fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

現代の印象派ギィ・デサップの魅力
~『パリを描く現代の印象派』ついに画集発売!

待望のギィ・デサップ初画集がようやく発売されました。
アマゾンや楽天などネット書店では『ギィ・デサップ パリを描く現代の印象派』のタイトルで販売しています。
翠波画廊スタッフも編集に協力したこの画集は、ギィ・デサップの60年以上の画業の集大成であり、128ページにわたってその世界を楽しむことができる逸品です。
今回は画集に収められたギィ・デサップさんのヒストリーを、ご紹介しましょう。

 

ギィ・デサップはなぜ絵を描くか

画家の方に「なぜ画家を目指したのですか?」と訊ねると、わずかの戸惑いの後に、たいていはこのように返ってきます。
「絵を描くことが好きで、それだけしていたら、いつのまにか画家と呼ばれていた」
「他の仕事をしたいと思ったことがない。できるとも思えない。絵を描くことならできた」
「得意なのは絵を描くことだけだった」
来日時にインタビューさせていただいたところ、デサップさんも同じように回答しました。

 

作品制作風景
デサップさんのアトリエにて

「私が画家になれた理由? それは簡単です。絵を描く以外のことは何もしたくなかったし、実際にほかのことは何もしなかったからです。子どもの頃からずっと絵を描いてきましたが、飽きたとか嫌だとか思ったことがありません。80歳を超えた今でも、毎日キャンバスに向かって絵を描いています。アトリエの外に出ると、ほかに何をしていいかわからないのです。いま私は日本で個展を開催しているので、来日して一週間になりますが、もうすでにフランスのアトリエに戻って絵を描きたくなっています。本当に絵を描くのが好きなんです。私は若い頃ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが大好きで、彼の本を読みました。弟のテオがヴァン・ゴッホに宛てた手紙に、こう書かれていました。『本当に画家になりたいなら、四六時中、絵のことだけを考えるべきだ』と。私はその言葉にとても共感して、紙に書いて自室のドアに貼りつけました。いつでもその言葉が目に入るようにしたのです」

作品制作風景
デサップさんのアトリエにて

ギィ・デサップさんは、まさに画家として生まれついたのでしょう。
しかし、同じように絵を描くことが好きでも、絵で生計を立てることの難しさに、画家を諦めた人だって世の中にはいるはずです。
その人たちとデサップさんとの違いはどこにあったのでしょうか。絵を好きだと思う気持ちにわずかな差があったのでしょうか。それとも画家になれた人は、ただ単に運が良かったのでしょうか。あるいは、愚直に続けることができたからでしょうか。
その答えは、画集を読んでいただければわかるでしょう。

デサップさんには、運も味方しましたが、その運をつかむだけのチャンスを自らひらくことも怠っていませんでしたし、何よりも絵のことだけをずっと考えて実践してきた努力家でもありました。
デサップさんは次のように語ってくれました。
  「フランスで画家として生きていくのは難しいことです。キャンバスに描いた一枚絵というものは、あまり売れるものではありません。それに対して、絵を描くことが好きな人はたくさんいます。私の子どもたちも絵を描きます。2人とも才能があって上手です。しかし、画家として生きていけるかどうかはわからない」

 

 

世界各地を旅したギィ・デサップ

風景画家としてのギィ・デサップは、若い頃に世界各地を旅して数多くのスケッチをものしたことが基礎となっています。
フランスに生まれたデサップさんが、初めて外国で暮らしたいと考えたのは15歳のときです。場所は、当時はまだフランスの植民地だったアフリカ大陸のアルジェリアです。
考えるだけでなく実行に移してしまったところが、ただものではありません。
  「高校生のときにアルジェリアがフランスに対して独立戦争を始めたのですが、アルジェリアに降下するフランス軍のパラシュート部隊の兵士がとてもかっこよく思えて志願したことがあります。パラシュートで飛んでみたかったのです。しかし、問題が一つありました。16歳以上でなければ兵士になれないのですが、当時の私はまだ15歳でした。そこで、友達に親のふりをしてもらって書類を偽造して応募しました。この件でまた母にたいへんな心配をかけました。悪いこととはわかっているのですが、やりたいと思ったことはすぐにやらないと気が済まないのです」

 

「絵を描くことしかできなかった」とデサップさんが語るとき、一緒に付け加えられるのは「学校の勉強は好きではなかった」という言葉です。
その言葉どおり、デサップさんは高校を途中で退学して、美術学校に入学しています。イラストレイターやデザイナーなど、絵を描く職人になろうとしたのです。
しかし、結果としてデサップさんは就職しませんでした。その代わりに、18歳から20歳までの2年間、兵役でモロッコに駐屯しました。
兵役とはいえ、給料はもらえますから、期限付きで就職したようなものですが、それでもう組織で働く気をなくしてしまったのです。

兵役を終えてフランスに帰国したデサップさんは、崇拝するヴァン・ゴッホが憧れた南仏のアルルに移住して絵を描き始めます。
ちょっと若気の至りっぽい行動ではありますが、このような経験の積み重ねがいまのデサップさんを形づくっています。

 

「当時の私には、ゴッホの魂が乗り移っていたと思います。しかし、あまりにもヴァン・ゴッホになりきって、自分がわからなくなってきたので、一年後にアルルを離れることを決意しました。新しい住処として選んだのはアルルから180kmほど東にある、サン・トロペという港町です。アルルと同じく暖かい南フランスに位置していましたが、ビーチ・リゾートとしても有名なサン・トロペは華やかな雰囲気があって、アルルとは空気が異なっていました。サン・トロペに移住したことで、私はようやくヴァン・ゴッホの幻影から解放されました」

 

 

サン・トロペでデサップさんは中古の救急車を格安で購入して、その中で寝泊まりするとともに、ヨーロッパ大陸全土を旅して回りました。
ポルトガル、スペイン、イタリア、オーストリア、ドイツ、スイス、スウェーデン、オランダ、ベルギー……中でもデサップさんが特に気に入ったのが、水の都として知られるイタリアのヴェニス(ヴェネツィア)です。 サン・トロペとヴェニスは、後に定住したニューヨークとともに、デサップさんの心の故郷になりました。 ヴェニスでの数奇なエピソードを知りたい方は、ぜひ画集をご覧になってください。
『ギィ・デサップ パリを描く現代の印象派』は出版社パブリック・ブレインより全国各地の書店にて好評発売中です。

 

 

翠波画廊でも好評発売中です!

ギィ・デサップ画集 詳しくはこちら >>

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 


 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?