作品名

猫の本:アヒノア

作家名

藤田嗣治(レオナール・フジタ) TSUGUHARU FOUJITA

作家名

藤田嗣治(レオナール・フジタ) TSUGUHARU FOUJITA

作品名

猫の本:アヒノア

技法 コロタイプ
制作 1930年
限定部数 500部
絵サイズ 26x20cm
価格 売約済み
3つの購入特典
特典作品はすべて額装でお届け
特典配送時の保険・送料は当画廊が負担
特典30日以内の返品受付、返品保証
※10回分割手数料無料
前の作品 次の作品

作品について

「猫の本」

1930年にアメリカ、ニューヨークのコビチ・フリード社より出版された挿画本で500部発行されました。
イギリスの詩人マイケル・ジョセフがそれぞれの猫に名前を付け、散文形式の詩を添えて85ページからなる一冊の本にまとめられたものです。
本の奥付には限定番号が記載され、鉛筆で書かれた藤田によるサインがあります。
様々な表情を魅せる猫を見事に描き、フジタの猫に対する深い愛情や、鋭い観察眼とデッサン力が感じられる人気作品。フジタ作品のファンの方はもちろん、猫好きの方にもたまらない一枚です。

 

藤田の版画は挿画本の形で売り出されたものが多く、その中に入っていた版画を1点ずつ額装して販売されることが多いのですが、
挿画本に挿入されていた版画の1枚1枚には通常サインがありません。
そのため挿画本がばらされた額装の状態で流通している版画で、真贋のはっきりしないものも時折見受けられます。
当画廊ではできるだけセットの状態で仕入れ、間違いのない作品だけを販売しています。

 

作品は、レゾネに準ずる作品集に掲載されているオリジナル版画を扱っております。

単品の版画でも気になる作品は、藤田嗣治の作品集の著者であり藤田嗣治の世界的権威シルヴィ・ビュイッソン氏に鑑定をお願いしています。

シルヴィ・ビュイッソン編纂の

カタログレゾネに準ずる作品集
(現在第3巻まで刊行)

シルヴィ・ビュイッソン編纂のカタログレゾネに準ずる作品集

第2巻に掲載(猫の本:アヒノア)

藤田の鑑定家であり美術史家、藤田画集の著者

シルヴィ・ビュイッソンさんと

藤田嗣治について詳しくはこちら >>

 

藤田嗣治(レオナール・フジタ)のそのほかの作品

よく見られている作品