fbpx
東京 アクセス 東京 アクセス 大阪 アクセス 大阪 アクセス お問い合わせ お問い合わせ

草間彌生はアメリカでいかに受け入れられたのか
~アメリカ映画『KUSAMA – INFINITY』が描く60年代

日本を代表する人気画家、草間彌生のドキュメンタリー映画『KUSAMA – INFINITY』は、なぜか日本人ではなくアメリカ人監督によって撮影されました。
この映画は、2018年1月のサンダンス映画祭に出品され、9月から全米24都市で公開されて好評を博し、2019年1月にアメリカとヨーロッパでDVD化されました。
しかし、なぜか日本での映画館での上映はなく、日本版のDVDも存在しません。
そこで、インターネットで海外版DVDを入手して観賞してみました。

 

草間彌生はどこでアーティストになったか

映画は、現在の草間彌生本人へのインタビューと、草間彌生にかかわった人物へのインタビュー、そして過去の映像や写真などを組み合わせて展開していきます。伝記ドキュメンタリーとしてはオーソドックスな作りです。
草間彌生が生まれたのは1929年の長野県松本市です。映画は国宝に指定されている長野県松本城の美しい姿を大写しにします。このあたりはいかにも外国人監督の感性です。
ここで草間彌生の幼少期について語るのは、本人と美術館の学芸員です。その複雑な家庭環境はやがて草間を単身で渡米に至らせます。もし家族や周囲からの理解があれば、草間は20代でアメリカに渡ることはなかったかもしれません。

映画『KUSAMA – INFINITY』

草間彌生の渡米を助けたのは女性画家のジョージア・オキーフでした。見知らぬ日本人女性画家からの手紙に親切に返信し、彼女がアメリカで活動をするサポートをしたのです。
やがて映画を観ている視聴者は、なぜこの作品がアメリカ人によって撮られているかに気づきます。
草間彌生を発見し、評価し、アーティストYAYOI KUSAMAとしたのはニューヨークの現代美術シーンです。日本の美術業界はその間、草間彌生に目も向けず、何の手助けもしませんでした。
当時、草間彌生を含む日本の現代アーティスト6人の展覧会を企画開催したグレス・ギャラリーのベアトリス・ペリーは次のように語ります。
「日本では草間彌生はほとんど知られていませんでした。まったくの無名です」
そこでベアトリスは他の5人の作品をより大きく展示したのですが、この判断に草間彌生は痛く傷ついて、作品の返還を求めてきたそうです。

 

 

草間彌生への逆風と苦闘

日本というアート後進国から来た外国人であり、小柄で若い女性であり、かつ知名度もほとんどない草間彌生は、ニューヨークのアートシーンでも当初は苦労しました。
彫刻家のクレス・オルデンバーグや、アンディ・ウォーホルは、草間彌生が展覧会を開催するとわざわざ見に来てくれるような仲でしたが、良いアイデアやコンセプトがあると平気で盗んでいったと草間は述懐します。
クレス・オルデンバーグを有名にした「ソフト・スカルプチュア(柔らかい彫刻)」は、もともと草間彌生が作っていたものでした。布や綿で彫刻を作るというアイデアは女性アーティストの草間彌生だからこそ生み出せたものです。
また、同じイメージを何枚も連続して並べるアンディ・ウォーホルのアート・コンセプトも、草間彌生のものとよく似ています。草間彌生は、自分がマイノリティだから軽く見られていたと感じています。
しかし、アーティスト仲間が「面白い」と感じて真似をするほどに輝いていた草間彌生の才能と業績が、いつまでも埋もれ続けるわけがありません。
続けて発表したミラールームやミラーボールなども話題になり、草間彌生はニューヨークの現代アートシーンを代表するアーティストへと成長していったのです。ひとたび話題になると、外国人女性という珍しさが、個性として目立つようになりました。

なかでも耳目を集めたのは、招待されていないヴェネツィア・ビエンナーレへのゲリラ参加です。草間彌生は無許可で会場のガーデンに1500個のミラーボールを持ちこみ、1個2ドルで販売したのです。
さらに草間は、古代ギリシャのヌード彫刻ばかりをもてはやす旧弊な美術界に対し、生きている人間のほうが美しいと、公共の場に生身のヌードをさらすハプニング・アートを提示しました。「前衛の女王」の名は伊達ではありません。
しかし、彼女のこの活動は、保守的な日本で非難の的になりました。長野県の恥だとして、学校の卒業生名簿から名前が消されるほどの騒動になったそうです。
やがて話は、帰国した草間彌生の日本社会への幻滅と、病気と自殺未遂に至ります。このあたりは、日本のメディアではなかなかとりあげられないところです。
ちなみに70年代当時の草間作品はひとつ100ドルで売られていたそうです。

 

 

この映画はどこで見ることができるのか

はたして、この作品は日本で公開するに値しないものだったのでしょうか。
まったくそんなことはないと思います。
インターネットで最もよく使われている映画サイトIMDb(Internet Movie Database)によれば、この作品は433人のユーザーが評価して、10点満点中7.2点の評価でした。
画家の映画で比較すれば、同じく2018年に全米公開された『永遠の門 ゴッホの見た未来』が6.9点ですから、決して低い点数ではありません。
また、映画批評家がレビューを投稿する人気サイト「Rotten Tomatoes」では、100%満点で、批評家評価が93%、ユーザー評価が92%と高得点になっています(ちなみに『永遠の門 ゴッホの見た未来』はそれぞれ80%、61%の評価です)。

では、なぜ日本公開はおろか、日本でのDVD商品化すら行われなかったのか。 理由はよくわかりません。 インターネットを通じて海外版が容易に入手できるようになった現在、わざわざ国内で商品化しても十分な売上と利益が見込めないと判断されたのかもしれません。
しかし、やはり日本語のナレーションで見たかったというのが正直な気持ちです。海外版では、草間彌生本人や日本人のインタビューは日本語で聴くことができますが、そのほかの音声は英語のままでした。
また、DVDにはリージョン(地域)コードが埋め込まれているので、間違ってUS版のDVDを買ってしまった場合、日本のプレイヤーでは再生することができません。もし海外版を購入するのであれば、日本とリージョンコードが同じヨーロッパ版を選ぶ必要があります。
もしかして、草間彌生は今もなお日本市場では認められていない、なんてことはありませんよね?

 

草間彌生作品一覧はこちら >>

草間彌生作品をお売りになりたいお客様はこちらをご覧ください。

草間彌生作品 強化買取中 >>

 

追記(2019.06.19)

 

11月に渋谷に新しくオープンするミニシアター「CINE QUINTO SHIBUYA PARCO」での日本初上映が決まりました。
シネ・クイントはパルコが手掛けるアート系映画館で、『ゴッホ 最期の手紙』の配給なども行っています。

 

公式サイト http://kusamayayoi-movie.jp/

 

 


アートをもっと身近に感じてみませんか?

知ってて得するアートコラム、新入荷作品情報、お買い得の特別価格作品情報など、お役立ち情報をお届けしています。

 

【配信コンテンツ】

 

1. アートコラム(月3~4回配信)

 読むだけで最新のアートシーンや絵画の知識が身につくコラム。  アート初心者からコレクターの方まで必読です。

2. イベント情報

 画廊でのワークショップやセミナーのご案内をいち早くお知らせ!

3. 新入荷作品情報

 ホームページ公開前の作品をはじめ、入荷したばかりの注目作品をご紹介!

4. メルマガ会員限定-特別価格作品情報-

 メルマガ限定でのシークレットセールをご案内。  気になる作品をお手頃で手にしていただけます。

5. 展示会のご案内

 翠波画廊で開催する展覧会や、全国百貨店での作家来日展情報などをお知らせいたします。

 

お得情報満載! 無料配信メルマガ! ぜひご登録ください ↓↓

※半角英数でご記入ください。

プライバシーポリシーはこちら

 

 

翠波画廊代表・髙橋 2作目はアートで学ぶビジネス

未来のビジネスに必要なアートの力、気になりませんか?
画廊経営歴30年だからこそ語れる、アートで学ぶビジネスのヒントをご紹介。

 

アートに学ぶ6つの「ビジネス法則」

 

単行本:251ページ
出版社:サンライズパブリッシング
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,500円(税別)
amazon等ネットでもご購入いただけます。

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

 

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されました!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

アートコラム一覧

私たちにできること

1

絵画購入のご相談

些細なこともお気軽にご相談ください。
30日以内の返品保証など
安心のサービスをご用意

2

お部屋やご予算に合わせた
絵画のご提案

お客様のご要望をお伺いし、
1,500点以上の豊富な作品から
最適な一枚をご提案いたします。

3

絵画を使った節税対策

経費で絵をご購入の方へ、
作品のご提案から購入の流れまで
ご案内いたします。

絵画を買って節税?