草間彌生の渡米時代と軌を一にしていて、草間彌生の反復する網目模様などからも影響を受けています。
ミニマルアートのシンプルな色使いは、後のポップアートにも大きな影響を与えました。
今回はミニマルアートを体現したレコードジャケットを紹介します。

現代アートの源流はやはりフランス?

Yves Klein『 Conférence À La Sorbonne 3 Juin 1959』
1959年(イヴ・クライン)

アメリカの芸術運動として知られるミニマルアートに影響を与えたのがフランスのイヴ・クラインです。
1962年に34歳で急逝したイヴ・クラインが芸術家として活動していた期間はそれほど長くありません。クラインの両親は二人とも画家でしたが、クライン自身は芸術学校には通わず、今で言えばフリーターのような自由な人生をおくりました。
クラインの最初のアート活動は音楽の分野でした。といっても、いわゆるエンターテインメントではありません。オーケストラにDメジャーコードを一度だけ奏でさせて、その音が消えゆくのを20分間無音で表現するなどの実験音楽です。「モノトーン・サイレンス・シンフォニー」と名づけられたこのパフォーマンスは、1948年頃の作品です。
1949年から、クラインは絵を描き始めます。音楽と同様に、クラインは複雑な技巧ではなくシンプルな表現を好みました。クラインが描いたのは単色の絵です。中でもラピスラズリを連想させる美しい青色に執着して「インターナショナル・クライン・ブルー(IKB)」と名づけた顔料を開発して、特許まで取得しました。
このクライン・ブルーを使って、手形を残したりキャンバスを一面塗りつぶしたりしたものがイヴ・クラインの代表的な作品です。
イヴ・クラインの芸術はコンセプチュアルアートのさきがけでした。コンセプチュアルアートとは、どのようなコンセプト(考え)で制作したかを鑑賞の対象とする芸術です。
1958年、クラインはギャラリーの中に何も展示せず、一面を白く塗りつぶし、窓とカーテンだけを青く塗装した『空虚』展を開催しました。この展覧会には3000人の行列ができたそうです。また、1959年には無音のレコードを制作して『空白の音楽』と名づけました。レコードはB面に解説を録音したかたちで1965年に実際に販売されました。
イヴ・クラインの作品は誰でも真似のできるものですが、その独創性と先見性において他の追随を許さないものでした。
そんなイヴ・クラインが、自らの芸術についてソルボンヌ大学で行った講義が500部限定でレコード化されています。ジャケットはもちろんクライン・ブルーの単色で、文字はいっさい書かれていません。
現在、日本では37年ぶりとなるイヴ・クラインの展覧会「時を超えるイヴ・クラインの想像力―不確かさと非物質的なるもの」が、金沢21世紀美術館で2023年3月5日まで開催されています。

私的なレコードの詩的なデザイン

Lucio Amelio『Ma l’amore No』
1990年(サイ・トゥオンブリー)

イヴ・クラインと同じく美しい青色が印象的なレコードジャケットが、ルチオ・アメリオの1990年のアルバム『Ma l’amore No』です。
ルチオ・アメリオはミュージシャンでもアーティストでもなく画商でした。ルチオが生涯に1枚だけ制作した歌のレコードは、アーティストの全面的な協力を受けていました。
たとえば中面のプロフィール写真はロバート・メイプルソープが撮影し、表面のジャケットデザインは現代アートの極北ともいえるサイ・トゥオンブリーが手がけました。
サイ・トゥオンブリーは、素人目には落書きにしか見えない一連の絵画で知られています。市場での評価は高く、その作品は2014年に83億円、2015年に87億円で落札され、2021年のオークション総売上高ではバンクシーに次ぐ9位につけています。
1928年にアメリカに生まれたサイ・トゥオンブリーは、アンディ・ウォーホルやベルナール・ビュフェと同年齢ですが、その作風は同時代の誰とも似ていず、まさに孤高の画家といえます。
とはいえ、仲間がいなかったわけではありません。1951年、サイ・トゥオンブリーは3歳年上のロバート・ラウシェンバーグと知り合い、その芸術に対する真摯な思いから意気投合して生涯の親友となりました。同性愛的な関係だったともいわれています。
その後、1957年にトゥオンブリーはローマに移住し、以後は2011年に死去するまでイタリアで制作を続けました。そのイタリアでトゥオンブリーの世話をした画商がルチオ・アメリオでした。
ルチオ・アメリオはアメリカの現代アートをイタリアに紹介した画商です。
その交友関係は幅広く、レコードのクレジットには、1986年に亡くなったドイツの現代アーティスト「ヨーゼフ・ボイスに捧ぐ」との記述もあります。
ルチオ・アメリオはレコード制作の4年後の1994年にエイズで死去しました。80年代から90年代にかけては医学的知識と治療法の不足から多くの人がエイズで亡くなりました。


5分で読めるアートの教養を無料配信!

知ってて得するアートコラム、イベント・展覧会情報など、お役立ち情報をお届けしています。

無料配信メルマガへのご登録はこちら>>


ポップアートはミニマルアートの後継者

The Beatles『The Beatles』1968年
(リチャード・ハミルトン)

1950年代の抽象表現主義への反発から、60年代のアメリカにはさまざまな芸術運動が生まれました。
ロバート・ラウシェンバーグらのネオダダ、ドナルド・ジャッドらのミニマルアートは、やがてアンディ・ウォーホルらによるポップアートへと収斂していきます。
ポップアートは、日用品や大衆文化に目を向けたネオダダ、シンプルな描線と原色を使ったミニマルアートの、両方の良い所を取り入れて発展しました。
世界初のポップアーティストとも呼ばれるイギリスのリチャード・ハミルトンは、1968年のビートルズのアルバム『『The Beatles』』のジャケットデザインで、白地にバンド名をエンボス加工しただけという、究極にミニマルなデザインに挑戦しました。
イヴ・クラインのアルバムはクレジットすらいっさい入らないデザインでしたが、あちらは500部限定の私家版です。こちらは世界中で大ヒットしたビートルズのオフィシャルアルバムですから世間に与えた衝撃の度合いが桁違いでした。

1960年代の現代アーティスト大集合

ネオダダのアーティストとミニマルアーティスト、そしてポップアーティストは60年代のアメリカにおいてコンテンポラリーアートという同じくくりに入れられていました。
それがわかるのが、1963年にワシントン・ギャラリーで開催された「ポピュラー・イメージ・エキシビジョン」展です。
この展覧会に参加したのは、アンディ・ウォーホルをはじめとする当時のポップアーティストですが、ロバート・ラウシェンバーグやジョージ・ブレクトなど、現在であればネオダダやミニマルアートに分類される人も含まれていました。
コンテンポラリーアートは時代の流行だったので、この展覧会の参加アーティストへのインタビューはレコードとしても販売されました。
ラインナップは、ジム・ダイン、ジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル、ジェームス・ローゼンクイスト、トム・ウェッセルマン、ロバート・ラウシェンバーグ、そして2022年に93歳で亡くなったクレス・オルデンバーグら総勢11名でした。
彼らの肉声が記録されたレコードは、今はユーチューブでも聴くことができます。

Modern Artists (1963) Popular Image Exhibition in DC
https://www.youtube.com/watch?v=B-PJsmUUwtY

オムニバス『Catalogue and Record of Interviews
for the Popular Image exhibition
at the Washington Gallery of Modern Art』
1963年(アンディ・ウォーホル)

このレコードのカバージャケットをデザインしたのがアンディ・ウォーホルです。
「ジャイアント・サイズ各1.57ドル」と、スーパーマーケットの値札を模したジャケットは、日用品に美を見出した当時のポップアートの特徴をよく表しています。また、過度の装飾を省いたところはミニマルアート的ともいえます。

オムニバス『Catalogue and Record of Interviews
for the Popular Image exhibition
at the Washington Gallery of Modern Art』
1963年(ジム・ダイン)

実はこのレコードにはもう一つ別のジャケットが存在しました。
それはポップアーティストのジム・ダインによってデザインされたものです。写真によるコラージュのジム・ダイン版はネオダダを彷彿とさせます。

レコードがリリースされた当初に使われていたのはジム・ダイン版のジャケットでしたが、現在ではウォーホルによる新ジャケットのほうが有名になってしまいました。
2021年のオークション総売上高でピカソとバスキアに次ぐ3位となったウォーホルの人気がよくわかる事例です。
日本でも、2023年2月12日まで京都で大回顧展「アンディ・ウォーホル・キョウト」が開催されています。もうすぐ終了するので、行きそびれていた方はお早めにどうぞ。

翠波画廊では、アンディ・ウォーホル作品のご用意がございます。
作品はこちらよりご覧ください。

アンディ・ウォーホル おすすめ作品

お問い合わせ >>

 

アンディ・ウォーホル 作品一覧はこちら >>


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. 役立つアートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。アート初心者からコレクターの方まで必読です。

 

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

 

3. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?