アートコラム

あなたは、売れる新人作家を見抜けるか。

2018/09/06

かつて画家は王侯貴族をパトロンとして、注文された絵画を描く職人(アルチザン)でした。
しかし19世紀になると、不特定多数の市民に絵画を売ることで、独立した芸術家(アーティスト)となりました。受託仕事をしていた下請業者が、オリジナル作品を作って市場で勝負をするようになったのです。そうなると人気のある画家の作品はどんどん高くなります。このように画家が自立したアーティストとなるうえで、大きな役割を果たしたのが画商です。

 

1860年、フランスの画商アルチュール・ステヴァンスは、画家ジャン=フランソワ・ミレーの絵を継続的に入手するために専属画家契約を結びました。3年間に渡って毎月1000フランをミレーに支払う代わりに、その期間にミレーが描いた絵をすべて手に入れる契約です。もし、作品の販売額がより高額になった場合は、ミレーに対してさらに高額の支払いをするオプションが付けられました。現在でいえば、プロスポーツ選手がよくこのような契約を交わしています。年俸プラス出来高契約です。
その当時、ミレーの評価はそれほど高いものではありませんでした。

 

例えばミレーは、1856年頃に描いた絵画「晩鐘」を、1860年の専属契約前に、わずか1000フランで売却しています。画商との契約との比較でいえば、ひと月分の収入と同じです。その後、この絵は転売を重ねられ、9年後の1869年に画商デュラン=リュエルが購入した時には3万フランになっていました。9年間で30倍の価格になったのです。
これで終わりではありません。4年後の1873年、デュラン=リュエルはこの絵をベルギーのコレクターに3万8000フランで売却します。さらに8年後の1881年、長いこと絵を所有していたコレクターが亡くなってオークションが行われると、16万フランで買う別のコレクターが現れました。1875年にミレーが亡くなってからその名声は上がる一方で、新しい絵の供給がないことから、価格はうなぎのぼりでした。「晩鐘」の価格は15年間で160倍になったのです。

 

1889年、新たな所有主が亡くなると、名作「晩鐘」の行方に注目が集まりました。買い手としてアメリカ政府とフランス政府が名乗り出て、マスメディアを巻き込んで争ったからです。オークションの結果、絵を競り落としたのはフランス政府でした。その価格は55万3000フランに及びました。これで一件落着かと思われたのですが、価格が当初の予算を大幅に超えたために新たな問題が起こります。新たな予算案が議会で否決され、募金活動もスポンサー探しも頓挫し、フランス政府は代金を支払えなくなりました。こうして、「晩鐘」は改めて58万フランでアメリカ政府のものとなったのです。しかし、フランスの画家であるミレーの名作を海外に持って行かれたことを、面白く思わない人がいました。ルーヴル百貨店のオーナーであるシャショールです。シャショールは、アメリカで巡回展が終わったタイミングで改めて交渉し、結局80万フランでフランスに買い戻すのです。こうして「晩鐘」は30年で800倍もの価格高騰を見せました。これは極端な例ですが、人気画家の一世一代の傑作となれば、似たようなできごとは少なくありません。

 

その一方で、売れない画家の作品は買い叩かれました。ミレーの「晩鐘」が世間を湧かせていた頃に書かれたゾラの小説「制作」の中では、売れない画家クロード・ランティエは絵を1枚10~15フランで画商に売っています。当然、その生活は貧しいものでした。このゾラの小説を読んだ親友セザンヌは、画家ランティエは自分をモデルにしたものだと感じ、馬鹿にされたと受け止めてゾラと絶交してしまいます。実際、セザンヌの絵は売れず、絵具代もろくにないため、画材を買う時にも作品で現物支払いをしていました。

 

これは余談ですが、作品による支払いを受け付けていた心優しい画材屋のタンギー爺さんは、ゴーギャン、セザンヌなど売れないポスト印象派の一大コレクターになっていました。ところがその死後に、遺族によってほとんどの作品が格安で売り払われてしまいます。その絵の多くを購入したのが画商ヴォラールでした。ヴォラールが名を成したのは、将来的な値上がりを見抜く目を持っていたからでもあります。

 

ミレーの騒動から20年後、パリの街ではモジリアーニが、生活費を得るためにデッサンを1枚5フランで手売りしていました。ちなみに当時の1フランは、現在で言えば1000~2000円程度になるでしょうか。いまモジリアーニのデッサンが5000円で売られていたら誰でも買うでしょうが、名も知らぬ画家に道端で声をかけられたときに、買うことはできるでしょうか。あなたの審美眼が試されているのです。

参考文献

高階秀爾,1997,『芸術のパトロンたち』岩波書店

 


芸術はよくわからない、アートは難しいなどと思っていませんか?

絵画の価格はどうやって決まるのか、画商の視点でわかりやすく解説。
読後はアートを身近に感じて美術館に行ってみたくなるはずです。

 

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

 

単行本:302ページ
出版社:幻冬舎
著者:髙橋芳郎

 

価格:1,400円(税別)
全国有名書店、amazonでもご購入いただけます

 

amazonページはこちら >>

 

翠波画廊でも発売中! ※通常配送料無料

新聞、雑誌でも紹介されています!

「サンデー毎日」

本とのふとした出会いで幼いころの自分を思い出す
幼いころ、絵画鑑賞が趣味だった母に連れられて、よく展覧会を訪れた。・・・

「週刊文春」

銀座で二十六年、近代絵画の作品を扱ってきた画廊オーナーが、「値段」を切り口に絵画の見方を提案。作品の価格は画家の人生の起伏をも表す。

「月間アートコレクターズ」

世に美術市場を扱った書は数あるが、印象的なタイトルと装丁家として日本を代表する鈴木成一の手になる雰囲気ある装丁の本書は、翠波画廊を構える髙橋氏の書き下ろし。・・・

「北日本新聞」

セザンヌ、モネ、ルノワールやゴッホ、ピカソ、シャガールら近代美術の巨匠たちの絵の値段について考えたことはあるだろうか。・・・

 

 

コラム一覧に戻る