作品名

子供十態:猫を抱く少女(ビュイッソン証明印)

作家名

藤田嗣治(レオナール・フジタ) TSUGUHARU FOUJITA

作品名

子供十態:猫を抱く少女(ビュイッソン証明印)

作家名

藤田嗣治(レオナール・フジタ) TSUGUHARU FOUJITA

技法 銅版画
制作 1929年
絵サイズ 37.8x29.2cm
価格 売約済み
前の作品 次の作品

作品について

 

「子供十態」

1920年代後半にかけて制作された作品で、藤田の鋭い観察眼と正確なデッサンによる動きのある表現がいかんなく発揮され、国際的にも高い評価を得ている代表的な銅版画作品です。
様々な子供の姿が、繊細な描線で描かれており、特に子供の肌には乳白色の時代の特徴がよく表れています。
当時、最高質のシナ紙を西洋の紙に貼り付け、シナ紙の部分に銅版で刷られているため、シナ(チャイナ)・アップリケと呼ばれています。

 

 

作品は、レゾネに準ずる作品集に掲載されているオリジナル版画を扱っております。

単品の版画でも気になる作品は、藤田嗣治の作品集の著者であり藤田嗣治の世界的権威シルヴィ・ビュイッソン氏に鑑定をお願いしています。

シルヴィ・ビュイッソン編纂の

カタログレゾネに準ずる作品集
(現在第3巻まで刊行)

シルヴィ・ビュイッソン編纂のカタログレゾネに準ずる作品集

第2巻に掲載(子供十態:猫を抱く少女)

藤田の鑑定家であり美術史家、藤田画集の著者

シルヴィ・ビュイッソンさんと。

 

藤田嗣治について詳しくはこちら >>

 

藤田嗣治(レオナール・フジタ)のそのほかの作品

よく見られている作品